ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
M&A実務のプロセスとポイント > M&A実務のプロセスとポイント 03

経営者と企業評価


概要:
M&Aの大きな流れは、まず売り手が売却希望価額を設定、買い手は自分目線の買収希望価額を表示、情報精査により譲渡価額を打ち出し、DD(詳細の調査)の結果、最終譲渡価額を決定する。調査から統合へ完結する中で、最終決断のためのバリュエーション(企業評価)を確認する等、いくつか重要な要素がある。本講座では、特に経営者が果たすべきポイントを中心に解説する。バリュエーションは買い手・売り手の双方ともに求められ、交渉においては常に「金額」が動いていくことを意識しながら進めてほしい。
SkyPerfecTV 757Ch 放送日

終了 2018年11月20日 (Tue) 01:00
終了 2018年09月21日 (Fri) 01:00
終了 2018年08月07日 (Tue) 01:00
終了 2018年07月13日 (Fri) 01:00
終了 2018年06月15日 (Fri) 01:00
終了 2018年05月16日 (Wed) 01:00
終了 2018年03月27日 (Tue) 11:00
終了 2018年03月25日 (Sun) 22:00
終了 2018年03月21日 (Wed) 20:00
終了 2018年02月28日 (Wed) 12:00
終了 2018年02月26日 (Mon) 23:00
終了 2018年02月22日 (Thu) 21:00
終了 2018年01月10日 (Wed) 11:00
終了 2018年01月08日 (Mon) 22:00
終了 2018年01月04日 (Thu) 20:00
終了 2017年12月27日 (Wed) 12:00
終了 2017年12月25日 (Mon) 23:00
終了 2017年12月21日 (Thu) 21:00
初回 2017年12月21日 (Thu) 21:00

講義資料 (413Kbyte) (要パスワード)



M&Aの価額を決めるバリュエーションには、時価純資産法、DCF法、類似上場会社比較法の3手段がある。このうち、上場している同業他社の株式評価を計算して比較する類似上場会社比較法は、気軽に計算できる利点があるが、数社の比較で金額にぶれが生ずることがあるので、株価のめどをつけるための参考程度にとどめておきたい。時価純資産法は、純資産の価値を不動産等の時価で評価させて売買の最低額を決める方法であり、ここからどれだけ上乗せできるかが売り手側の勝負となる。評価方法の中心となるDCF法は、将来の見込収益をベースに、割引計算を使って現在価値を算出する方策だ。ただし、国内、米国、国際と混同する日本の会計基準を同じにするため、営業利益をキャッシュフローに直してから算定する。1年ごとキャッシュフローに原価係数を掛けて原価割引価値合計を出し、その値に手元のキャッシュや借金の処理をしたものが本来の企業価値であり、売買の基準値となる。実質的にはDCF法と類似法から出た中間値を取って決定する場合が多く、また、信用度を増すため外部から株価算定評価書を取り寄せることもあるが、あくまでもバリュエーションから最終決定するのは自社で行うことが重要である。

DCF法に使う割引計算は、将来的な営業利益(価値)からさかのぼって現在の企業価値を算出することだが、価値には純資産と負債もあるので、負債のリスク(主に支払い利息)と純資産のリスク(主に株主配当)も含め事業計画を立てる必要がある。DCF法で一番留意すべき点は、割引計算をするとほとんどがターミナルバリューという、永久にキャッシュフローを生み出す結果が出てしまうことだ。事業計画は5年間分が適正と考えると、計算で出た金額には、もう一歩踏み込んだ調査が求められる。また、統合後の問題として、事業計画まで実績が達成しない事態にならないよう、純資産額と買収価額との差である「のれん」の分析等も事前に十分行ってほしいと、講師はアドバイスを送った。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 経営者と企業評価
00: 00: 40 M&A実務のプロセスとポイント 第3回 経営者と企業評価
00: 01: 23 バリュエーションが必要なタイミングの確認
00: 03: 34 評価方法の種類
00: 11: 07 類似会社比較法
00: 12: 49 類似会社比較法は大きくブレます
00: 17: 02 DCF法
00: 22: 18 案件が持ち込まれた際の判定方法
00: 27: 46 実際の株価算定の結果
00: 32: 10 株価算定評価書について
00: 34: 18 割引計算の意味
00: 37: 14 割引率の計算(1)
00: 38: 22 割引率の計算(2)
00: 43: 50 割引率の計算(3)
00: 47: 39 割引率とは何か?
00: 49: 38 ターミナルバリュー
00: 51: 29 のれんとは?
00: 52: 45 のれんの会計・税務処理
00: 55: 29 M&Aに関する留意点
講師紹介: 大原 達朗()


『大原 達朗』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:小泉 陽以

Copyright(c)