ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 930

< 経 済 > 世界各地で酷暑、高まる危険
< 政 治 > 豊洲市場に「安全宣言」 小池知事、土壌問題の区切り図る
<ビジネス>GAFA、独走に転機 4~6月好決算も一部に陰り


概要:
*地球温暖化/ギリシャとスウェーデンで森林火災、イギリスとオランダでは降水量減少など世界各地で酷暑で高まる危険と英エコノミスト誌が報道
*中国自動車市場/独「BMW」が中国で販売するSUVを値上げ。「トヨタ」は7月販売台数が単月で過去最高
*新燃費試験/「VW」「ダイムラー」などWLTP(乗用車等の国際調和排出ガス・燃費試験法)への対応遅れ。トランプ氏がオバマ政権下の燃費基準を撤回
*世界自動車大手/2017年度の1台当たり利益で比較すると1位は「ダイムラー」、2位は「BMW」、 3位は「SUBARU」
*世界鉄鋼大手/2017年度の1トン当たりEBITDAで比較すると1位は韓国「ポスコ」、2位は印「タタ」、3位は「JFE HD」
* 世界小売大手/2017年度の1㎡当たり営業利益で比較すると1位は「ファーストリテイリング」、 2位は「インディテックス」、3位は「良品計画」
* 国内ウイスキー市場/ウイスキー人気で国産が品薄に。「サントリー」はアメリカで日本向けバーボンを2割増産
*企業買収/大企業によるスタートアップ企業買収が急増。「ファナック」が「ライフロボティクス 」を買収、 「マネックス」が「コインチェック」を買収など
* データレンディング/2017年の世界取引規模は約42兆円。日々の決済、口コミなどからAIが信用力を判断
*経理システム/領収書をスマホで撮影・スキャンしデータ化、クラウド管理など楽々。交通系ICカードから記録読み込み
*台湾半導体産業/中堅企業ランキングで独自技術を磨く半導体企業が上位に。EMS集積で設計、開発に専念できる産業基盤
*台湾・力旺電子/スマホ指紋認証で独自の地位。小容量メモリー特化のセキュリティー技術ライセンスで売上高純利益率が4割強に
*中国ネット大手/相次ぎ金融事業を分離。「百度」が「度小満」の一部株式を米「TPGキャピタル」などに売却
*米国IT大手/「フェイスブック」の株が急落で時価総額が約13兆円減少。「アップル」の時価総額が1兆ドルを突破
*テスラ/4-6月期は過去最大800億円の赤字。継続的運営に不可欠と支払い済み代金の一部返還要請
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「Sansanの寺田親弘社長」だったら、名刺アプリのユーザーが200万人を超えた今、どのような成長戦略を立てるか?
*ベネズエラ情勢/通貨10万ボリバル → 1ボリバル・ソベラノに5ケタ切り下げのデノミ。年内にも物価上昇率が100万%に
*パキスタン総選挙/パキスタン正義運動(PTI)が第一党に。少数政党との連立合意で政権交代へ、カーン党首が首相就任見通し
*インドネシア情勢/ジョコ大統領が綱紀粛正求める。2018年の地方首長検挙は知事2人含む18人
*フィリピン情勢/ドゥテルテ大統領が施政方針演説で憲法改正に意欲。連邦制導入で地方の自治権強化へ
*ミャンマー情勢/「FMI航空」が3社目の運航休止。投資ブームに陰り、経済改革停滞も重荷に
*ラオス情勢/建設中のセピアンセナムノイダムが決壊、政府が安全対策を厳格化。電力輸出が滞れば周辺国産業にも影響
*米国エネルギー政策/LNGと原油輸出で世界3位を射程内に、通商交渉の切り札で政権の成果を強調
*国際石油開発帝石/豪北西部沖でのLNG生産を開始。イクシスLNGプロジェクトに仏「トタル」などが参画
*信越化学工業/米ルイジアナ州に塩化ビニール樹脂の新工場を建設。現地産シェールガスで原料費が半減
*イラン情勢/米国の圧力で通貨リアル安が止まらず、為替や貿易の新制度で市民生活が混乱
*ロシア疑惑/米トランプ大統領がツイッターで捜査中止求める。民主党やメディアなどは反発
*米トルコ関係/米ブランソン牧師の釈放めぐりトルコ2閣僚に経済制裁。11月中間選挙へ強硬姿勢示す
*米トランプ大統領/農業支援策、EU通商交渉開始など11月中間選挙へ手柄をアピール
*国連/最大拠出国のアメリカ含む81カ国が未払い。加盟国に分担金の支払い求める
*ジンバブエ大統領選/現職のムナンガグワ氏が当選。下院選も与党が210議席中144議席獲得
*日朝関係/河野外相が北朝鮮・李容浩外相と接触。日朝国交正常化をめざす立場伝える
*豊洲市場/東京都・小池知事が豊洲市場に安全宣言。移転延期から2年、10月11日の開場へ準備が本格化
*省庁再編/厚生労働省の分割を検討。2020年に2分割で新体制を発足へ
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#930
0.0: 22.0: 46 地球温暖化
0.0: 27.0: 47 中国自動車市場
0.0: 29.0: 17 新燃費試験
0.0: 31.0: 18 世界自動車大手
0.0: 33.0: 26 世界鉄鋼大手
0.0: 34.0: 44 世界小売大手
0.0: 36.0: 12 国内ウイスキー市場
0.0: 36.0: 47 国内ウイスキーの販売(消費)量の推移
0.0: 39.0: 40 企業買収
0.0: 42.0: 23 データレンディング
0.0: 45.0: 30 経理システム
0.0: 46.0: 30 経費生産効率化の主な方法
0.0: 48.0: 48 台湾半導体産業
0.0: 49.0: 45 台湾・力旺電子
0.0: 50.0: 14 力旺電子(eMemory Technology)
0.0: 51.0: 30 中国ネット大手
0.0: 53.0: 26 米IT大手
0.0: 54.0: 37 フェイスブックの株価推移
0.0: 54.0: 57 米IT「ビッグ5」の時価総額
0.0: 56.0: 42 米テスラ
0.0: 59.0: 50 RTOCS
1.0: 0.0: 27 会社概要
1.0: 0.0: 59 名刺管理サービスとは?
1.0: 1.0: 27 法人向けおよび個人向け名刺管理サービスの特徴
1.0: 2.0: 1 法人向け名刺管理サービスのシステム連携概念図
1.0: 2.0: 41 個人向け名刺管理サービスの付加サービス
1.0: 2.0: 55 Sansanのサービス体系と概要
1.0: 5.0: 6 Sansanのサービスと料金体系
1.0: 6.0: 11 法人向けサービスsansanの機能①
1.0: 7.0: 24 法人向けサービスsansanの機能②
1.0: 8.0: 19 競合の法人向け名刺管理サービス機能
1.0: 12.0: 45 法人向け名刺管理サービスの参入状況
1.0: 12.0: 51 法人向け名刺管理サービスの販売シェア
1.0: 13.0: 20 導入企業は7,000社以上
1.0: 13.0: 43 個人向けサービスEightの機能
1.0: 13.0: 52 主な個人向け名刺管理アプリ
1.0: 14.0: 31 国内主要ソーシャルメディアの利用率
1.0: 14.0: 49 日本でビジネスSNSが普及しない要因
1.0: 15.0: 16 Sansanの業績推移
1.0: 15.0: 38 Sansanの株主
1.0: 20.0: 32 米トランプ大統領
1.0: 22.0: 33 ベネズエラ情勢
1.0: 22.0: 58 ベネズエラの物価上昇率と外貨準備高
1.0: 25.0: 8 パキスタン総選挙
1.0: 26.0: 34 近年のパキスタン政権の変遷
1.0: 27.0: 54 インドネシア情勢
1.0: 29.0: 36 フィリピン情勢
1.0: 32.0: 56 ミャンマー情勢
1.0: 33.0: 48 ミャンマーへの直接投資額
1.0: 33.0: 57 ミャンマーへの分野・国別の直接投資額
1.0: 36.0: 53 ラオス情勢
1.0: 38.0: 26 ラオスの輸出品目
1.0: 40.0: 2 米エネルギー政策
1.0: 40.0: 33 天然ガス生産量・埋蔵量の国別ランキング
1.0: 41.0: 0 原油生産量・埋蔵量の国別ランキング
1.0: 41.0: 25 国際石油開発帝石
1.0: 42.0: 3 日本のLNG輸入先
1.0: 42.0: 27 国際石油開発帝石の主な生産・開発プロジェクト
1.0: 43.0: 51 信越化学工業
1.0: 46.0: 29 イラン情勢
1.0: 47.0: 16 イランのインフレ率と失業率の推移
1.0: 47.0: 34 対米ドルでのイラン・リヤルの推移
1.0: 47.0: 59 イランの主な輸入品目
1.0: 48.0: 59 ロシア疑惑
1.0: 49.0: 51 米トルコ関係
1.0: 51.0: 5 欧州におけるNATO加盟国
1.0: 51.0: 39 国連
1.0: 53.0: 33 ジンバブエ大統領選
1.0: 55.0: 33 ジンバブエ概況
1.0: 56.0: 9 日朝関係
1.0: 57.0: 35 豊洲市場
1.0: 57.0: 52 参考:「基準値を超えた」土壌汚染問題への見方
1.0: 59.0: 7 省庁再編
1.0: 59.0: 16 所管別の一般会計における歳出の概算内訳
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)