ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 903

<国際情勢>文在寅氏、危うい「南北主導」 非核化対話展望なく
<ビジネス>社員再教育、日本企業は最下位 「勤務先が負担」4割
< 経 済 >「ゲーム障害」を新たな病気として追加へ WHO


概要:
*米国学生ローン/教授陣や施設の充実競争、政府の補助金減少で私立大学の学費が10年間で2.5倍の約160兆円に高騰
*米国電力大手/電力会社「ドミニオン」が「スキャナ・コーポレーション」を約1兆6000億円で買収。「ウエスチングハウス」の経営破綻で原発建設を断念
*ウエスチングハウス/「ブルックフィールド」が米欧事業などを約5200億円で買収。破綻した米資産の再編も計画、原発業界再編につながる可能性
*iPhone/「アップル」が旧機種の速度抑制を謝罪。事前通告や同意手続きなし、買い替えを誘導も
*インテル/クルザニッチCEOが自社株売却で波紋。2017年11月に保有株売却で約27億円取得
*ウーバーテクノロジーズ/「ソフトバンク」グループによる大型出資が成立へ。企業価値の3割減で株式を買取り、最終的には約2割を保有へ
*中国富豪/許家印に関する10の事実をメディアが掲載。中国の富豪400人で首位は「恒大集団」創業者・会長
*浙江吉利控股集団/商用車大手「ボルボ」など統括する「ABボルボ」に約4000億円超出資額で筆頭株主に
*独ディーゼル車市場/2017年の独ディーゼル車比率が38.8%でこれまでの50%台から急落。市街地乗り入れ禁止検討などで消費者がディーゼル離れ
*ゲーム障害/WHOが国際疾病分類に追加の見通し。日常生活に支障きたすほどゲームに熱中する状態が1年間
*安倍首相/ラトビア・クチンスキス首相と会談、国際秩序の維持と強化へ緊密に協力。エストニア・タラス首相との会談では北の脅威を強調
*日韓関係/韓国・康京和外相が慰安婦問題めぐる日韓合意で日本政府拠出の10億円に韓国政府の予算充当など新方針を発表
*朝鮮半島情勢/韓国・文在寅大統領が北朝鮮の平昌五輪参加合意で南北対話が再開。首脳会談含むあらゆる可能性
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「マイファームの西辻一真社長」だったら、貸し農園サービスの競合が首都圏で勢力を拡大する中、いかに差別化し成長を図るか?
*ハイチ被災者問題/2016年のハリケーンで米国在留希望者が急増。米側の対応が間に合わず国境の町メキシコ・ティファナに人が溢れる
*米国移民政策/トランプ大統領がアフリカ諸国やハイチなどを名指しで”便所のような国”と発言。ハイチ政府は”深いショックを受け憤慨”
*米イラン関係/トランプ政権が当面は制裁解除を継続。核関連とは別に14個人・団体を制裁対象に追加
*中国ファーウェイ/「AT&T」と協議も合意せず、米側が情報漏洩リスク懸念で米国市場での本格販売を断念
*米国債/中国政府が購入減額、停止を検討。中国の米国債保有額は10月末時点で約135兆円
*米英関係/米トランプ大統領が”オバマ前政権が大使館をつまらない額で売却”と2月の英国訪問をキャンセル
*英EU離脱問題/EU離脱で750の協定見直し。膨大な実務交渉前に人材不足の現状
*ドイツ情勢/キリスト教民主・社会同盟とドイツ社会民主党が大連立政権に向けた正式協議入りで合意
*リカレント教育/労働者のスキル獲得支援で日本企業は最下位。勤務先企業が費用負担は1位がインドで85%、2位は中国の82%、日本は33位で41%
*新幹線台車亀裂問題/「JR西日本」が重大インシデントに係る有識者会議を開催。吉江則彦代表取締役副社長は取締役に降格
*原発再稼動問題/静岡県・川勝知事が浜岡原発を約6年ぶり視察。防潮堤や緊急時対応チームなど評価
*国内株式市場/日銀のETF買いが2017年累計で5兆9033億円、海外勢の買い越し額は7532億円
*高齢世帯/世帯主が65歳以上は2040年に全世帯の44.2%。高齢世帯の40%が一人暮らしに
*アジア企業/アジアの時価総額で中国企業が躍進。上位50社中28社が中国企業で1位は「テンセント」、2位は「アリババ」
*米国自動車市場/「トヨタ」「マツダ」が新工場をアラバマ州に建設。両社で総額約1792億円を出資
*メキシコ自動車産業/国内自動車生産台数は2017年に377万台。前年比8.9%増で8年連続過去最高に
*インド自動車市場/インド市場が世界4位に浮上。2017年の新車販売台数は中国が2887万台、アメリカが1723万台、日本は523万台、インドは401万台
*ビットコイン/JPモルガン・ダイモンCEOが”詐欺発言に後悔している”。ブロックチェーンは本物
*ベネズエラ情勢/2017年のインフレ率2616%。設備不良で原油生産落ち込み、国債の利払い遅延常態化
*テバ・ファーマシューティカル/リストラ屋のコーレ・シュルツ氏がCEO就任。従業員の25%以上、1万4000人削減など再建策を発表
*フェイスブック/ニュースフィードに家族や友人を優先表示。フェイクニュースや差別助長広告などに対応
*訪日観光客/2017年の訪日客数は2869万人。前年比19%増で5年連続過去最高、アジア勢の増加が牽引
*国内ビール市場/2017年のアサヒ・スーパードライ国内販売が29年ぶり1億ケース割れに
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#903
0.0: 27.0: 18 米学生ローン
0.0: 28.0: 7 米国の学生ローンの残高別借り入れ状況
0.0: 28.0: 15 年齢層別の米国の学生ローン総残高
0.0: 28.0: 55 年齢層別の米国の学生ローン債務者数
0.0: 29.0: 4 米電力大手
0.0: 30.0: 20 米ウエスチングハウス
0.0: 30.0: 48 ウエスティングハウスの歩み
0.0: 31.0: 1 iPhone
0.0: 33.0: 6 米インテル
0.0: 33.0: 55 インテルの株価推移
0.0: 34.0: 30 米ウーバーテクノロジーズ
0.0: 35.0: 2 ライドシェアを巡る関係
0.0: 36.0: 47 中国富豪
0.0: 37.0: 38 浙江吉利控股集団
0.0: 39.0: 8 独ディーゼル車市場
0.0: 40.0: 41 ゲーム障害
0.0: 42.0: 21 安倍首相
0.0: 43.0: 48 北朝鮮の弾道ミサイルの射程
0.0: 44.0: 3 エストニアへのサイバー攻撃とその後の対応
0.0: 44.0: 57 エストニアのサイバーセキュリティーへの取り組み
0.0: 46.0: 48 日韓関係
0.0: 47.0: 44 “慰安婦”を巡る問題の経緯
0.0: 50.0: 49 朝鮮半島情勢
0.0: 51.0: 10 最近の文在寅大統領の「反米・親北」言動
0.0: 53.0: 45 RTOCS
0.0: 54.0: 26 会社概要
0.0: 54.0: 52 マイファームの事業の全体像
0.0: 55.0: 14 マイファームの業績推移
0.0: 55.0: 26 マイファームの収益構造
0.0: 55.0: 57 マイファームのビジネスモデル
0.0: 56.0: 10 マイファームのビジネスモデル
0.0: 56.0: 24 マイファームの展開状況
0.0: 56.0: 49 都市部における農地面積の推移
0.0: 57.0: 3 市民農園の地域別農園数
0.0: 57.0: 19 市民農園の運営主体別農園数
0.0: 57.0: 35 市民農園の運営主体別農園数シェア
0.0: 58.0: 14 市民農園の運営主体別特徴
0.0: 59.0: 19 市民農園の運営主体別特徴
0.0: 59.0: 30 アグリビジネスにおけるマイファームの役割
0.0: 59.0: 55 体験農園とアグリビジネスの違い
1.0: 0.0: 19 マイファームの課題と方向性(案)
1.0: 1.0: 38 農園の高付加価値化(案)
1.0: 2.0: 20 学校機能の強化(案)
1.0: 2.0: 57 組織力の強化(案)
1.0: 3.0: 38 SPA体制の構築・拡大(案)
1.0: 7.0: 26 スマート農業
1.0: 19.0: 20 ハイチ被災者問題
1.0: 20.0: 15 ハイチ概況
1.0: 21.0: 4 米移民政策
1.0: 26.0: 15 米イラン関係
1.0: 27.0: 11 中国ファーウェイ
1.0: 28.0: 43 米国債
1.0: 29.0: 11 日本と中国の米国債保有残高の推移
1.0: 29.0: 43 米英関係
1.0: 32.0: 37 英EU離脱問題
1.0: 33.0: 17 EU離脱に伴い法的リスクが発生する主な分野
1.0: 34.0: 44 ドイツ情勢
1.0: 36.0: 20 リカレント教育
1.0: 39.0: 30 新幹線台車亀裂問題
1.0: 40.0: 47 原発再稼動問題
1.0: 43.0: 34 国内株式市場
1.0: 44.0: 12 日銀とGPIFが保有する株式
1.0: 45.0: 6 高齢世帯
1.0: 45.0: 38 世帯における家族形態別割合の推移
1.0: 46.0: 9 65歳以上の独居率の将来推計
1.0: 46.0: 39 アジア企業
1.0: 47.0: 10 アジア企業の時価総額ランキング
1.0: 48.0: 11 米自動車市場
1.0: 48.0: 59 トヨタの米国における主な製造拠点
1.0: 49.0: 45 メキシコ自動車産業
1.0: 50.0: 19 メキシコとブラジルの自動車生産・輸出状況
1.0: 51.0: 2 インド自動車市場
1.0: 52.0: 9 ビットコイン
1.0: 52.0: 44 ビットコインの取引状況
1.0: 53.0: 41 ベネズエラ情勢
1.0: 54.0: 32 ベネズエラの物価上昇率と外貨準備高
1.0: 55.0: 9 テバ・ファーマシューティカル
1.0: 55.0: 49 ジェネリック医薬品メーカーの売上高
1.0: 56.0: 32 米フェイスブック
1.0: 57.0: 22 訪日観光客
1.0: 57.0: 42 訪日外国人数の推移
1.0: 58.0: 15 国内ビール市場
1.0: 59.0: 7 ビール類の市場規模推移
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)