ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
人事はテクノロジーで進化する > 人事はテクノロジーで進化する 01

HRテクノロジー概論


概要:
飛躍的なICT(情報通信技術)の発達で、あらゆるものがネットにつながる第4次産業革命が進行する中、AI(人工知能)に代替される職が増え、労働環境は大きく変化しようとしている。企業においては人材マネジメントの重要性が高まり、経営と人事が直結し始めた。無形資産としての人材(Human Resource)を生かし切るには、テクノロジーをいかに活用するかが重要だ。能力開発、組織マネジメント、企業文化醸成など人事に関する業務全般でHRテクノロジーは不可欠で、企業の成長にも資するものと認識するべきである。
講師は、慶應義塾大学大学院経営管理研究科特任教授の岩本隆氏。東京大学工学部金属工学科卒業後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)工学・応用科学研究科材料学・材料工学専攻Ph.D。日本モトローラ、ノキア・ジャパン、ドリームインキュベータ等を経て、2012年より現職。最先端技術の研究開発や研究開発組織での経験を生かし、ドリームインキュベータでは、技術と戦略を融合させた経営コンサルティングを行うなど戦略コンサルティング業界で新領域を開拓した。著書に『HRテクノロジー入門』などがある。

「Fin-Tech(FinancialとTechnologyの造語)」や「Legal-Tech(同Legal)」など、これまであまり関連がないように見えた分野でもテクノロジーの活用を意味する「X-Tech」なる言葉が次々と誕生、これは技術が企業経営の現場に入り始めていることを示しており、人材マネジメントも例外ではない。近未来はAIに代替される仕事が増え、労働環境が大きく変わると予想される。「人生100年時代」ともなれば、終身雇用など企業側が従業員の「面倒を見る」時代は確実に去り、生涯にわたる能力開発は従業員自身にも欠かせなくなろう。企業は、対等な関係の「資産」として人材を活用、生産性を上げ業績向上を目指す。長時間労働を排し、評価は成果中心に行い、場所や時間に縛られない柔軟な勤務体制を整備する。これらは日本政府が進める「働き方改革」にも記され、国の方針とも一致している。PRA(Robotic Process Automation)は、出張精算や労務管理のために導入されたITシステムだが、業務へ応用し始めた企業もある。人事情報分析にAIのディープラーニング機能が加われば、深い能力分析を通じてキャリア形成や適材適所に資する人事計画も可能だ。

大事なのは、経営幹部がHRテクノロジーと、そこから得られた分析データを理解・活用できることだ。企業の総合分析を進めようとすれば、人事データは財務情報等とも密接に絡んでくる。人材マネジメントは企業経営の根幹を担っている。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 HRテクノロジー概論
00: 00: 51 講師プロフィール
00: 02: 34 人事はテクノロジーで進化する
00: 03: 16 グローバルな社会・産業の変化:「Society 5.0」、「第4次産業革命」
00: 04: 41 「X-Tech」の例
00: 06: 55 世界のHRテクノロジービジネスの変遷
00: 08: 34 HRテクノロジーはどのレイヤーでどう活用されているか
00: 18: 27 HRトランスフォメーションの初期モデル(2009年)
00: 19: 34 HRテクノロジー活用のポイント
00: 23: 04 日本国内でのHRテクノロジーの広がり
00: 25: 36 第4次産業革命による就業構造変革の姿(イメージ)
00: 27: 53 世耕経産大臣講演:「経営改革としての働き方改革(第2章)について」
00: 28: 34 働き方改革(第2章)の本質
00: 31: 40 「働き方改革 第2章」で起こすべきパラダイムシフトの例
00: 33: 56 「第1回 HRテクノロジー大賞」受賞企業
00: 35: 33 「第2回 HRテクノロジー大賞」受賞企業
00: 36: 23 「第1回 HRテクノロジー大賞」受賞サービス提供企業
00: 37: 25 「第2回 HRテクノロジー大賞」受賞サービス提供企業
00: 38: 08 「HR-Solution Contest」のファイナリスト
00: 42: 28 第4次安倍政権における次の看板政策:「生産性革命」と「人づくり革命」
00: 44: 53 生産性を高めるためには
00: 47: 15 人づくり革命のポイント
00: 50: 08 HRテクノロジーを活用して働き方を改革し生産性を高めるためのポイント
00: 54: 48 まとめ
講師紹介: 岩本 隆(いわもと たかし)
慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 特任教授
東京大学工学部金属工学科卒業。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)工学・応用科学研究科材料学・材料工科専攻Ph.D.。日本モトローラ株式会社、日本ルーセント・テクノロジー株式会社、ノキア・ジャパン株式会社、株式会社ドリームインキュベータを経て、2012年より現職。
慶應義塾大学ビジネス・スクールでは、「産業プロデュース論」を専門領域として、新産業創出に関わる研究を実施。HRテクノロジーコンソーシアム代表理事・会長、HRテクノロジー大賞審査委員長、HR-Solution Contest運営委員会委員兼審査員長、(一社)ICT CONNECT 21理事兼普及・推進ワーキンググループ座長、(一社)日本RPA協会名誉会員、山形大学客員教授、株式会社ドリームインキュベータ特別顧問 。

『岩本 隆』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:岩崎 里衣

Copyright(c)