ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 898

<国際情勢>新型ICBM「発射に成功」 北朝鮮発表
< 政 治 > 年金控除 高所得者は縮小 政府原案、実施は20年以降
<ビジネス>ウーバー、規制で手詰まり 日本でタクシー配車優先


概要:
*天皇陛下/首相官邸と宮内庁で退位時期めぐり溝が浮き彫りに。皇室会議を踏まえ2019年4月末退位、5月1日改元へ
*北朝鮮情勢/新型ICBMの発射実験に成功と発表。大型核弾頭搭載可能な「火星15」で金正恩氏”歴史的大業”
*米国トランプ政権/ティラーソン国務長官の更迭を検討。後任にはポンペオCIA長官を検討
*税制改正/高所得層の公的年金控除が10万~20万円減少。年金、基礎、給与控除で差し引き約1000億円規模の増税
*同性パートナー/安倍首相が首相主催の夕食会には国賓同性パートナーを招待へ。自民・竹下総務会長が反省の弁
*森友学園問題/財務省が学園側と交渉の音声データを初めて存在認める。近畿財務局職員が”1億3000を下回る金額はない”
*ビジネス・ブレークスルー/安倍政権の幼児教育・保育無償化で買い集め株価が上昇、"人づくり革命"で飛躍場面へ
*国内スタートアップ企業/「PFN」「メルカリ」「Sansan」など上位22社が企業価値100億円超に
*ヤフー/「ブックオフ」「マーケットエンタープライズ」と提携。ヤフオクで商品買い取りを開始
*リンクトイン/ヤフーモバイル革命の立役者・村上臣氏が「リンクトイン」日本代表に就任。新天地で名刺革命を
*ワイヤレスイヤホン/「ソニー」「アップル」製品を比較検証。音質、装着感でソニーに軍配
*秋田牛/「北都銀行」と「あきた食彩」がプロデュース、台湾が16年ぶり輸入解禁で初輸出を支援
*通信インフラ/FCCがネット企業にも通信インフラ整備のコスト負担を求め、ネットの中立性原則を撤廃
*アマゾン・ウェブ・サービス/国内利用企業数が4年で5倍、2016年世界売上高は約1兆4000億円
*HPE/メグ・ホイットマンCEOが退任へ。6年間で時価総額が35%増も「アップル」は2.5倍、「アルファベット」は4.4倍と差が拡大
*米コロラド州ボールダー/頭脳集中指数でシリコンバレーなどを抑え首位。自然、人材、気質が起業環境を支える
*ウーバーテクノロジーズ/個人情報流出を公表前に「ソフトバンク」に通知。2016年後半に5700万人分流出、ダラ・コスロシャヒCEOがすぐ公表せず
*無人タクシー/「GM」が2019年にも米国の複数都市でサービス開始。「ウーバー」が「ボルボ」の自動運転車を採用
*越境EC/ワンドウ運営の「インアゴーラ」が「伊藤忠」「KDDI」「SBI」から計76億5000万円調達
*NTTデータ/米「デル」ITサービス部門を約3500億円で買収して半年、ラスムッセン・マーケティング本部長が”日印文化はすごく似ている”
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「ミャンマーのアウン・サン・スー・チー氏」だったら、ミャンマー政府軍によるロヒンギャ族虐殺問題をどのように国際社会が納得する形で解決へ導くか?
*パキスタン情勢/預言者ムハンマド冒涜で1000人超の大規模デモ。ハミド司法相が辞任
*中国地方債務問題/習政権揺さぶる地方の債務問題。「融資平台」による地方債務が約254兆円
*中国情勢/習近平氏がトイレ革命を指示。観光地のトイレ整備を全国拡大へ
*英EU離脱問題/清算金で英国とEUが基本合意。英側が約6兆6000億円支払いを検討
*ロシアゲート問題/モラー特別検察官がフリン前大統領補佐官を訴追。トランプ氏”共謀は絶対にない”
*米イスラエル関係/米トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認める検討。米国大使館移転は延期
*米国税制改正/上院本会議で大幅法人減税など柱の税制改革法案が可決。トランプ氏が公約の約30年ぶり大型減税へ前進
*タイム誌/米メディア大手「メレディス」に負債含め総額約3100億円で全株式を売却
*青森・北海道観光/フェリー各社が相次ぎサービスを拡充。北海道新幹線開業で営業戦略を転換
*東レ/世耕・経済産業相が品質データ改ざんで”日本の製造業の信頼を傷つけかねない”。経団連が会員企業約1300社に品質不正調査を要請へ
*シャープ/戴正呉社長の構造改革で業績が急回復。12月7日付で東証一部への市場変更が承認
*凸版印刷/コールセンター大手「ベルシステム24HD」に出資。米「ベインキャピタル」の全保有株を約150億円で取得
*日本ペイントHD/米「アクサルタ」との買収交渉をリスク評価困難との判断で打ち切り
*韓国サムスン電子/李会長は病床、李在鎔副会長は拘置所。李健熙会長就任30年、まだ描けぬ未来図
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 大前ライブ#898
00: 22: 39 天皇陛下
00: 24: 52 北朝鮮情勢
00: 28: 32 北朝鮮が保有・開発する弾道ミサイル
00: 28: 50 北朝鮮の弾道ミサイルの射程
00: 29: 46 米トランプ政権
00: 31: 07 税制改正
00: 32: 48 同性パートナー
00: 38: 04 森友学園問題
00: 39: 42 ビジネス・ブレークスルー
00: 43: 45 国内スタートアップ企業
00: 44: 17 NEXTユニコーン企業-1
00: 45: 08 NEXTユニコーン企業-2
00: 46: 59 ヤフー
00: 48: 49 リンクトイン
00: 50: 12 国内の代表的なSNS利用率の推移
00: 52: 18 ワイヤレスイヤホン
00: 53: 46 秋田牛
00: 55: 47 国産牛肉の輸出状況
00: 56: 08 日本の農林水産物・食品の輸出相手国
00: 56: 44 通信インフラ
00: 58: 31 アマゾン・ウェブ・サービス
00: 59: 09 アマゾンドットコムのセグメント別業績
01: 00: 58 米HPE
01: 01: 38 米IT「ビッグ5」とHPEの時価総額
01: 02: 37 米コロラド州ボールダー
01: 04: 56 米ウーバーテクノロジーズ
01: 06: 34 無人タクシー
01: 08: 49 越境EC
01: 09: 43 日米中の越境ECの市場規模
01: 13: 50 NTTデータ
01: 15: 12 RTOCS
01: 15: 59 ミャンマー情勢
01: 17: 32 ミャンマー連邦共和国の概要
01: 18: 33 ビルマの行政区分
01: 20: 17 ミャンマーの民族構成比
01: 20: 53 ミャンマーの宗教人口構成比
01: 21: 30 ロヒンギャとは?
01: 22: 42 ラカイン(アラカン)地方におけるムスリムの来歴
01: 23: 35 独立後のミャンマー史と少数民族およびロヒンギャの動向(1948~1988)
01: 24: 15 独立後のミャンマー史と少数民族およびロヒンギャの動向(1988~2011)
01: 24: 42 少数民族問題を巡る構図(テインセイン政権時代)
01: 25: 11 ロヒンギャ問題を巡る構図(テインセイン政権時代)
01: 26: 13 ロヒンギャ問題を巡る構図(スー・チー政権時代,2016年)
01: 26: 39 ロヒンギャ問題を巡る構図(スー・チー政権時代,2017年)
01: 27: 42 ロヒンギャ問題を巡る構図(スー・チー政権時代,2017年)
01: 28: 32 ミャンマーの政治体制
01: 29: 23 国防治安評議会の構成員と非常事態宣言
01: 30: 30 ロヒンギャ問題解決(案)
01: 38: 54 パキスタン情勢
01: 40: 02 近年のパキスタン政権の変遷
01: 41: 21 中国地方債務問題
01: 42: 47 中国情勢
01: 43: 14 世界のトイレを巡る衛生問題
01: 44: 37 英EU離脱問題
01: 45: 28 英国のEU離脱を巡る交渉の主な論点
01: 47: 03 ロシアゲート問題
01: 49: 13 米イスラエル関係
01: 50: 19 米税制改正
01: 52: 07 米タイム
01: 52: 27 世界の富豪が所有する資産総額
01: 53: 34 青森・北海道観光
01: 54: 21 青森・函館間の新幹線とフェリーの比較
01: 55: 06 東レ
01: 55: 44 シャープ
01: 56: 57 シャープの連結業績の推移
01: 57: 12 凸版印刷
01: 57: 32 ベインキャピタルの日本での投資事例
01: 58: 25 日本ペイントHD
01: 58: 35 世界の塗料会社の売上高
01: 58: 49 韓国サムスン電子
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)