ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 887

<国際情勢>核実験「非常に敵対的」=実力行使にじませる-米大統領
< 経 済 > “劇場空間都市"東京ミッドタウン日比谷が'18年3月29日オープン
<ビジネス>日産がEV「リーフ」全面改良 航続距離1.4倍の400キロ


概要:
*米朝関係/トランプ大統領が核実験強行の北朝鮮を非難。アメリカに対し非常に敵対的で危険、北朝鮮とビジネス行う国との貿易を停止も
*日朝関係/菅官房長官が”原油禁輸も様々な選択肢の中に”。小野寺防衛相は”脅威となる核兵器を持っていると考えざるを得ない”
*中朝関係/中朝対立は中国の国益損ねると環球時報が報道。国連安保理の制裁強化は不可避
*北朝鮮経済/北朝鮮労働者の国外派遣は最大で14万7600人との推計。追加制裁で石油禁輸と並び議論に
*米中朝関係/中朝軍事同盟カードを読み切れなかった日米の失敗。金正恩氏が”そもそも休戦協定違反は米韓”
*朝鮮半島有事/米チェタン・ペダッダ退役陸軍大尉が”北朝鮮は韓国への奇襲攻撃に活路、死者数十万人は確実”と警告
*北朝鮮核開発問題/米国政府が国連安保理15カ国に追加制裁決議案を配布。金正恩氏の資産凍結や石油禁輸、公海での臨検許可など盛り込み
*ロシア情勢/危険度増すプーチン大統領の奇妙な戦争。ハッキング、フェイクニュース、軍事演習など西側諸国と広範囲で対立
*日ロ関係/安倍首相とプーチン大統領が会談、北朝鮮は深刻な脅威で一致。安倍首相がプーチン氏に嘉納治五郎書「精力善用」を贈呈
*東方経済フォーラム/ウラジオストクで開催し20カ国余りから3000人以上が出席。プーチン大統領が”北朝鮮を怖がらせることは不可能”
*米移民救済制度/トランプ大統領が「DACA」の撤廃を表明。来年3月以降に撤廃実施、議会に法制化を委ねる
*FRB/スタンレー・フィッシャー副議長が2018年6月までの任期途中で辞任へ
*米国政府債務問題/米議会上院で債務上限適用停止法案が可決。「ハービー」被害救済の一環で下院が可決、署名で米国債デフォルト回避へ
*米大型ハリケーン/「ハービー」による被害総額が約20兆円見通し。7日には「イルマ」がフロリダに上陸
*ドイツ連邦議会選挙/メルケル首相とシュルツSPD党首がテレビ討論会。難民問題、対米、対トルコ政策で対決
*スペイン情勢/カタルーニャ自治州議会でスペインからの分離独立問う住民投票実施を可決、10月1日に実施の方針
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「大塚家具の大塚久美子社長」だったら、過去最大の赤字額に対して、いかにして構造改革を実現するか?
*中国ネット統制/中国当局がVPN(仮想私設網)を規制、無許可の個人向けが対象に
*中国製造業/中国のコストメリットが薄れ、国内回帰の日本企業が増加。中国製造業の高度化前に労働者の受け皿がなくなる懸念
*違法操業対策/水産庁が違法操業の取り締まりを強化。2018年度から全45隻体制、中国や北朝鮮漁船などの違法操業に歯止め
*日航機トラブル/9月5日離陸直後にエンジン後部から炎。NY行きボーイング777がタービンの羽根222枚を損傷
*損保ジャパン日本興亜/英「SOMPOキャノピアス」を米「センターブリッジ」に約1000億円で売却
*三井不動産/千代田区有楽町一丁目再開発を「東京ミッドタウン日比谷」と正式名称を決定。地上35階、地下4階、オフィス、店舗、映画館など
*銀行ATM/訪日外国人の外国カード対応で地銀と大手行が自社ATMを「セブン銀行」に置き換え
*日産自動車/新型主力電気自動車「リーフ」を10月に発売。1回の充電で走れる距離を400キロメートルに
*欧州自動車大手/独「BMW」が2025年までにEV12車種を発売へ。英「ジャガー・ランドローバー」は2020年から全車種電動化
*日本電産/EVとPHV向け駆動用モーターシステムを開発。出力40~150キロワットで2019年に中国で生産
*無料SIMカード/訪日外国人向けに無料SIMカードを提供。最大15日間、500メガバイトまで無料
*成人年齢/政府が公営ジャンブル対象は20歳以上を維持の方針。成人年齢は民法改正案で18歳に引き下げ
*民進党/前原代表が”党の体質に異常な政党”。山尾元政調会長に続き辞任が相次ぎ
*安倍首相/15年寵愛のNHK美人記者が反旗の衝撃。昭恵夫人の谷・元秘書めぐり関係こじれる
*手元資金/「アップル」「FB」「アルファベット」「アマゾン」「MS」の手元資金が約62兆円、日本の税収超える
*ユニコーン企業/米デロイトの調査では6月末で世界に252社のユニコーン企業。中国勢は「アント」「滴滴出行」、シェアサイクルの「モバイク」など
*トイザラス/連邦破産法適用申請の可能性。総額約440億円負債処理で法律事務所に業務委嘱
*伊ピレリ/10月にミラノ市場に再上場。2015年に「中国化工集団」傘下入りで上場廃止
*中国自動運転市場/イスラエル「モービルアイ」が中国電気バスメーカーと提携。「鄭州宇通客車」などが ADAS(先進運転支援システム)導入
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#887
0.0: 10.0: 1 米朝関係
0.0: 11.0: 30 電磁パルス
0.0: 12.0: 36 日朝関係
0.0: 15.0: 26 中朝関係
0.0: 20.0: 5 北朝鮮経済
0.0: 21.0: 6 米中朝関係
0.0: 25.0: 48 朝鮮半島有事
0.0: 26.0: 35 北朝鮮核開発問題
0.0: 26.0: 54 ロシア情勢
0.0: 27.0: 42 参考:ロシアによるハイブリッド型戦争の一端
0.0: 30.0: 13 日ロ関係
0.0: 33.0: 21 東方経済フォーラム
0.0: 34.0: 53 東方経済フォーラムで注目すべきポイント
0.0: 38.0: 33 ロシアの8連邦管区の面積と人口
0.0: 39.0: 40 ロシア極東連邦管区の人口推移
0.0: 40.0: 49 米移民救済制度
0.0: 41.0: 48 出身国別のDACA取得者数
0.0: 42.0: 51 FRB
0.0: 44.0: 49 米政府債務問題
0.0: 46.0: 59 米大型ハリケーン
0.0: 51.0: 9 ドイツ連邦議会選挙
0.0: 54.0: 0 スペイン情勢
0.0: 55.0: 8 カタルーニャ州
0.0: 56.0: 2 スペインの主な州と中央政府との関係
0.0: 59.0: 53 RTOCS
1.0: 0.0: 28 会社概要
1.0: 1.0: 2 国内家具末端小売市場規模
1.0: 1.0: 15 国内家具市場規模と大塚家具売上高
1.0: 1.0: 42 大塚家具のビジネスモデルの成り立ち
1.0: 3.0: 2 大塚家具の業績とビジネスモデルの変遷
1.0: 3.0: 20 大塚家具の業績とビジネスモデルの変遷
1.0: 3.0: 39 大塚家具の店舗数、売場面積、従業員数
1.0: 4.0: 2 大塚家具の販売管理費の内訳
1.0: 4.0: 16 大塚家具の原価率および販売管理費率
1.0: 4.0: 35 大塚家具の業績とビジネスモデルの変遷
1.0: 4.0: 49 大塚家具とニトリの経営指標比較①
1.0: 5.0: 34 大塚家具とニトリの経営指標比較②
1.0: 5.0: 50 主要家具小売の総売上高および家具売上比率(2015年)
1.0: 6.0: 53 家具小売りのビジネルモデルの転換
1.0: 7.0: 30 大塚家具の現状・課題まとめ
1.0: 10.0: 46 大塚家具の方向性(案)
1.0: 20.0: 0 中国ネット統制
1.0: 22.0: 16 中国製造業
1.0: 23.0: 39 中国に進出している日系企業数
1.0: 23.0: 54 国別の日系企業進出社数
1.0: 24.0: 59 違法操業対策
1.0: 25.0: 36 日本と中国の漁業生産量の推移
1.0: 28.0: 38 日航機トラブル
1.0: 31.0: 6 損保ジャパン日本興亜
1.0: 31.0: 50 日本の生損保による海外買収の事例
1.0: 32.0: 34 SOMPOホールディングスの事業別修正利益
1.0: 33.0: 10 三井不動産
1.0: 34.0: 14 東京ミッドタウン日比谷
1.0: 36.0: 36 銀行ATM
1.0: 37.0: 49 日産自動車
1.0: 42.0: 31 欧州自動車大手
1.0: 43.0: 45 日本電産
1.0: 44.0: 18 日本電産のセグメント別の売上高推移
1.0: 44.0: 29 電気自動車に必要な部品と主な供給企業
1.0: 45.0: 33 無料SIMカード
1.0: 46.0: 57 成人年齢
1.0: 48.0: 45 民進党
1.0: 49.0: 54 安倍首相
1.0: 52.0: 34 手元資金
1.0: 53.0: 15 日米主要企業の直近の余剰資金
1.0: 53.0: 39 ユニコーン企業
1.0: 54.0: 32 ユニコーンの企業価値ランキング
1.0: 55.0: 17 米トイザラス
1.0: 56.0: 57 伊ピレリ
1.0: 58.0: 38 中国自動運転市場
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)