ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
デザイン思考 > デザイン思考 01

デザイン思考の全体像


概要:
本講座では、何か新しいことに取り組むための方法論としてデザイン思考を学び、基礎的なプロセスを理解すると同時に、実例を通して実践するイメージを持つことを目指す。デザイン思考は、デザイナーなど一部の職種や、商品開発・新規事業等の業務だけに必要なものではなく、自分なりに工夫して働く全ての人に役立つものだと感じていただきたい。講師は、株式会社アイディアポイント代表取締役社長の岩田徹氏。第1回目は、デザイン思考の全体像から導入する。
デザイン思考とは、優秀なデザイナーが行う思考方法を体系化したもので、どうすれば新しい商品やサービスが生まれるのかが出発点にある。デザインとは意匠だけでなく、創造、構成、構築といった広義の意味で捉える。

デザイン思考は、もともとデザインの方法論として研究されていたが、1999年以降、ビジネス分野への応用が注目されてきた。背景には、技術が急速に進歩、グローバル化・ネットワーク化が進み、これまでの延長線上だけで闘えなくなってきたビジネス環境の変化、商品やサービスにも、明確な機能だけでなく何となくいい感じがするといった感性価値へと消費者が持つ価値観の変化、正しいとされていた合理的な解決手法の限界などがある。

デザイン思考では、観察・発想・プロトタイピング(試作)のプロセスを行ったり来たりしながら考えていく。観察とは、自由な心で好奇心を持ち、対象となる人間の行動をよく見ること。発想とは、多様なメンバーから成るチームでポジティブにアイデアを出し合うこと。プロトタイピングとは、アイデア自体が共感を呼ぶものかを考えながら、簡素で単純な試作品から試行錯誤を繰り返し、つくり上げていくこと。事実と論理だけでなく、経験や感覚も大切にする。

デザイン思考的な製品とは、不便を解消する製品ではなく、使ってみて初めてよさが分かる製品で、スマートフォンやウオッシュレット、電動歯ブラシ、ロボット掃除機等が挙げられる。階段が鍵盤のようになっていて、上り下りすると音が鳴るもの、ごみを入れると効果音が鳴るごみ箱など、自然と挑戦してみたくなる気持ちから問題解決を行う取り組みも含まれる。楽しさの要素を取り入れることが大切だ。経済産業省がデザイン思考を活用した経営実態調査報告書を公表。企業でも、製品開発やサービス、問題解決で活用するなど、ビジネスとデザインの融合はトレンドの一つだ。職場で抱える課題は理屈だけでは解けないものが増え、変革したい、新しいことをしたいと考えるなら、デザイン思考を身に付けて実践されたい。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 デザイン思考の全体像
00: 00: 42 第1回 : デザイン思考の全体像
00: 00: 52 担当講師紹介
00: 01: 47 学生時代の研究テーマ
00: 02: 17 私のキャリア
00: 03: 23 現在の活動
00: 04: 26 本講座の目的・狙い、ゴール
00: 06: 08 本講座の概要、プログラム説明
00: 07: 55 第1回:デザイン思考の全体像(デザイン思考の全体像)
00: 08: 29 デザイン思考の出発点
00: 09: 48 デザイン思考とは?
00: 11: 06 デザイン思考の歴史
00: 14: 32 デザイン思考のプロセス
00: 19: 25 観察(Observation)とは?
00: 22: 50 発想(Ideation)とは?
00: 25: 26 プロトタイピング(Prototyping for Empathy)とは?
00: 30: 33 『デザイン思考』とは何か?
00: 32: 15 デザイン思考とロジカル思考の比較
00: 34: 09 デザイン思考が必要な理由 ①『ビジネス環境』の変化
00: 35: 04 デザイン思考が必要な理由 ②消費者、購買者の『価値観』の変化
00: 36: 23 デザイン思考が必要な理由 ③合理的な解決手法の限界
00: 38: 09 デザイン思考の全体像(まとめ)
00: 39: 48 第1回:デザイン思考の全体像(デザイン思考の活用事例)
00: 40: 25 『デザイン思考的』な製品とは?
00: 41: 56 事例①:IDEO社 ~ 歯科用器具
00: 42: 35 事例②:Moff Band
00: 43: 31 『デザイン思考的』な問題解決の事例 ~The Fun Theory
00: 45: 43 経済産業省による調査
00: 45: 54 活用している会社
00: 46: 10 ビジネスとデザインの融合
00: 47: 19 デザイン思考の活用事例(まとめ)
00: 48: 00 第1回:デザイン思考の全体像(業務への活用方法、実践のポイント)
00: 48: 11 デザイン思考と私たちの『業務』
00: 48: 49 なぜ、『デザイン思考』は業務から『遠く』感じるのか?
00: 49: 53 それでも、私たちに『デザイン思考』が必要な理由
00: 51: 20 『デザイン思考』を身につけてできるようになること
00: 52: 19 『デザイン思考』を実践する際のポイント
00: 53: 38 本講座で身につけるべき『デザイン思考』のポイント
00: 54: 57 第1回:デザイン思考の全体像(まとめ、次回以降の進め方について)
00: 55: 02 本日のまとめ
00: 56: 26 次回のテーマ
00: 57: 03 次回までにやっておいていただきたいこと
00: 59: 07 講師からのメッセージ
講師紹介: 岩田 徹(いわた とおる)


『岩田 徹』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:武岡 智子

Copyright(c)