ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 926

<国際情勢>メキシコ大統領選、新興左派の野党候補が勝利
< 経 済 > 老いる田園都市 東急、100年目のひずみ
<ビジネス>ネット通販の配送料、日米は「抵抗感」 日米中を比較調査


概要:
*オウム事件/松本智津夫死刑囚ら7人の刑を執行。独シュピーゲルが日本は死刑を堅持する数少ない先進国と報道
*西日本豪雨/広島、愛媛、岡山、山口など各地で記録的な大雨。河川の堤防決壊や土砂災害など甚大な被害
*外国人労働者/日本がいつのまにか世界第4位の移民大国に。外国人家政婦の求人は特区で採用が270人どまり
*消費者調査/日米中で買い物意識調査。ネット通販の配送料に抵抗感あるは日本が22.8%、米国が31.9%、中国は4.6%
*キャッシュレス社会/経済産業省にキャッシュレス推進協議会が発足。QRコードの規格統一、電子レシートの標準化など協議
*三菱UFJ FG/デジタルウォレットサービスを2019年度に開始。クレジットカード、電子マネー、仮想通貨などスマホでまとめて決済
*ワイン産地/国税庁が地理的表示(GI)に北海道を指定。北海道のブドウを使用、道内で製造、貯蔵、容器詰めなど条件
*中国経済/中国企業の債務不履行が1-6月に前年同期比4割増の4000億円超に。国有企業の債務17兆円を株式化
*中国BYD/車載用リチウムイオン電池の新工場を青海省で稼働。3000億円投じ年産能力が4倍に
*有機EL/中国企業が有機ELを量産。「ビジョノックス」「BOE」など5000億円投資の工場が10カ所
*アマゾン・ドット・コム/米国オンライン薬局「ピルパック」を買収。米50州で事業ライセンスを取得
*メキシコ大統領選/ロペスオブラドール氏が勝利。新興左派・国家再生運動、既成政治の打破訴え得票率は53.8%
*米朝関係/平壌で開いた米朝高官協議で北朝鮮外務省が非核化要求だけを持ち出したとアメリカ側の態度を非難
*米中関係/トランプ政権が中国輸入品への追加関税を発動。年間約3兆7000億円分に25%の関税
*トランプ政権/FOXニュース前共同社長ビル・シャイン氏を広報トップに指名。テレビ業界での経験を政権運営で生かす
*ロシア疑惑/トランプ大統領の元個人弁護士マイケル・コーエン氏がトランプ氏捜査に協力の意向
*神経剤事件/英南部エームズベリーで重体の2人から元ロシア情報機関員の暗殺未遂と同じ化学兵器ノビチョクが検出
*ドイツ情勢/ゼーホーファー内相が難民・移民政策でメルケル首相と合意。連立政権分裂を回避
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「ヤフーの川邊健太郎社長」だったら、 競争が激化し減益が続く見込みの中、今後どのような成長戦略を描くか?
*マレーシア情勢/マレーシア捜査当局がナジブ前首相を逮捕。1MDBめぐる資金流用疑惑でマハティール政権発足早々に捜査開始
*マレーシア長距離鉄道/マレーシア政府が中国主導の鉄道計画を中止。総工費が約2兆2100億円に拡大見通し
*タイ洞窟遭難/北部チェンライで少年ら13人の生存を確認。流れ込んだ雨水に阻まれ10日間出られずダイビングで脱出へ
*路線価/訪日客で路線価を押し上げ。北海道ニセコ高原比羅夫線通りが前年比88%上昇、京都・祇園、沖縄・国際通りなども
*加森観光/加森久丈氏が社長就任、海外企業との連携を強化へ。加森公人社長は代表権のある会長に
*東急電鉄/多摩・田園都市沿線の高齢化率が2035年に33%へ。駅から遠い丘陵地で買い手つかず
*都市開発/国土交通省が各自治体に日影規制の運用見直しを求める。駅舎や線路沿いの車庫など
*投資信託/都銀、地銀計29行に調査、投信で損失した顧客が46%。金融庁が投信販売で共通指標を導入へ
*中国・大連/日系企業、在留邦人が減少傾向に。人のつながりが密接で起業の動きも
*武田薬品工業/創業の地、大阪本社ビルを売却へ。年内に売却先決定、売却額は約600億円見通し
*Makuake/支援者にリターン届かず返金へ。審査強化などで対応
*maneoマーケット/投資家に事実と異なる説明で資金集めた疑い。証券取引等監視委員会が金融庁に行政処分を勧告
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#926
0.0: 14.0: 42 オウム事件
0.0: 16.0: 3 オウム真理教による主な凶悪犯罪
0.0: 17.0: 18 化学兵器が使われた主な戦争・テロ
0.0: 17.0: 41 米・国務省が指定する主な国際テロ組織
0.0: 18.0: 10 オウム真理教の現状
0.0: 20.0: 1 主要国のテロ対策における主な法的規制
0.0: 25.0: 32 西日本豪雨
0.0: 29.0: 27 外国人労働者
0.0: 30.0: 21 主要国の移民受け入れ状況
0.0: 30.0: 30 主要国の移民受け入れ状況の推移
0.0: 34.0: 36 消費者調査
0.0: 35.0: 17 店舗とオンラインショップで同じ体験できるか?
0.0: 35.0: 27 好ましい店舗での支払い方法
0.0: 35.0: 53 販売店に対して最も好感を抱く要素ベスト3
0.0: 37.0: 14 キャッシュレス社会
0.0: 39.0: 54 三菱UFJFG
0.0: 40.0: 11 ワイン産地
0.0: 42.0: 8 国税庁長官が指定した酒類の地理的表示(GI)
0.0: 43.0: 22 “日本ワイン”と“国産ワイン”の定義
0.0: 43.0: 36 日本ワインの製造・流通状況
0.0: 45.0: 13 中国経済
0.0: 45.0: 42 中国非金融企業部門の債務残高の推移
0.0: 46.0: 11 中国BYD
0.0: 47.0: 56 有機EL
0.0: 49.0: 40 米アマゾン・ドット・コム
0.0: 51.0: 11 メキシコ大統領選
0.0: 53.0: 44 OECD主要国のジニ係数
0.0: 54.0: 8 メキシコの石油埋蔵量と生産量
0.0: 54.0: 17 主な業種別のメキシコのへの対内直接投資額
0.0: 54.0: 25 国別のメキシコへの直接投資額
0.0: 54.0: 50 メキシコの貿易相手国
0.0: 55.0: 12 米朝関係
1.0: 2.0: 54 米中関係
1.0: 6.0: 7 米国の対中国貿易
1.0: 6.0: 30 米国の主な対外強硬通商策
1.0: 10.0: 1 米トランプ政権
1.0: 10.0: 41 ロシア疑惑
1.0: 11.0: 52 神経剤事件
1.0: 14.0: 12 ドイツ情勢
1.0: 15.0: 0 ドイツへの難民申請件数の推移
1.0: 15.0: 6 ドイツ連邦議会の勢力図
1.0: 19.0: 31 RTOCS
1.0: 20.0: 14 会社概要
1.0: 21.0: 14 国内Webサイト月間アクセス数TOP10
1.0: 21.0: 28 ポータルサイトとは?
1.0: 21.0: 41 ポータルサイトの発展経緯
1.0: 21.0: 55 国内主要ポータルサイトの月間アクセス数
1.0: 22.0: 27 ポータルサイトの発展経緯
1.0: 23.0: 22 国内検索エンジン使用シェア
1.0: 23.0: 37 国内主要ソーシャルメディアの利用率
1.0: 24.0: 11 情報端末別インターネット利用率
1.0: 24.0: 30 【参考】米Yahoo Inc.の売上高推移
1.0: 24.0: 46 Yahoo Japanの事業別売上高
1.0: 25.0: 15 ポータルサイトの発展経緯
1.0: 25.0: 42 国内大手ECサイトの流通総額
1.0: 26.0: 23 Yahoo Japanの課題
1.0: 26.0: 39 Yahoo Japanの課題
1.0: 26.0: 59 EC強化の方向性と実現性
1.0: 27.0: 27 Yahoo Japanの方向性(案)
1.0: 27.0: 45 Yahoo Japanの方向性(案)
1.0: 27.0: 56 Yahoo Japanと阿里巴巴の資本関係
1.0: 35.0: 12 戦場ドローン
1.0: 36.0: 2 浮世絵展
1.0: 39.0: 21 チェルノブイリ原発
1.0: 47.0: 0 マレーシア情勢
1.0: 47.0: 52 マレーシア長距離鉄道
1.0: 48.0: 6 「一帯一路」を巡るインフラ事業での各国の懸念
1.0: 48.0: 16 主な国別の「一帯一路」での予定貸付金額
1.0: 49.0: 22 タイ洞窟遭難
1.0: 52.0: 14 路線価
1.0: 52.0: 41 路線価上昇率ランキング
1.0: 52.0: 51 加森観光
1.0: 53.0: 50 東急電鉄
1.0: 54.0: 9 東急田園都市線の平均輸送人員/日
1.0: 54.0: 12 東急田園都市線の主要駅立地地域の空き家率
1.0: 56.0: 14 都市開発
1.0: 57.0: 4 投資信託
1.0: 57.0: 11 純資産額上位の投資信託の日米比較
1.0: 57.0: 44 中国・大連
1.0: 58.0: 30 武田薬品工業
1.0: 58.0: 53 Makuake
1.0: 59.0: 7 maneoマーケット
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)