ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 924

< 経 済 > 老朽団地、再生阻む資金繰りの壁
<ビジネス>フォックス買収合戦に ディズニー、金額引き上げ
<メキシコ>メキシコ大統領選、新興左派候補が2位以下引き離す


概要:
*訃報/樫尾和雄氏(89歳)が死去。「カシオ計算機」創業4兄弟の三男で三代目社長。カシオミニ(電卓)や Gショック(腕時計)の販売拡大に貢献
*大阪北部地震/6月18日、午前7時58分ごろM6.1の地震が発生。「JR西日本」来島社長が長時間の運転見合わせで陳謝
*人づくり革命/人生100年構想会議で年収380万円未満世帯に授業料減免、給付型奨学金支給など高等教育の無償化を議論
*老朽団地/築45年以上の団地が20年後に約3000カ所の見通し。所有者の建て替え負担増に
*燃料電池車/水素エネルギー推進にこだわる経済産業省。世界的EVシフトの中“ガラパゴス化”の懸念も
*米国メディア大手/連邦地裁が「AT&T」の「タイムワーナー」買収を承認。「フォックス」の買収合戦に 「ディズニー」が金額引き上げ
*香港・長江グループ/豪ガスパイプライン大手「APA」に約1兆1000億円で買収提案。李嘉誠氏の長男ビクター・リー氏が初の大きな経営判断
*マカオ情勢/「SJM HD」スタンレー・ホー会長が退任。マカオのカジノ王で40年間カジノ経営権を独占
*港珠澳大橋/総距離55キロ、世界最長の海上橋が今夏開通。香港-マカオ間に24時間運行のシャトルバスも
*世界銃保有調査/米国民100人あたりの保有は120.5丁。世界の非軍事用銃の46%を保有
*G7首脳会議/米トランプ大統領がG7首脳との不仲説に反論。独メルケル首相との写真などをツイッターに9枚投稿
*米通商政策/「リーバイ・ストラウス」「ハーレー」など米企業が悲鳴。中国「ZTE」が4億ドルを米銀預託へ
*ロシア疑惑/米ロス商務長官に新たなロシア疑惑。海運会社「ナビゲーターHD」がロシア石油化学大手「シブール」と取引で利益相反の可能性
*国連人権理事会/米トランプ政権が国連人権理からの離脱を決定。イスラエルへの敵意は”政治的偏向で動かされている証拠”
*米国移民政策/トランプ大統領が移民親子の引き離し措置を停止。子どもたちが泣く映像に国際社会から抗議
*トランプ大統領/トランプ氏のツイート”ドイツで犯罪が大幅増加”は事実なのかと報道。背景に移民存在を示唆
*メキシコ大統領選/新興左派政党・国家再生運動で元メキシコシティ市長のロペスオブラドール氏が独走
*メキシコ情勢/NAFTA再交渉の先行き不透明感でペソが対米ドルで弱含み。政策金利を7.75%に引き上げ
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「ダイフクの下代博社長」だったら、いかにしてマテリアルハンドリング市場で競合の追随を許さない戦略を描き、トップポジションを維持していくか?
*英EU離脱問題/アイルランド国境問題で深刻な相違。英メイ政権が求心力低下で具体策を示せず
*イタリア情勢/サルビーニ内相が少数民族ロマの調査を実施へ。イタリア国籍なければ国外追放
*ギリシャ情勢/EUが8月にギリシャへの金融支援を終了。一部融資の償還期間を10年延長で自力再建を後押し
*イスラエル情勢/イスラエル検察がネタニヤフ首相の妻サラ夫人を在宅起訴。高級レストランからデリバリー繰り返し約1000万円横領
*ルノー・日産/ゴーン氏”ルノーによる日産・三菱自の完全子会社化の可能性ゼロ”。仏ルメール経済相”国が介入してでも労働者守る”
*独アウディ/ミュンヘン検察当局がシュタートラー社長を逮捕。2015年発覚のVW排ガス不正問題で詐欺、間接的偽装の疑い
*台湾・鴻海精密工業/米テレビ大手「ビジオ」への出資を発表。「イノラックス」と共同で計約77億円出資
*シャープ/鴻海精密工業系の中国企業「鄭州市富連網電子科技」との取引額が2017年度に約1900億円に
*中国・京東集団/米「グーグル」から約600億円の出資を受け入れ資本業務提携。グーグルショッピングに商品供給
*ハイフラックス/シンガポール高等裁判所が総額約2400億円、6カ月間債務返済を猶予。海水の淡水化施設など建設、運営も売却できない案件
*インテル/クルザニッチCEOが辞任。直属部下との恋愛禁じる規則に違反、社内外専門家による調査で発覚
*訪日外国人/都内で最も多かった訪問先は新宿・大久保。次いで銀座、浅草、渋谷、秋葉原
*スカイマーク/成田-パラオ、サイパンの国際定期便の就航を計画。19年6月ごろ定期便を開始
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 大前ライブ#924
00: 25: 00 訃報
00: 25: 42 カシオ代表取締役会長を務めた故樫尾和雄氏
00: 28: 25 大阪北部地震
00: 28: 48 地震発生時の列車の停止・運転規制基準例
00: 29: 14 参考:東日本大震災発生後鉄道運転再開までに生じた問題
00: 30: 18 参考:外出中に首都直下地震が起きた場合の望ましい行動
00: 32: 35 人づくり革命
00: 35: 33 老朽団地
00: 36: 52 築30年以上の分譲マンション数
00: 37: 11 マンション建て替えの実施状況
00: 38: 28 燃料電池車
00: 40: 43 米メディア大手
00: 42: 14 香港・長江グループ
00: 43: 56 マカオ情勢
00: 44: 35 マカオのカジノ収入に占めるVIPバカラの割合
00: 47: 55 港珠澳大橋
00: 48: 20 珠江デルタの高速鉄道・高速道路・大橋プロジェクト状況
00: 50: 12 世界銃保有調査
00: 51: 29 市民による銃の保有量数
00: 52: 20 人口10万人あたりの銃に関連した死者数
00: 53: 21 米国における銃を使用した犯罪の状況
00: 54: 38 G7首脳会議
00: 59: 39 米通商政策
01: 05: 20 ロシア疑惑
01: 06: 21 国連人権理事会
01: 07: 01 国連人権理事会
01: 08: 49 米移民政策
01: 09: 51 米トランプ大統領
01: 11: 22 メキシコ大統領選
01: 12: 30 メキシコの石油埋蔵量と生産量
01: 12: 34 主な業種別のメキシコのへの対内直接投資額
01: 12: 41 メキシコ情勢
01: 13: 57 対米ドルでのメキシコペソ相場の推移
01: 14: 11 メキシコの貿易相手国
01: 14: 46 RTOCS
01: 15: 32 会社概要
01: 15: 55 マテリアルハンドリング機器=マテハン機器とは?
01: 17: 19 主なマテハン機器の種類
01: 17: 56 Top 20 Worldwide Materials Handling Systems Suppliers
01: 18: 38 国内マテハン機器の機種別出荷額
01: 18: 51 主要マテハン機器の国内シェア
01: 19: 33 ダイフクの連結業績推移
01: 19: 52 ダイフクの地域別売上高推移
01: 20: 00 ダイフクの地域別海外売上高
01: 20: 13 主要国・地域のマテハン機器市場規模
01: 20: 33 Top 20 Worldwide Materials Handling Systems Suppliers
01: 21: 05 国内マテハン機器メーカーの業種別出荷額
01: 21: 16 ダイフクの業種別売上高構成
01: 22: 05 ダイフクの業種別売上高推移
01: 22: 11 ダイフクの現状と課題
01: 22: 27 方向性①:欧州企業の買収(案)
01: 23: 29 方向性②:物流センターのシェアリングサービス(案)
01: 30: 13 サッカーワールドカップ
01: 32: 28 フランス料理
01: 37: 51 英EU離脱問題
01: 38: 37 英国とアイルランドの国境に関する取り決め 共通旅行区域(CTA:Common Travel Area)
01: 40: 27 イタリア情勢
01: 43: 38 ギリシャ情勢
01: 44: 55 ギリシャの政府債務残高の推移
01: 45: 19 イスラエル情勢
01: 47: 08 ルノー・日産
01: 48: 25 日産とルノーの比較
01: 49: 56 独アウディ
01: 50: 58 フォルクスワーゲンの主なブランド別業績
01: 51: 43 台湾・鴻海精密工業
01: 52: 43 シャープ
01: 53: 54 シャープの連結業績の推移
01: 54: 04 中国・京東集団
01: 54: 46 アリババと京東(ジンドン)の比較
01: 55: 20 ハイフラックス
01: 55: 56 Hyflux 概要
01: 57: 31 米インテル
01: 58: 34 訪日外国人
01: 58: 54 訪日客が都内で訪問した場所
01: 59: 13 スカイマーク
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)