ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 894

< 政 治 > 首相「生産性・人づくり両輪」 第4次安倍内閣発足
< 経 済 > 残るは日本!欧州も金融緩和見直しへ
<国際情勢>NYテロ8人死亡、車使う「欧州型」拡大


概要:
*ATAMIせかいえ 月の道 開所式の報告
*第4次安倍内閣/安倍晋三氏が第98代首相に就任。結果重視、仕事第一、実力本位で全閣僚を再任
*働き方改革/残業時間上限の月平均60時間規制で残業代が年8兆5000億円減少。個人消費に逆風
*内部留保/2016年度末時点で406兆2348億円に。労働分配率は2012年度が72.3%、2015年度は67.5%
*保育無償化/高所得世帯への恩恵大。待機児童が増える可能性、求められるのは保育サービスの受け皿
*自民党/小泉進次郎・筆頭副幹事長が教育無償化の財源めぐり、安倍首相が産業界に拠出要請で党で全く議論していないと批判
*麻生副首相/”自民圧勝は北朝鮮のおかげ”。立憲民主・長妻氏は”危機を利用したと受け取られかねない”と批判
*選挙制度/選挙ドットコムが小選挙区で死票ランキングを集計。ワースト1位は神奈川4区で死票率65.2%、全選挙区合計では48.1%
*希望の党/共同代表選の日程を決定。玉木雄一郎氏、大串博志氏、泉健太氏が出馬の見通し
*日銀/金融政策決定会合で長短金利操作付き量的・質的金融緩和を維持。物価2%到達は2019年度ごろ
*欧州経済/ECBが債券買い入れ規模を2018年1月から月額300億ユーロ(約4兆円)に半減へ
*FRB議長/次期議長に共和党主流派に近いジェローム・パウエルを指名。イエレン氏は1期4年で退任へ
*タクシー業界/普通第二種免許の受験資格見直しを検討。21歳以上、普通免許保有3年以上など緩和へ
*AI研究/論文引用回数ランキングで1位は米「マイクロソフト」、2位はシンガポール「南洋工科大学」、 3位は「中国科学院」で日本は東大の64位が最高
*オフィス賃料/2018年以降の大量供給控え東京都心で3期ぶりに前年同期を下回る。大阪、札幌、福岡などは上昇
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「あさひの下田佳史社長」だったら、EC売上高を拡大させる中、今後の成長戦略をどのように描くか?
*ニューヨークテロ/ピックアップトラック暴走で8人死亡、12人負傷。ウズベキスタン出身・サイポフ容疑者を拘束
*ロシアゲート問題/2016年米大統領選のトランプ陣営選対本部長・マナフォート氏ら3人を起訴。資金洗浄、税法違反、共謀など12の罪
*ロシア世論操作疑惑/米上下院情報委員会がSNS各社の法律顧問招き公聴会。「フェイスブック」にロシア関与とみられる投稿が2年間で約8万件
*米ロ関係/ロシアゲートが非難と制裁招き、冷戦時代以来の厳しさとの報道。対ロ制裁緩和狙うも究極のオウンゴールに
*イラン核合意/ロウハニ大統領とプーチン大統領が核合意重視で一致。経済とエネルギー分野の協力を強化
*イラク情勢/イラクからの独立問う住民投票で混乱招きクルド自治政府・バルザニ議長が辞任
*トルコ情勢/イスタンブール裁判所が活動家ら8人を保釈。テロ幇助など容疑でトルコ警察が逮捕
*スペイン情勢/プチデモン氏ら5人に逮捕状。国家への反乱企てた容疑でベルギー当局に身柄拘束、引き渡し求める
*中国・習近平国家主席/習近平の言論統制を中国ネット市民たちは冷笑。個人崇拝なら封建主義の復活
*中国情勢/10月1日に「国歌法」が施行。公共の場で歌詞変更などの侮辱に警告または15日以内の拘留
*中央経済回廊/バクー・トビリシ・カルス鉄道が開通。アゼルバイジャンとジョージアとトルコを結ぶ一帯一路の一角
*インド新幹線/アーメダバード~ムンバイ間500キロに日本の新幹線を採用。ムンバイのバンドラ・クララ・コンプレックス地区にベンチャー企業など集積
*キーエンス/2017年4-9月期決算は工場の自動化需要などで純利益が1005億円で6期連続過去最高
*ニコン/コンパクトデジカメ製造の中国工場を閉鎖。従業員約2300人を解雇、一部の機種生産をタイ工場に移管
*アトリエはるか/名証セントレックスへ上場承認。ヘアメイク、ネイル、レンタル衣装など全国63店舗のサロン運営
*精神疾患調査/英国成人の4人に1人が精神疾患。最多は鬱が19%、精神性疾患の可能性も治療受けずが18%
*ソフトバンクグループ/「スプリント」と「TモバイルUS」が統合に向けた協議を打ち切り。「ドイツテレコム」と両社が新会社の筆頭株主の座を主張
*韓国サムスン電子/権副会長、申社長、尹社長の代表権持つ取締役3人が退任へ。李副会長が拘置所から内部引き締め
*ユニコーン企業/ユニコーンランキングで米中企業が上位を独占。1位は「ウーバー」、2位は「滴滴」、3位は「小米」、4位は「美団大衆点評」、5位は「AirBnB」
*中国・滴滴出行/2018年春にも日本に進出。「第一交通」と提携、訪日客向けに都内で約500台
*テスラ/週産5000台目標を3カ月後ろ倒し、マスク氏は誤差の範囲。価格が約400万円で強気の調達交渉
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#894
0.0: 19.0: 23 第4次安倍内閣
0.0: 21.0: 9 1人当たりの労働生産性
0.0: 21.0: 25 日本人の総実労働時間の推移
0.0: 21.0: 40 名目賃金の推移
0.0: 27.0: 30 働き方改革
0.0: 30.0: 28 内部留保
0.0: 31.0: 54 労働分配率の推移
0.0: 32.0: 5 企業の創出した付加価値と人件費
0.0: 34.0: 42 保育無償化
0.0: 37.0: 5 登録された保育士のうちの勤務者数の推移
0.0: 38.0: 15 経営主体別の保育所数
0.0: 39.0: 23 自民党
0.0: 41.0: 59 麻生副首相
0.0: 44.0: 33 選挙制度
0.0: 45.0: 53 希望の党
0.0: 48.0: 18 日銀
0.0: 49.0: 45 欧州経済
0.0: 51.0: 49 FRB議長
0.0: 53.0: 9 FRB議長に指名されたジェローム・パウエル氏
0.0: 53.0: 34 近年のFRB議長
0.0: 54.0: 21 タクシー業界
0.0: 58.0: 52 AI研究
0.0: 59.0: 26 人工知能の国別論文数
0.0: 59.0: 49 参考:共著論文のうち国際共著論文の比率
1.0: 0.0: 27 オフィス賃料
1.0: 2.0: 11 RTOCS
1.0: 2.0: 50 会社概要
1.0: 3.0: 12 自転車の国内需要台数の推移
1.0: 3.0: 30 自転車の国内市場規模の推移
1.0: 3.0: 51 高額自転車の生産・販売台数
1.0: 4.0: 11 あさひの売上高と店舗数
1.0: 4.0: 29 主な自転車小売チェーンの店舗数
1.0: 4.0: 44 あさひの品目別売上構成比
1.0: 5.0: 10 あさひのPB売上比率
1.0: 5.0: 23 あさひのEC売上高およびチャネル別売上構成比
1.0: 5.0: 50 あさひの売上高に占める原価、販管費、営業利益の割合
1.0: 6.0: 47 あさひ躍進の要因
1.0: 7.0: 6 「勝ち組」小売業のビジネスモデル
1.0: 8.0: 33 あさひの課題
1.0: 9.0: 49 あさひの方向性(案)
1.0: 18.0: 13 米ニューヨークテロ
1.0: 20.0: 10 米国における近年の主なテロ事件
1.0: 21.0: 11 ロシアゲート問題
1.0: 23.0: 17 ロシア世論操作疑惑
1.0: 23.0: 50 ロシアによる情報戦
1.0: 26.0: 56 米ロ関係
1.0: 28.0: 34 イラン核合意
1.0: 30.0: 35 イラク情勢
1.0: 32.0: 19 トルコ情勢
1.0: 32.0: 54 2016年7月のクーデター失敗後のエルドアン政権による粛清
1.0: 34.0: 16 スペイン情勢
1.0: 36.0: 15 中国・習近平国家主席
1.0: 39.0: 36 中国情勢
1.0: 41.0: 38 中央経済回廊
1.0: 42.0: 10 バクー・トビリシ・カルス鉄道の路線図
1.0: 43.0: 12 インド新幹線
1.0: 45.0: 10 キーエンス
1.0: 46.0: 1 キーエンス
1.0: 47.0: 17 キーエンスの株価推移
1.0: 47.0: 38 ニコン
1.0: 48.0: 6 デジタルカメラの出荷台数・金額の推移
1.0: 49.0: 25 アトリエはるか
1.0: 50.0: 30 精神疾患調査
1.0: 51.0: 54 ソフトバンクグループ
1.0: 53.0: 10 Tモバイルとスプリントの株価推移
1.0: 53.0: 46 韓国サムスン電子
1.0: 54.0: 49 ユニコーン企業
1.0: 55.0: 20 ユニコーンの企業価値ランキング
1.0: 55.0: 35 中国・滴滴出行
1.0: 57.0: 50 米テスラ
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)