ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 917

< 経 済 >5年後の技術者不足、最多は「機械工学」 経産省調査
<ビジネス>三菱自インドネシアに手応え、「タイ並み輸出拠点に」
<国際情勢>米 ハリス太平洋軍司令官を韓国大使に指名の方針


概要:
*朝鮮半島情勢/板門店で南北首脳が11年ぶりの対面。文在寅大統領と金正恩書記長が板門店宣言に署名
*北朝鮮拉致問題/安倍首相が”司令塔となり全力で取り組む”。賛同のツイート多数”永遠に司令塔にはなれない”
*中朝関係/金正恩氏はアメリカを引き入れ中国支配の回避狙い。新義州特別行政区計画に再び脚光の可能性
*米韓関係/駐韓国大使に米太平洋軍司令官・ハリス氏の起用を検討。トランプ政権発足後1年余り空席
*米トランプ政権/ロニー・ジャクソン氏が退役軍人長官の指名を辞退。公務中の飲酒疑惑など閣僚の資質に欠けるとの批判
*仏マクロン大統領/米国議会で演説、米国第一主義に反対。”米国が多国間主義を作り直す一助に”
*イラン核問題/仏マクロン大統領が米トランプ大統領に新協議を提案。現在の合意を維持、イランの脅威抑止めざす
*日ロ関係/ロシア・ガルージン駐日大使が”日米同盟が日ロ関係発展の妨げ”。アメリカがロシアに非友好的な 政策をとっている現実
*シリア情勢/OPCWロシア代表部がシリア軍の化学兵器使用はでっちあげと非難
*武田薬品工業/アイルランド製薬大手「シャイアー」の買収交渉が大筋合意。約7兆円で全株取得、シャイアーが株主提案へ
*日産自動車/西川社長兼CEOが”ルノーとの合併メリット見えず”。「ルノー」「三菱自動車」との3社連合継続で経営効率を高める考え
*三菱自動車/ミニバン型多目的車(MPV)のフィリピン輸出を開始。初のインドネシア工場から海外輸出
*ゼネラル・モーターズ/1-3月期の純利益が前年同期比で60%減少。「韓国GM」が労使歩み寄りで暫定合意
*フォード・モーター/2020年に達成へ経費節減と利益率押上げを前倒し。北米でセダン販売から撤退、SUVなど2種類に絞る
*ボーイング787/米連邦航空局がエンジンに問題で運航規制を強化。英「ロールスロイス」製エンジン部品の耐久性低い
*三菱航空機/英国際航空ショーでMRJ初の飛行展示実施へ。「エンブラエル」と「ボーイング」、「ボンバルディア」と「エアバス」が提携交渉
*フェイスブック/社員年収で2017年の中央値が約2600万円に。「ツイッター」は約1700万円、「ソフトバンクグループ」は1164万円 *クアルコム/オランダ「NXP」買収承認に中国商務省が慎重姿勢。業界に深遠な影響を与え競争に不利となるかもしれない
*インテル/イスラエル「モービルアイ」とインテル製品組み合わせ自動運転ソリューションを提供
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「日本トイザらスのディーター・ハーベル社長」だったら、米トイザらスが米国内で全店閉鎖した今、国内でどのような成長戦略を描くか?
*訪日外国人客/2018年1-3月期の訪日客数は前年同期比16.5%増の762万人で過去最高に
*長野県観光産業/「ヒルトン」「マリオット」」「東京建物」系など軽井沢で高級ホテルが続々開業
*TKP/2018年2月期決算は連結純利益が前期比53%増の20億円に。長時間、食事付きなど利用拡大で稼働率、客単価高まる
*人材不足/5年後に技術者不足は機械工学。次いで電力、アナログ・デジタル回路、通信・ネットワーク
*日本電産/米「ワールプール」から冷蔵庫部品製造「エンブラコ」を約1175億円で買収。家電の省エネ化事業を強化
*サンクゼール/生産体制再編で本店をワインに特化。ジャムなど小売用食品製造は信濃町工場と米子会社に移管
*キーエンス/2018年3月期決算は純利益が前年同期比実質38%増の2105億円に。工場自動化設備への投資が高水準
*オムロン/2018年3月期決算は純利益が前年同期比37%増の631億円に。工場制御機器の需要拡大
*スギ花粉/東京都が2006年から花粉の少ない森づくり運動で現在都内に流通しているスギ苗木のほぼ100%が少花粉に
*安倍首相/GWに中東4カ国・地域を歴訪へ。UAE、ヨルダン、イスラエル、パレスチナ暫定自治区
*日銀/展望レポートの2%の物価目標達成見通し時期を削除。黒田総裁”達成期限であるかのような誤解があった”
*ふるさと納税/長野県小諸市が返礼品に市営墓地の永代埋葬権。寄付金24万円につき1人分
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#917
0.0: 18.0: 35 朝鮮半島情勢
0.0: 27.0: 3 北朝鮮との非核化交渉の失敗の歴史
0.0: 27.0: 14 竹島
0.0: 29.0: 58 北朝鮮拉致問題
0.0: 31.0: 35 中朝関係
0.0: 33.0: 11 米韓関係
0.0: 36.0: 0 ハリー・ハリス海軍大将
0.0: 36.0: 33 米太平洋軍
0.0: 37.0: 16 米トランプ政権
0.0: 38.0: 10 仏マクロン大統領
0.0: 43.0: 25 イラン核問題
0.0: 45.0: 39 日ロ関係
0.0: 48.0: 58 シリア情勢
0.0: 51.0: 52 武田薬品工業
0.0: 52.0: 31 武田薬品工業の株価推移
0.0: 52.0: 44 武田薬品工業の純損益の推移
0.0: 52.0: 58 武田薬品工業の主な財務状況
0.0: 58.0: 33 日産自動車
1.0: 0.0: 19 ルノーグループの純利益算定の構造
1.0: 1.0: 43 三菱自動車
1.0: 2.0: 15 三菱自動車の地域別生産・販売台数
1.0: 3.0: 17 米ゼネラル・モーターズ
1.0: 6.0: 40 米フォード・モーター
1.0: 7.0: 31 ボーイング787
1.0: 9.0: 29 三菱航空機
1.0: 11.0: 4 米フェイスブック
1.0: 15.0: 44 米クアルコム
1.0: 16.0: 23 半導体メーカーの売上高
1.0: 17.0: 1 大手半導体メーカーの買収を巡る動向
1.0: 17.0: 51 米インテル
1.0: 22.0: 26 RTOCS
1.0: 23.0: 28 会社概要
1.0: 23.0: 49 米トイザラスの業績推移
1.0: 25.0: 15 米トイザラスの業績推移
1.0: 25.0: 39 米トイザラスの純利益内訳
1.0: 26.0: 1 海外主要子会社の事業規模と米社清算後の動向
1.0: 26.0: 27 日本トイザらスの資本関係の変遷
1.0: 27.0: 3 トイザラス・アジア社の動向
1.0: 27.0: 33 日本トイザらスの業績推移
1.0: 28.0: 6 国内玩具小売の変遷
1.0: 28.0: 23 日本トイザらスの店舗数と1店舗当り平均売上高
1.0: 28.0: 39 国内玩具市場規模推移
1.0: 28.0: 57 こども関連市場規模の概観
1.0: 29.0: 22 3C分析
1.0: 30.0: 0 日本トイザらスの方向性(案)
1.0: 31.0: 4 ベビー・子供服取扱チェーンの売上高・店舗数
1.0: 31.0: 33 主要総合流通グループ
1.0: 42.0: 48 訪日外国人客
1.0: 44.0: 9 主な国別の1人当たり旅行支出
1.0: 44.0: 24 1人当たり旅行支出金額上位国の支出内訳
1.0: 44.0: 56 長野県観光産業
1.0: 45.0: 58 長野県の民泊制限区域と期間
1.0: 46.0: 49 TKP
1.0: 47.0: 24 TKPの業績推移
1.0: 48.0: 5 人材不足
1.0: 48.0: 49 5年後に技術者不足が予想される分野と要因
1.0: 49.0: 17 日本電産
1.0: 50.0: 3 日本電産のセグメント別の売上高推移
1.0: 50.0: 37 サンクゼール
1.0: 51.0: 9 サンクゼールの方向性(案)
1.0: 51.0: 35 キーエンス
1.0: 52.0: 9 キーエンス
1.0: 52.0: 43 キーエンスの株価推移
1.0: 52.0: 52 オムロン
1.0: 53.0: 1 キーエンスとオムロンの業績比較
1.0: 54.0: 29 スギ花粉
1.0: 56.0: 22 安倍首相
1.0: 57.0: 11 日銀
1.0: 58.0: 35 ふるさと納税
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)