ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 883

<国際情勢>スリランカ、ハンバントタ港の運営権を中国企業に譲渡 インドなどが懸念
< 経 済 > 欧州発、電気自動車シフト 「脱石油」世界の潮流に
<ビジネス>ソラコム、KDDIが買収発表 3年で200億円


概要:
*内閣改造/第3次安倍第3次改造内閣が発足。河野太郎氏(外相)や野田聖子氏(総務相)を起用などが目玉に
*内閣支持率/世論調査で安倍内閣支持率は42%に上昇。首相が信頼できないが54%
*民進党/細野豪志氏が離党を表明。安全保障法制や憲法の考え方で違和感。離党ドミノを懸念の声も
*トヨタ自動車/「マツダ」と資本提携で最終調整。EV車を共同開発、米国内で新工場建設など検討
*英国自動車規制/ガソリン、ディーゼル車の新規販売を2040年から禁止へ。都市部で深刻な大気汚染問題に対応
*日本電産/2018年3月期決算は連結純利益が1270億円見通し。EV用モーター開発で千客万来
*独ディーゼル車規制/ディーゼル車530万台を無償修理。「VW」「ダイムラー」「BMW」「オペル」が 費用負担
*日産自動車/2017年4-6月期決算は連結営業利益が前年同期比12.8%減少の1533億円。「ルノー・日産・三菱」連合が2017年1-6月期に世界販売で首位に
*中国自動車大手/「第一汽車」「長安汽車」「東風汽車」のトップが持ち回りで交代、自動車3社に統合構想
*韓国・現代自動車/THAAD配備の報復で中国で販売が半減。現代車の競争力が低下、6年連続でスト実施
*ソフトバンクグループ/米「ウーバー」への出資を検討。中国「滴滴出行」、印「オラ」とアジア事業統合働きかける可能性
*ウーバーテクノロジーズ/次期CEO候補に7月末に「GE」のCEOを退任したジェフ・イメルト氏が浮上
*三菱商事/イギリスで海底送電線を約270億円で取得。欧州網羅する再生エネ発送電網構築めざす
*韓国LGディスプレー/中国広東省広州市で有機ELパネル合弁工場建設へ。中国政府の誘致策で「サムスン」「トヨタ」「安川電機」なども投資を検討
*エールフランスKLM/英「ヴァージン航空」の株式31%を取得。米「デルタ航空」や「中国東方航空」からも出資受け入れ
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「NTTデータの岩本敏男社長」だったら、買収した海外企業を使ってどのようにグローバル化を達成するか?
*ギリシャ国債/ギリシャ政府がユーロ圏との追加融資交渉がまとまり、3年ぶりに国債発行を再開
*米国株式市場/試合がいつまで続くかはわからない夏場の調整へ警戒感。著名投資家ハワード・マークス氏 が警鐘
*スリランカ情勢/スリランカ政府がハンバントタ港の運営権を中国「招商局港口」に譲渡。99年間で約1200億円
*米中朝関係/中国・王毅外相が米ティラーソン氏の”4つのノー”言及を歓迎。体制転換求めず、金政権崩壊求めず等
*米ティラーソン国務長官/イラン核合意でトランプ大統領と意見に相違。トランプ氏は合意を破棄の意向
*米ロ関係/米議会の圧倒的賛成多数でトランプ大統領が対ロシア制裁強化法案に署名。ロシアは追加報復を見送り
*ロシアゲート問題/米モラー特別検察官が大陪審を設置。ドナルド・トランプ・ジュニア氏とロシア人弁護士面会にからみ召喚状発行
*米トランプ政権/トランプ大統領がスカラムッチ広報部長を解任。起用10日で実質更迭
*KDDI/2014年11月設立のIoTベンチャー「ソラコム」を約200億円で買収し連結子会社化
*ディー・エヌ・エー/キュレーションメディア事業を再開。小学館と新会社「MERY」を設立
*インドネシア高速鉄道/土地収用が大幅に遅れ、中国側から融資受けられず目標の2019年開業は絶望的
*鴻海精密工業/アメリカへの投資総額は約3兆3000億円、薄型TVの一貫生産体制めざす
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#883
0.0: 22.0: 3 内閣改造
0.0: 23.0: 36 第3次安倍第3次改造内閣の閣僚
0.0: 27.0: 46 内閣支持率
0.0: 29.0: 7 第2次安倍政権の内閣支持率の推移
0.0: 29.0: 55 第2次安倍政権以降の政党支持率の推移
0.0: 32.0: 41 民進党
0.0: 38.0: 4 トヨタ自動車
0.0: 42.0: 1 自動車大手の世界販売台数
0.0: 42.0: 24 英自動車規制
0.0: 45.0: 10 電気/プラグインハイブリッド自動車の市場規模
0.0: 46.0: 45 日本電産
0.0: 47.0: 19 日本電産の業績推移
0.0: 47.0: 29 日本電産のセグメント別の売上高推移
0.0: 47.0: 42 電気自動車に必要な部品と主な供給企業
0.0: 49.0: 23 独ディーゼル車規制
0.0: 51.0: 39 日産自動車
0.0: 52.0: 55 中国自動車大手
0.0: 53.0: 48 中国のメーカー別自動車販売台数
0.0: 55.0: 42 韓国・現代自動車
0.0: 57.0: 53 ソフトバンクグループ
0.0: 59.0: 30 米ウーバーテクノロジーズ
1.0: 2.0: 26 三菱商事
1.0: 4.0: 4 韓国LGディスプレー
1.0: 4.0: 57 エールフランスKLM
1.0: 5.0: 35 スカイチームの提携関係
1.0: 8.0: 21 RTOCS
1.0: 9.0: 3 会社概要
1.0: 9.0: 40 システムインテグレーターのビジネスモデル
1.0: 10.0: 29 世界ITサービスベンダー売上高TOP10
1.0: 11.0: 0 国内ITサービスベンダーシェアTOP5
1.0: 11.0: 12 国内ITサービス業種別シェア
1.0: 11.0: 44 【参考】NTTデータの代表的な金融・決済システム
1.0: 12.0: 59 NTTデータの連結売上高
1.0: 13.0: 20 NTTデータの主なM&A~国内~
1.0: 13.0: 53 NTTデータの主なM&A~海外~
1.0: 14.0: 17 NTTデータのグローバル体制
1.0: 14.0: 43 NTTデータの営業利益
1.0: 15.0: 1 NTTのグループ構成
1.0: 16.0: 2 Dimension data社の業績
1.0: 16.0: 37 NTTデータの海外M&Aの問題点
1.0: 17.0: 3 NTTデータを取り巻く競争環境
1.0: 18.0: 19 NTTデータの課題および方向性(案)
1.0: 22.0: 44 中国テンセント
1.0: 28.0: 8 世界大学ランキング
1.0: 36.0: 34 ギリシャ国債
1.0: 37.0: 15 参考:ギリシャ10年債の利回り推移
1.0: 37.0: 57 米株式市場
1.0: 39.0: 36 スリランカ情勢
1.0: 40.0: 48 近年の中国企業による海外港湾への進出例
1.0: 43.0: 39 米中朝関係
1.0: 45.0: 27 米ティラーソン国務長官
1.0: 46.0: 55 米ロ関係
1.0: 48.0: 20 対ロシア制裁強化法の主な内容
1.0: 48.0: 32 プーチン大統領に対する信任度
1.0: 48.0: 40 ロシア政府に対する信任度
1.0: 49.0: 4 ロシアの経済事情
1.0: 49.0: 17 原油価格・WTI先物の推移
1.0: 52.0: 29 ロシアゲート問題
1.0: 53.0: 17 米トランプ政権
1.0: 54.0: 20 KDDI
1.0: 55.0: 3 ソラコム
1.0: 55.0: 45 ディー・エヌ・エー
1.0: 56.0: 18 DeNAのセグメント別業績
1.0: 57.0: 17 インドネシア高速鉄道
1.0: 57.0: 41 ジャカルタ・バンドン間の位置関係
1.0: 58.0: 24 鴻海精密工業
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)