ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】内田和成のビジネスマインド > 内田和成のビジネスマインド 78

内田流ものの見方(23)
フィリピン現地視察


概要:
本番組はフィリピン視察を終えた内田氏のリポートである。同国の平均年齢は23歳と若く、約1億人の人口はさらに増え続け、2016年で6・8%など世界平均を上回る経済成長を維持すると期待される。公用語が英語であることはグローバルビジネス環境には追い風だ。富裕層出身ではないドゥテルテ大統領は、麻薬犯罪や汚職には強い姿勢で臨み、一般庶民から人気が高い一方、既得権益層からの反発もあり、任期満了後は反動的指導者が就く可能性も否定できない。今後は、安定成長とともに、自国内産業の育成も重要となろう。
フィリピン共和国は日本と最短で約400キロしか離れておらず、意外に近い国だ。同国は約7000もの島から構成される「島しょ国家」で、最大規模のルソン島にある首都マニラは広域都市圏として2千万人の人口が集積する。16世紀からスペインおよびアメリカの植民地となり1946年独立。民族はマレー系主体、公用語はフィリピン語(タガログ語)と英語、現在の元首はロドリゴ・ドゥテルテ大統領である。2016年現在、GDPは3043億ドル、一人当たりGDPは2947ドル、失業率は5・7%。同国の大きな特長は、平均年齢が日本と比較して2分の1の23歳と若い点にあり、1億人を超えた人口構成はきれいなピラミッド型を描き、成長の重要要素となる人口ボーナスがしばらく続く見込みである。

先進国から見れば、労働コストの安さが生産現場としての魅力となっているが、課題とされる国内市場の発達は未知数だ。近年は大型ショッピングセンターの建設も進み、同国オリジナルと言ってもよいファストフード店「ジョリビー」が人気店となるなど、経済成長の恩恵も感じられる。一方、依然として一般庶民が好んで通うのは、サリサリストアと呼ばれる、単品や小ロット包装を施した日用雑貨類を並べた店舗であり、店舗構成の80%を占めている。

島が多いせいもあり、鉄道インフラはあまり整備されておらず、もっぱら移動手段として使われるのは「ジプニー」と呼ばれる乗り合いバスだ。マニラこそ交通渋滞が目立つが、自家用車の普及もそれほど進んではいない。現在、同国GDPの1割は、約1千万人の海外労働者からの送金が占める。同国には、賃金水準の安さから先進国の生産拠点や英語力を生かしたコールセンターなどが多いが、安定的な成長による国内消費市場整備が急務だ。犯罪や汚職は、ドゥテルテ大統領が強権的に根絶を目指すも後を絶たず、既得層の反発により保守層が政権を取り返す可能性もある。ややのんびりしつつも、明るく若い国民性をプラス方向に結集すれば、人口増を糧に同国は大きな発展が期待できる。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 内田流ものの見方(23)フィリピン現地視察
00: 00: 40 田和成のビジネスマインド 内田流ものの見方(23)
00: 00: 45 今回のトピックス
00: 01: 09 本日の内容
00: 01: 57 どこにあるの?
00: 04: 23 フィリピン共和国 2016
00: 08: 51 フィリピンとは
00: 10: 09 フィリピンと日本の人口ピラミッド比較
00: 11: 37 【再掲】フィリピンとは
00: 16: 31 街中に張ってある賄賂撲滅キャンペーンポスター
00: 17: 21 本日の内容(2)
00: 17: 25 ショッピングモール訪問
00: 19: 14 Mall of Asia日本あるいは和風の店が多い
00: 21: 02 UNIQLO東南アジア最大の店舗訪問
00: 22: 22 UNIQLOユニークなところ
00: 25: 35 庶民の暮らし 市場(1)
00: 27: 47 庶民の暮らし 市場(2)
00: 27: 52 庶民の暮らし 市場(3)
00: 28: 02 【再掲】庶民の暮らし 市場(2)
00: 30: 13 庶民の暮らし 市場(4)
00: 31: 34 庶民の足 ジプニー
00: 33: 16 街並み
00: 34: 28 サリサリストア
00: 35: 15 サリサリストア > モダントレード
00: 36: 55 サリサリストアを支える卸店
00: 37: 58 サリサリストアを支える卸店(2)
00: 39: 38 【再掲】サリサリストアを支える卸店
00: 40: 26 マクドナルドも勝てないフィリピンオリジナルのファーストフード店ジョリビー
00: 43: 25 本日の内容(3)
00: 43: 29 ブラザー工場訪問
00: 47: 51 日系ベンチャー企業(1)
00: 51: 46 日系ベンチャー企業(2)
00: 54: 07 現地SIMカード
00: 56: 07 交通系ICカード Beep
00: 57: 51 フィリピン現地視察 まとめ
講師紹介: 内田 和成(うちだ かずなり)
早稲田大学ビジネススクール 教授
東京大学工学部卒。慶應義塾大学経営学修士(MBA)。日本航空株式会社を経て株式会社ボストン コンサルティング グループ シニア・ヴァイス・プレジデント、現在に至る。
ハイテク企業、情報通信サービス企業を中心に、マーケティング戦略、新規事業戦略、中長期戦略、グローバル戦略策定等のコンサルティングを数多く経験。

『内田 和成』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:坂本安代

Copyright(c)