ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
人生を豊かにする教養 ~ギリシャ・ローマの古典を読む~ > 人生を豊かにする教養 ~ギリシャ・ローマの古典を読む~ 04

弁論術


概要:
西洋文化において、弁論術(レトリック)は教養・文化の根幹を成すものであり、知らなければ西洋を理解するのは不可能とさえ言われている。日本では学校教育の中で弁論術を学ぶことはほとんどなく、外交官やジャーナリズムも同様に触れることはない。これはグローバル社会においての、文化教育面の欠点だといえよう。本講座では、欧州をはじめ中国でも非常に重要な弁論術について、ギリシャ・ローマ時代の歴史と流れを検証し、当時の人の情熱度、書物へはどう表現されているのか等、理論的に分析する。
弁論術はギリシャで流行し、ローマが引き継ぎ完成させたもので、雄弁者たちは一人前の政治家になって名声を得るため、発声や身ぶり等、技を磨く練習に励んでいた。弁論の実例を挙げると、アテネの指導者ペリクレスは、戦没者の追悼演説で、弁論で人を動かせれば身分は関係ないということを論じ、ローマのトップだったキンキナトゥスは、政策の前に民衆の心を一致団結させるのが本当の力だと演説している。ギリシャには弁論術の発展に寄与したソフィストという人たちもいた。現代の解釈だと人を惑わす悪人の意味だが、タレントのように目立つ言動をしつつ頭は切れる、ギリシャはそういう人たちが何人もいて、切磋琢磨しながら国のレベルは高くなっていった。プラトンはソクラテスの弁証術と、ソフィストのプロタゴラスやゴルギアスたちが使う弁論術の長所・短所を見て、「対話編」を書いている。プロタゴラスとは「徳」をテーマに論じ、ゴルギアスとの対話編ではドイツのニーチェに影響を与えた。また「ソクラテスのメソッド」はプラトンが世に広めたことで、真理追究をする弁証術の中心的方法になった。対話の中で結論が出ないこともあるが、こういった書物等で弁証術と弁論術を対比し両者の術を学んでほしいと、講師は言う。

アリストテレスがレトリックについて書いた『弁論術』によると、弁論のこつは「知」「情」「意」という人間の心理に訴えることと、俳優のようにせりふに演技をつけて効果的に見せることだという。『雄弁家について』を書いたローマの第一人者キケロは、人は理性ではなく感情で動くのが重要と言い、日本で言えば落語のように、言葉を視覚化させることがポイントとも記している。一般的に弁論家というと話すだけの印象だが、キケロも他の弁論家たちも、ギリシャ哲学を学び、人の生き方を真剣に考え、政治家として群集心理をつかんで、ローマの繁栄に貢献していた。視聴者は弁論術を通じてローマ人のヒューマニズムを感じ、当時の生き方をあらためて考え直してほしいと、講師は締めくくった。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 弁論術
00: 00: 46 人生を豊かにする教養~ギリシャ・ローマの古典を読む~(第4回:弁論術)
00: 01: 26 目次
00: 02: 05 レトリックの理解は西洋文化を理解すること 田中美知太郎の言葉(1)
00: 02: 13 レトリックの理解は西洋文化を理解すること 田中美知太郎の言葉(2)
00: 03: 40 弁論への熱狂(1/2)ギリシャ人が発明した弁論術
00: 05: 58 弁論への熱狂(2/2)ローマで完成
00: 08: 35 ギリシャ・ローマの雄弁家・弁論術
00: 10: 35 歴史書の中に現れたる弁論 ペリクレス、キンキナトゥス
00: 14: 39 ソフィストたち 個性的な雄弁家たち
00: 17: 48 弁証術 - 真理探究 弁論術 - 大衆扇動
00: 20: 53 プラトン対話編『プロタゴラス』『ゴルギアス』(1)
00: 23: 05 プラトン対話編『プロタゴラス』『ゴルギアス』(2)
00: 25: 56 プラトンの『ラケス』-「勇気とは何か?」ソクラテスの弁証法の実際(1)
00: 26: 24 プラトンの『ラケス』-「勇気とは何か?」ソクラテスの弁証法の実際(2)
00: 28: 53 プラトンの『ラケス』-「勇気とは何か?」ソクラテスの弁証法の実際(3)
00: 32: 28 イソクラテス(BC 436 - 338)アテネに弁論家育成学校
00: 35: 12 アリストテレス(BC 384 - 322)論理学
00: 37: 07 アリストテレス『弁論術』
00: 41: 14 クライマックス技法(κλ?μαξ, gradatio, climax)西洋と東洋(中国)
00: 44: 45 キケロ『雄弁家について』(1/2)
00: 47: 24 キケロ『雄弁家について』(2/2)
00: 49: 02 クインティリアヌス『弁論家の教育』
00: 51: 46 弁論術の衰退 なぜ、弁論術は衰退したのか?
00: 53: 54 金言 キケロの雄弁 セネカの人生論
講師紹介: 麻生川 静男(あそがわ しずお)


『麻生川 静男』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:本山 友里

Copyright(c)