ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
21世紀を切り拓くプログラミング的思考 > 21世紀を切り拓くプログラミング的思考 01

プログラミング的思考・CTとは
~プログラミング教育の現状について~


概要:
文部科学省が2020年から小学校でのプログラミング教育の必修化を決定した。いまや身の回りにある電気製品や通信機器などの多くはコンピューターで制御されている。本番組は、プログラミング教育がブームとなっている背景や、21世紀を生きる子どもを含め、私たちは、どのような思考能力を付けていけばいいのかを解説するシリーズ。第1回目は、プログラミング的思考とは何か、またプログラミング教育の現状について説明する。
ITが急速に発達し、同分野の人材不足が深刻化する中で、子ども時代からプログラミング教育を実践、将来の人材育成につなげようという流れが起きている。現実にイギリスやイスラエルなど、多くの国でプログラミング教育が実施されている。日本では、アクティブラーニング(学修者が能動的に学習に取り組む学習法)導入にプログラミングを活用する動きや、教育ビジネスとしてコンピューター塾などが出現してきた。

プログラミング学習では、「知る」「考える」「つくる」力を身に付け、新しい学びとしての可能性が期待されている。大人にとっても、プログラミングを学ぶことで、コンピューターの仕組みや原理を理解したり、業務効率化を具体的に考えられるようになったり、開発部隊とのコミュニケーションが円滑化したり、アイデアを具現化する手段を習得できる等のメリットがある。

子どもにとっては、自分が知らないことを試行錯誤しながら、物を組み立てる行動とセットにして学習することで、新しい理解や概念が生まれる効果がある。 MIT(マサチューセッツ工科大学)ライフロング・キンダーガーデン・グループのミッチェル・レズニックが中心となって開発した「Scratch」は、教育用ビジュアルプログラミング環境だ。難しいプログラミング言語を学ぶのではなく、少し工夫すれば自分なりに作品をつくり出せるという体験を通して、できる喜びを味わい、挑戦する意欲を培う。

プログラムを間違うとエラーとなり作動しないが、心おきなく何度もチャレンジすることが可能だ。プログラミング的思考とは、コンピューター科学者たちが日常的に行う論理的思考法のことだ。今後、プログラミングは新時代の万国共通語の必須スキルになる。プログラムを意のままに操ることは、ゲームやアプリを使うだけでなく、つくる側へ回るチャンスを得られる。日常生活の中にも学ぶヒントはたくさんある。プログラミングは、あくまで道具であり、プログラミング的思考法を体得するためには、何ごとにも広く興味を持って挑戦することが大切だ。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 プログラミング的思考・CTとは~プログラミング教育の現状について~
0.0: 0.0: 38 松林 弘治(まつばやし こうじ)
0.0: 1.0: 35 資料(1)
0.0: 3.0: 20 番組構成
0.0: 4.0: 31 近年盛り上がりをみせる「プログラミング教育」
0.0: 9.0: 42 世界中で進むプログラミング教育
0.0: 12.0: 40 なぜ「プログラミング」がもてはやされているのか?
0.0: 15.0: 8 プログラミングを知ることで期待される効果
0.0: 15.0: 35 ①「知る」ちから
0.0: 18.0: 2 ②「考える」ちから
0.0: 19.0: 41 ③「作る」ちから
0.0: 21.0: 59 大人にとっての「プログラミングを学ぶメリット」
0.0: 23.0: 39 ④「新しい学び」としての可能性
0.0: 25.0: 21 構築主義(Constructionism)
0.0: 26.0: 53 Logo
0.0: 29.0: 8 Scratch
0.0: 29.0: 52 資料(2)
0.0: 32.0: 20 プログラミング「で」学ぶ
0.0: 35.0: 29 「プログラミング的思考」とは
0.0: 36.0: 49 資料(3)
0.0: 38.0: 11 Computational Thinking(CT、計算論的思考)
0.0: 41.0: 36 CTの実践アプローチ
0.0: 44.0: 1 身の回りにもCTを考えるヒントはたくさん
0.0: 46.0: 15 資料(4)
0.0: 47.0: 56 電話連絡網で考える
0.0: 49.0: 34 資料(5)
0.0: 52.0: 4 身の回りにもCTを考えるヒントはたくさん
0.0: 55.0: 26 いまや敷居は高くない:親子で楽しく学ぼう
0.0: 58.0: 15 まとめ
講師紹介: 松林 弘治(まつばやし こうじ)


『松林 弘治』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:島津 美貴

Copyright(c)