ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】経営者ライブ > 経営者ライブ 136

エクスペディア
ゲスト:石井恵三氏(AAE Japan株式会社 代表取締役社長/エクスペディア・ジャパン 代表)
講師:内田和成


概要:
エクスペディアグループは世界75カ国以上で旅行関連事業を展開、ホテルや航空券等、旅行に関するオンライン予約を扱うウェブサイトを運営している。日本におけるエクスペディアのビジネス成長や拡大を推進、運営やサービスの立ち上げ等の業務全体を統括しているのが、AAE Japan株式会社代表取締役社長兼エクスペディア・ジャパン代表の石井恵三氏である。本番組では、同社の歩み、ビジネスとしての実態、関連企業や今後の課題などについて深掘りする。
エクスペディアグループは1996年にマイクロソフト社の旅行部門として創業するが、1999年に独立。ワシントン州ベルビューに本拠を置き、ホテルズドットコム、トリバゴ、HomeAwayなどグループ企業を展開している。2011年、マレーシア格安航空会社エアアジアとエクスペディアとの合弁会社AAE Travelを設立。その子会社として翌年設立されたAAE Japanのウェブサイトでは日本円で予約・決済できる。

旅行取り扱い総額920億ドル、月間サイト訪問数は6・8億回以上。スマートフォン普及により対面販売からオンライン販売への流れが進み、新興国には開拓余地がある。航空券やホテルと現地ツアーやレンタカー等を含めて予約してもらうとキャンセル率が低下、格安で提供すれば顧客にもホテルにも利益となる。 オンラインでホテルを予約できるサイトは多いが、総合旅行予約ができるのは同社のみだ。

運営サイトは外注ではなく自社で全て開発管理を行う。スマホ経由で来るサイト閲覧者数はパソコン経由の2倍あり、より使い勝手のよいものへのシステム改善が欠かせない。海外で航空機の遅延やゲート変更があった場合、現地語が分からなくても同社のアプリを使えば日本語で案内が届く。LINEやEメール、チャットサポートは電話代が要らず、24時間日本語で対応可能だ。

ツール開発は国民性に合わせてAIを使う。インバウンド集客はホテルが自社で行うより、手数料を払ってでもグローバル展開している旅行代理店と連携する方が効率的だ。新規顧客獲得にはホテル料金比較サイトのトリバゴ等を活用する。100%オンライン販売で人件費を抑制するが、旅行雑誌を買う代わりに同社のサイトを見てもらえるように、現地の最新情報はAIではなく人間力で盛り込む。今後はスマホアプリ開発とマーケティングの加速、顧客サポート体制や国内旅行の強化が課題だ。いかに顧客ニーズを吸い上げ、付加価値をタイムリーに反映させて他社と差別化を図るか。クリエーターという専門職から経営者になった石井氏のような人材は増えそうだ。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 エクスペディア ゲスト:石井恵三氏
00: 01: 08 エクスペディア・ジャパンについて
00: 01: 35 石井恵三のプロフィール
00: 04: 22 世界最大級のオンライン旅行会社
00: 07: 27 Expedia.comは全世界33カ国で展開
00: 08: 52 エクスペディアの今までの歩み
00: 13: 03 エクスペディアの強み - 世界ネットワーク
00: 14: 38 エクスペディアの強み - 格安な旅行商品
00: 16: 51 エクスペディアの強み - テクノロジー(1)
00: 19: 56 エクスペディアの強み - テクノロジー(2)
00: 25: 49 日本におけるマーケティングの取組み
00: 27: 01 時代は対面販売からオンライン販売へ
00: 30: 44 エクスペディアが世界のオンライン旅行を牽引
00: 31: 07 エクスペディアの収益モデル
00: 37: 30 ローカライズ戦略とグローバル戦略
00: 41: 16 日本の旅行業界マッピング
00: 44: 20 エクスペディアの日本におけるポジショニング
00: 49: 13 日本のインバウンド需要と重要性
00: 50: 18 エクスペディアの今後の展開
00: 53: 54 エクスペディアの代表として
講師紹介: 経営者ライブ(けいえいしゃらいぶ)
様々な企業の経営者をお招きし、お話を伺っていく番組です。BBTのレギュラー講師をはじめ、多彩な顔触れが、聞き手として各企業の経営の本質に鋭く迫ります。

『経営者ライブ』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)