ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】ITライブ > ITライブ 260

IoTの脱インターネット戦略
~IoT向けNIDD(Non-IP Data Delivery)技術~
ゲスト:涌川隆次氏(ソフトバンク株式会社 先端技術開発本部 本部長)


概要:
あらゆるものがインターネットにつながるIoTの時代には、家電製品だけではなく、町中にある小さなカメラやセンサーのようなものにまでインターネットにつなぐ需要が発生する。その場合、従来のインターネット接続のために作られたIPアドレスの技術だけでは、不都合となる場合がある。そこでIPアドレスに頼らない接続の技術が必要となる。今回は、ソフトバンク株式会社でNON-IPデータ送信を手掛ける涌川隆次本部長に話を聞く。
ソフトバンク株式会社は、日本で唯一、NB-IoT(NarrowBand-Internet of Things)を提供する会社である。これは携帯電話の通信規格であるLTEを利用したものであり、1回線の通信料が10円という業界最安値を実現した。この技術を使うことで、低コスト・低消費電力での大量接続が可能となり、既存のLTE基地局を活用でき、日本全国のエリアをカバーできる。 NB-IoTをさらに加速させる新技術がNIDD(Non-Ip Data Delivery)である。これはIPアドレスなしで無線区間を通信可能にする技術であり、インターネットにつなげる部分はIPパケット変換を行う。2018年6月に標準化が完了し、世界で初めて商用環境での接続試験に成功した。

NIDDには、(1)セキュリティ向上、(2)消費電力削減、(3)大量展開が可能であるという3つの特長がある。

(1)セキュリティ向上:近年、IoTを狙った攻撃が増加しており、IoTに特化したマルウェアも存在し、IoTデバイスの大量感染を引き起こしている。しかしNIDDならば、IPアドレスを持たないのでインターネットからの到達が不可能であり、インターネットにつなげた際には閉域網を活用して外部からの接触を完全遮断することが可能である。
(2)消費電力削減:IPヘッダーを削減するためデータの軽量化が実現できるので、消費電力の削減になる。またデータ量が削減されると通信成功率が上がって通信エリアが拡大されるという二次効果もある。
(3)大量展開:IPアドレスを持たないので認証や登録が不要で、デバイスの電源を入れるだけで利用可能となる。そのため、キッティング工数の削減がなされ、大量展開が可能である。

NIDDはIPとの親和性も高く、パブリッククラウドのIoTプラットフォームと相互接続が成功しており、マルチクラウド環境でも利用可能である。 先般、ソフトバンクは、パナソニックと提携して、スマート家電の拡大にNIDDの技術を活用することとなった。同社の技術の進化により、IoTが飛躍的に発展していくことを期待したい。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 IoTの脱インターネット戦略
00: 05: 29 Profile
00: 09: 14 会社概要
00: 10: 26 IoTネットワークに関する取り組み
00: 11: 02 日本で唯一、NB-IoTを提供
00: 12: 53 1回線あたりの通信料
00: 14: 46 NB-IoTをさらに加速させる新技術
00: 15: 54 NIDDの3つの特長
00: 22: 29 NIDDとは
00: 25: 55 3GPP準拠規格
00: 27: 45 世界初商用環境での接続試験に成功
00: 28: 37 NIDDの3つの特長(セキュリティ向上)
00: 28: 56 IoTを狙った攻撃が増加
00: 29: 56 IoTに特化したマルウエア
00: 32: 00 NIDDならインターネットからデバイス到達不可
00: 33: 09 閉域網との併用で外部から完全遮断することが可能
00: 34: 18 NIDDの3つの特長(消費電力削減)
00: 34: 38 データの軽量化=消費電力の削減
00: 37: 46 データ量削減による二次効果
00: 39: 38 到達率の改善 (Repetition)
00: 42: 02 NIDDの3つの特長(大量展開)
00: 42: 22 キッティング工数削減
00: 44: 04 その他の機能も標準装備
00: 46: 10 NIDD対応済みチップセット
00: 47: 46 NIDDはIPとの親和性も高い
00: 48: 24 マルチクラウド環境での接続成功
00: 53: 14 Use Case「NB-IoT(NIDD)」を用いたIoT家電
講師紹介: 江崎 浩(えさき ひろし)


『江崎 浩』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:谷口 菜月

Copyright(c)