ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一アワー > 大前研一アワー 415

【向研会】イノベーション都市・中国深センの研究
~世界の工場からハードウェアのシリコンバレーへ~


概要:
1980年に鄧小平の改革開放政策で宝安県から市に昇格させ、経済特区に指定された深センは、低廉かつ豊富な労働力を背景に世界の工場として発展、電子産業のサプライチェーンが集積した。ITバブルの崩壊で既存企業は危機的状況に陥るが、イノベーションで躍進するベンチャー企業が出現、猛烈な成長を遂げた。現在、深センの一人当たりGDPは中国国内でトップ、台湾を追い抜いている。本番組では、深センが躍進できた要因を研究し、低迷を続ける日本企業が成長に転ずるために必要な施策を提案する。
深センは、南中国海に面する広東省の南に位置し、南は香港、北は広東省東莞市と接している。経済特区に指定された1980年代以降、香港を中心とする外資電子企業が次々に進出、急速に都市化が進んだ。約30年で、人口がほぼ0から1000万人の都市に成長したのは世界でも例を見ない。20代を中心に若者の人口比率が突出し、変革が容易な側面もある。

深セン証券取引所は、IPO件数が世界トップの市場で、多くのスタートアップ企業が深セン上場を目指している。深センを含めた珠江デルタには、製造業系のベンチャービジネスや、電子産業のサプライチェーンが集積、華為(ファーウェイ)やZTEなどの世界的企業が登場した。深センでは、長年培った電子産業集積を基礎に、先行企業がスタートアップに投資するなど、起業家を輩出するイノベーションエコシステムが形成されている。ドローン業界トップのDJIや、教育用ロボットでリードするメイクブロック、360度カメラを製造販売するアラシビジョンなど、グローバル企業が出現している。ひなびた漁村であった深センは、今や都市全体がリープフロッグ(かえる跳び)で成長している。

高速道路・高速鉄道が整備されつつある珠江デルタでは、「深セン・香港・マカオ」の一体化が進む。世界の潮流から取り残されてしまった日本は、中国・深センとの差に危機感を持ち、独自の経済政策や街づくりを推し進める必要がある。中国は、イノベーションを強力に推進するため、産業への規制は市場が立ち上がってから3年後に行われるなど、過度な障壁を設けていない。深センでは、ワンストップで試作から量産化までの実現が可能となるエコシステムを構築できた。日本は、中国が開発してきた都市と同様なものを目指すのではなく、深センのエコシステムに参加し、スピード感を持って事業を展開する戦略策定が望まれる。日本の企業は、自社事業に必要不可欠な深セン企業との関係を構築、珠江デルタのエコシステムを存分に活用しグローバル化を目指していただきたい。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 【向研会】イノベーション都市・中国深センの研究~世界の工場からハードウェアのシリコンバレーへ~
00: 09: 15 1.いま世界の都市で何が起きているのか?
00: 10: 53 2.なぜ深センに注目するのか?
00: 14: 09 3.深センの概要(1)
00: 16: 48 3.深センの概要(2)
00: 18: 10 3.深センの概要(3)
00: 20: 35 3.深センの概要(4)
00: 21: 44 3.深センの概要(5)
00: 24: 58 3.深センの概要(6)
00: 28: 30 3.深センの概要(7)
00: 29: 55 3.深センの概要(8)
00: 31: 26 4.珠江デルタ/産業クラスターとしての強み(1)
00: 32: 39 4.珠江デルタ/産業クラスターとしての強み(2)
00: 37: 23 5.深センのイノベーションエコシステムとは?(1)
00: 40: 21 5.深センのイノベーションエコシステムとは?(2)
00: 41: 20 5.深センのイノベーションエコシステムとは?(3)
00: 43: 20 5.深センのイノベーションエコシステムとは?(4)
00: 45: 40 6.社会実装都市・深セン
00: 46: 57 7.深センの企業/経営者(1)
00: 48: 06 7.深センの企業/経営者(2)
00: 50: 16 7.深センの企業/経営者(3)
00: 51: 04 7.深センの企業/経営者(4)
00: 51: 47 7.深センの企業/経営者(5)
00: 53: 08 7.深センの企業/経営者(6)
00: 54: 21 7.深センの企業/経営者(7)
00: 54: 45 7.深センの企業/経営者(8)
00: 55: 20 7.深センの企業/経営者(9)
00: 56: 05 8.拡張する珠江デルタ
00: 57: 13 9.日本は深センから何を学ぶべきか?(1)
00: 58: 23 9.日本は深センから何を学ぶべきか?(2)
00: 59: 30 【参考資料】主な深セン企業
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索

Copyright(c)