ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 918

<国際情勢>マレーシア下院選、野党連合が過半数獲得 初の政権交代へ
< 経 済 > パナソニックに制裁金 日本企業、海外子会社の管理課題
<ビジネス>リクルート、米オンライン求人大手を買収 1285億円


概要:
*マレーシア情勢/野党連合・希望連盟が過半数議席を獲得。マハティール氏(92歳)が15年ぶり首相に返り咲き
*イラン核合意/トランプ大統領がイランとの核合意からの離脱を表明。同盟国と協調し新たな枠組みを検討
*中東情勢/イスラエルがシリアのイラン施設に大規模攻撃。 イラン革命防衛隊によるロケット弾攻撃への報復
*米朝首脳会談/トランプ大統領が金正恩委員長と6月12日にシンガポールで会談へ。ポンペオ氏が完全非核化を条件に北朝鮮の体制保証と経済支援の用意
*朝鮮半島情勢/南北首脳会談時に金正恩委員長から北朝鮮の平壌時間を韓国時間に統一。2015年8月15日に導入へ
*中朝関係/金正恩委員長が中国・遼寧省大連を訪問。習近平国家主席と2度目の会談、中国との戦略的交流、協力を希望
*日朝関係/朝鮮中央通信が圧力維持の日本政府を”平和の流れをまともに感知できない”と非難報道
*米中貿易/ムニューシン財務長官ら米国経済閣僚が訪中。貿易不均衡、知的財産、安全保障などで意見交換
*トランプ大統領/不倫疑惑が拡大。過去の交際めぐり女性15人がトランプ氏を訴え
*ジョン・マケイン氏/自身葬儀へのトランプ氏参列を拒否。共和党指名候補争いでオバマケア廃止採決などで軋轢
*フェイスブック問題/個人情報不正流用問題で英「ケンブリッジ・アナリティカ」が破産手続申請し全業務を停止
*ロシア情勢/プーチン大統領が4期目の就任、首相はメドベージェフ氏が続投。野党指導者・ナバリヌイ氏が呼びかけで大規模デモ
*アルメニア情勢/パシニャン氏を首相に選出。長期政権狙うサルキシャン前大統領の首相選出反対の大規模デモを指揮
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「楽天の三木谷浩史社長」だったら、 新規参入を表明した携帯キャリア業界でどのように大手3社のシェアを奪い業績を伸ばしていくか?
*ハワイ島/キラウエア火山が噴火、地面の亀裂から溶岩が噴出。M6.9地震で土砂崩れ、停電など発生
*ノーベル文学賞/「スウェーデン・アカデミー」が今年の受賞者発表を見送り。関係者によるレイプ疑惑、相次ぐ会員辞意で機能不全に
*武田薬品工業/アイルランド製薬大手「シャイアー」を約6兆8000億円で買収合意。日本企業による過去最大のM&A
*リクルートHD/米国オンライン求人サービス大手「グラスドア」を約1285億円で買収。口コミをもとに求人企業とマッチング
*富士フイルムHD/米「ゼロックス」買収手続きにNY州上級裁判所が一時停止命令。大株主が価値の過小評価を主張
*ニコン/2018年3月期決算は連結純利益が前期比8.8倍の347億円。デジタル一眼レフカメラの販売が増加
*パナソニック/米子会社「パナソニックアビオニクス」が不正会計と賄賂。SEC、米司法省が計310億円の制裁金
*米国携帯電話大手/「スプリント」と「TモバイルUS」が2019年に合併で合意。持ち株比率は「ドイツテレコム」が41.7%、「ソフトバンク」は27.4%
*ソフトバンクグループ/米「スプリント」CEOのマルセロ・クラウレ氏をCOOに選任。孫氏の10兆円ファンドが抱える利益相反
*ヤマハ/2018年3月期決算は連結純利益が前期比16%増の543億円で過去最高。中国でギターとピアノ販売が好調
*ドラッグストア大手/2017年度連結決算で大手5社が最高益。高機能・高単価化粧品、PB商品など好調
*メルカリ/6月19日にマザーズ上場で時価総額は2000億円超見通し。不正出品対策など強化で環境整え
*訪日外国人客/政府が支払い能力の審査厳格化など医療費不払いへの対策を検討
*後発医薬品/後発薬使用率は70.2%。薬局への報酬、積極啓蒙活動などで使用後押し
*財政健全化/政府が基礎的財政収支の黒字化を5年先送りで調整。潜在成長率1.1%を前提で現実との乖離大
*教育訓練休暇/学び直しへの長期休暇制度で厚生労働省が導入企業に助成金 。1企業あたり最大数百万円
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 大前ライブ#918
00: 28: 51 マレーシア情勢
00: 31: 14 マレーシアの一人当たりGDPの推移
00: 35: 01 イラン核合意
00: 39: 30 中東情勢
00: 41: 44 米朝首脳会談
00: 47: 36 主な核放棄の方法
00: 47: 51 非核化後のカダフィ大佐の歩み
00: 49: 12 非核化合意を反故にしてきた北朝鮮の過去
00: 52: 03 朝鮮半島情勢
00: 52: 52 中朝関係
00: 55: 22 日朝関係
00: 58: 55 米中貿易
01: 00: 46 米トランプ大統領
01: 03: 10 ジョン・マケイン氏
01: 04: 30 フェイスブック問題
01: 05: 06 ケンブリッジ・アナリティカ
01: 05: 14 ケンブリッジ・アナリティカが関与した主な選挙
01: 05: 45 ロシア情勢
01: 08: 54 ロシアの経済事情
01: 09: 07 ロシアの輸出品目
01: 11: 05 アルメニア情勢
01: 11: 40 アルメニア概要
01: 13: 29 RTOCS
01: 14: 05 会社概要
01: 14: 31 楽天の事業別売上高構成比
01: 15: 11 楽天の事業別売上高推移
01: 15: 30 楽天の通信事業参入の経緯
01: 16: 08 楽天の通信事業参入の3つの課題
01: 16: 38 国内携帯キャリアの設備投資額
01: 17: 09 楽天のインフラ構築戦略案
01: 17: 54 キャリア3社の純増数シェア推移
01: 18: 25 楽天の顧客獲得戦略の選択肢
01: 19: 19 キャリア3社携帯事業の経営効率指標
01: 19: 47 キャリアの顧客囲い込み戦略
01: 20: 12 四大共通ポイントプロクラムの会員数
01: 20: 26 楽天経済圏
01: 20: 43 楽天経済圏の国内における優位性
01: 21: 18 主要国のキャッシュレス決済比率
01: 21: 54 楽天のモバイルペイメント戦略案
01: 23: 35 楽天の通信参入の課題と方向性(案)
01: 30: 04 ハワイ島
01: 30: 15 キラウエア火山
01: 33: 58 ノーベル文学賞
01: 36: 00 武田薬品工業
01: 38: 18 製薬大手の売上高
01: 38: 39 武田薬品工業の株価推移
01: 39: 23 リクルートHD
01: 41: 04 富士フイルムHD
01: 42: 01 ニコン
01: 42: 59 ニコンのセグメント別業績
01: 44: 17 パナソニック
01: 44: 54 米国の海外腐敗行為防止規制(FCPA:Foreign Corrupt Practices Act)の概要
01: 45: 46 FCPA違反で摘発された日本企業の事例
01: 46: 21 米携帯電話大手
01: 46: 48 米国の主な携帯電話会社の契約件数
01: 48: 07 ソフトバンクグループ
01: 48: 37 ヤマハ
01: 49: 23 ヤマハの業績
01: 49: 33 ヤマハの楽器事業の地域別売上高
01: 50: 59 ドラッグストア大手
01: 52: 04 メルカリ
01: 53: 27 訪日外国人客
01: 54: 36 後発医薬品
01: 55: 07 薬局調剤医療費の推移
01: 55: 12 各国のジェネリック医薬品のシェア
01: 56: 39 財政健全化
01: 57: 13 基礎的財政収支の推移
01: 57: 41 財政収支の国際比較
01: 57: 54 一般会計歳出の主要経費の推移
01: 58: 15 教育訓練休暇
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)