ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 911

<国際情勢>英首相「ロシア政府、関与濃厚」 元スパイ殺人未遂事件
< 政 治 > 森友混乱、海外勢の弱気 「98年の再来」に身構え
< 経 済 >「サバティカル休暇」で学び直し 経産省が導入呼びかけ


概要:
*訃報/ホーキング博士(76歳)が死去。ブラックホール蒸発理論など独創的な理論
*英ロ関係/元情報機関員セルゲイ・スクリパリ氏が英南部で意識不明に。メイ首相がロシア政府関与の可能性、ロシア外交官23人追放など制裁措置を発表
*ロシア・プーチン大統領/2014年のソチ冬季オリンピックでハイジャック機の撃墜を指示。クリミア視察で領土拡大の成果を誇示
*米ロ関係/ロシア情報機関を含む5団体と実業家ら個人19人に大統領選介入で米国企業との取引禁止や資産凍結などの経済制裁
*トランプ政権/ティラーソン国務長官を解任、後任はポンペオCIA長官。マクマスター大統領補佐官を解任
*米国経済政策/NEC委員長に経済評論家で保守派のラリー・クドロー氏を任命。中国との貿易不均衡を問題視
*米中関係/中国製品への追加関税総額が約6兆4000億円。知的財産権侵害への制裁措置で電気製品や通信機器など100品目超
*米韓関係/トランプ大統領が対韓貿易赤字を強調。”貿易でも在韓米軍でも金を失っている”と防衛費の交渉を牽制
*米通商政策/トランプ大統領が米「クアルコム」買収阻止の大統領令に署名。シンガポール「ブロードコム」が約13兆円で買収提案
*米台関係/トランプ大統領が台湾旅行法案に署名。米台閣僚と政府高官の相互訪問を認める内容で中国の反発は必至
*中国情勢/全人代で習近平氏を国家主席に再選。憲法改正で任期上限も撤廃。国家副主席は王岐山・前政治局常務委員
*北朝鮮情勢/アメリカ軍の韓国駐留を非難。南の人民が願うのはアメリカ軍の無条件撤収
*韓国情勢/国民憲法諮問特別委員会が文在寅大統領に憲法改正案を報告。1期5年任期を1期4年・再任で8年に
*インドネシア情勢/政治家への批判を禁じる新法を施行。議会または議員に敬意を欠く者に刑罰
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「ワークマンの栗山清治社長」だったら、話題のヒット商品を生み6期連続の増収増益を続ける中、いかにして第二のユニクロへと進化していくか?
*アマゾン・ドット・コム/専用口座サービスで「JPモルガン」と協議。銀行手数料を削減、消費者の支出行動把握も
*ソフトバンク/ブロックチェーン活用の決済システムを開発。米「スプリント」、韓国「KT」など海外通信大手と連携」
*インファチュエーション/米「グーグル」傘下の「ザガット」を買収。少数先鋭の専門家によるレストラン批評に強み
*医療保険大手/米「シグナ」が薬剤給付会社大手「エクスプレス・スクリプツ」を負債を含めた総額約7兆500億円で買収
*テスラ/イーロン・マスクCEOが中国への自動車規制に異議申し立て。米中自動車関税に10倍の差など指摘
*リーダーシップ/イーロン・マスクに学ぶ良い独裁と悪い独裁。組織の大転換には良い独裁力が必須
*森友学園問題/財務省、近畿財務局が14文書を書き換え。安倍首相”私や妻は一切関わっていない”
*放送制度改革/政府が放送法4条の撤廃など検討。政治的中立性の縛り外し、放送・通信で異なる規制・制度を一本化
*民法改正/政府が成人年齢を20歳から18歳に引き下げ。悪質商法被害の拡大懸念も
*働き方改革/サバティカル休暇で学び直し。国内外の大学院や専門学校などで学び直す機会を提供
*ヤフー/新人エンジニアに年収650万円以上を提示。特定分野で論文発表や自主開発アプリのDL数が100万件以上など条件に
*職種別年収ランキング/1位は医師で1232万円、2位は航空機操縦士で 1192万円、3位は大学教授 で1051万円
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#911
0.0: 4.0: 57 開花宣言
0.0: 21.0: 3 訃報
0.0: 24.0: 59 英ロ関係
0.0: 28.0: 4 ロシアに関連した主な暗殺事件
0.0: 29.0: 49 化学兵器の種類
0.0: 30.0: 28 ロシア・プーチン大統領
0.0: 35.0: 3 米ロ関係
0.0: 36.0: 37 米トランプ政権
0.0: 39.0: 10 トランプ政権高官の主な辞任・解任
0.0: 41.0: 23 米経済政策
0.0: 42.0: 10 トランプ政権で通商政策に関与する主な人物
0.0: 46.0: 2 米中関係
0.0: 47.0: 17 米国の主な貿易相手国別の貿易(財)収支
0.0: 47.0: 31 米国の主な貿易相手国別の貿易(サービス)収支
0.0: 48.0: 36 日米関係
0.0: 49.0: 55 メーカー別輸入車新規登録台数
0.0: 51.0: 30 米韓関係
0.0: 53.0: 47 米通商政策
0.0: 54.0: 26 半導体メーカーの売上高
0.0: 57.0: 11 米台関係
1.0: 0.0: 33 中国情勢
1.0: 1.0: 19 経済規模(GDP)の順位予測
1.0: 3.0: 11 北朝鮮情勢
1.0: 7.0: 9 韓国情勢
1.0: 9.0: 12 インドネシア情勢
1.0: 10.0: 57 RTOCS
1.0: 11.0: 47 会社概要
1.0: 12.0: 18 ベイシアグループ
1.0: 13.0: 58 ワークマンの商品別売上構成
1.0: 14.0: 36 ワーキングウェア市場規模と国内建設投資
1.0: 15.0: 19 ワークマンの店舗数
1.0: 15.0: 31 ワークマンの都道府県別出店状況
1.0: 15.0: 53 ワーキングウェア小売市場におけるシェア
1.0: 16.0: 15 ワークマンのチェーン全店売上高および売上高
1.0: 16.0: 28 ワークマンの営業利益と営業利益率
1.0: 16.0: 40 ワークマンの強み=コスト競争力と価格競争力
1.0: 18.0: 17 作業服・ユニフォーム小売チェーンの売上高・店舗数
1.0: 18.0: 32 主要アパレル小売チェーンの売上高・店舗数・一店舗平均売上
1.0: 19.0: 10 ワークマンとしまむらの客単価・客数
1.0: 19.0: 39 ワークマンの商品別売上構成
1.0: 20.0: 2 ワークマンの課題と方向性(案)
1.0: 21.0: 10 ユニクロの都心展開状況
1.0: 21.0: 19 ワークマンの都心展開状況
1.0: 21.0: 46 【出店戦略①】ドン・キホーテとの提携(案)
1.0: 21.0: 55 【出店戦略②】Olympicの買取(案)
1.0: 22.0: 5 【参考】ワークマンとOlympicの指標比較
1.0: 22.0: 46 【商品戦略】ワークマンのプライベートブランド強化の取り組み
1.0: 24.0: 16 【価格戦略】機能性インナーのポジショニングマップ
1.0: 25.0: 17 【販促戦略】アスリートタレントの起用
1.0: 25.0: 58 ワークマンの課題と方向性(案)
1.0: 35.0: 28 米アマゾン・ドット・コム
1.0: 36.0: 3 米国IT企業、FinTech企業の課題
1.0: 37.0: 1 ソフトバンク
1.0: 37.0: 44 インファチュエーション
1.0: 39.0: 58 米医療保険大手
1.0: 40.0: 25 米医療保険会社の収益と契約件数
1.0: 41.0: 39 米テスラ
1.0: 43.0: 27 リーダーシップ
1.0: 44.0: 18 テスラCEOが社員に説いた企業が本質的に抱える課題
1.0: 45.0: 33 森友学園問題
1.0: 48.0: 11 内閣人事局による幹部職員任命プロセス
1.0: 51.0: 33 1998年の日経平均の推移
1.0: 52.0: 27 放送制度改革
1.0: 54.0: 17 民法改正
1.0: 58.0: 6 働き方改革
1.0: 58.0: 56 ヤフー
1.0: 59.0: 16 職種別年収ランキング
1.0: 59.0: 19 職業別年収ランキング
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)