ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
稼ぐ力のその中身 > 稼ぐ力のその中身 09

稼ぐ力のその中身 対談
ゲスト:マニヤン麻里子氏(株式会社TPO 代表取締役)


概要:
情報技術が飛躍的に進歩し、スマホ一つで何でもできるようになった反面、テクノロジー主体の問題解決は、便利さ故、かえって難事を生み出してしまうことも事実だ。本講義のゲストである株式会社TPO代表取締役、マニヤン麻里子氏は、技術革新の裏にあるヒューマン的な部分に注目し、コーポレートコンシェルジュという日本初のサービスを提供。競争戦略から見ても、政府推奨の働き方改革に沿ったライフワークを追求するビジネスであり、講師との対談から、他社との圧倒的な違いをつくる戦略の中身を探っていく。
株式会社TPOのコンシェルジュサービスとは、企業内にコンシェルジュが常駐し、従業員のプライベート回りをフォローするビジネスだ。相談内容は、例えば子育てのこと、子どもの学校関係、介護の悩み等、多岐にわたり、一緒に問題点を探りながら解決のステップを踏んでいく。サービスの質を決めるのは常駐者のクオリティーが大きく、彼らは過去にアスリートやデザイナー、カウンセラー、受験等、多様な経験を持つ。まず対面で相談を受け、バックオフィスにいるリサーチスペシャリストがそれぞれの専門性において調査し、相談者へ返していくという体制で、リサーチャーは国内だけでなく、海外にも拠点がある。本ビジネスの利点は、第一にアナログであること。顔を見て話すことにより、従業員に安心感や信頼感が生まれる。常駐させる企業側にとっても、新しいワークスタイルの提供として人材確保や定着率に役立つだろうと、講師は分析する。ターゲットは大企業の他、不動産もあり、オフィスビルの共用サービスという新しいかたちが期待される。

マニヤン氏はフランスでの生活の中で、コンシェルジュサービスの知見があった。加えて、自身が働きながら子育てをする際、壮絶な日々を経験し、一つでも何か頼める人がいたらと痛感し、日本でもコンシェルジュの必要性を感じたという。社会が無機質になって行く中、こういうサービスを求める人は各方面に存在すると講師も同意。コミュニティーとして会社を見直すきっかけにもなるだろうと説明する。経営方針のポイントは、リリース・リチャージ・エンゲージの3点。リリースは既に提供している心理的安定のサービス、リチャージは美容や健康面等、精神面プラス肉体的にも充電することで、エンゲージは人と有機的につながることだ。人間的な部分にフォーカスしてわくわくする社会をつくることが目標だと、マニヤン氏は話す。講師は、競争戦略では裏張りということで、光が当たる裏側に実は多くの需要があり、ビジネスストーリーとして意義深いと結んだ。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 稼ぐ力のその中身 対談
00: 02: 49 代表略歴
00: 03: 37 会社概要
00: 09: 48 パーソナルコンシェルジュとユーザーはこんなコミュニケーションを取っています。
00: 15: 04 人を活かすための “有機的なスペースブランディング”
00: 15: 11 人間らしい毎日のための パーソナルコンシェルジュサービス
00: 19: 31 TPOの資産であり、大きな武器は外でもない、コンシェルジュたちのスペシャリティです。
00: 19: 41 コンシェルジュと事例のご紹介
00: 20: 20 サービスモデル
00: 21: 15 海外にもいるリサーチスペシャリスト
00: 25: 08 【再掲】サービスモデル
00: 27: 01 企業はソリューションを求めています
00: 27: 47 働きかた改革と企業の問題意識
00: 31: 39 海外におけるコーポレート・コンシェルジュ
00: 32: 40 【再掲】代表略歴
00: 37: 12 家の外に、なんでも頼れる“誰か”はいますか?
00: 41: 19 YourConcierge for New Curiosity & Inspiration
00: 41: 25 あたらしいハッピーに出会うための “きっかけワークショップ”
00: 52: 52 New Happiness を生み出す要素とは
00: 54: 34 TPOのビジョン
00: 56: 32 資料2
講師紹介: 楠木 建(くすのき けん)
一橋ビジネススクール 教授
専攻はイノベーションのマネジメント。新しいものを生み出す組織や戦略について研究している。とくにコンセプトを創造する組織やリーダーシップに関心をもっている。一橋大学大学院商学研究科博士課程修了(1992)。一橋大学商学部専任講師(1992)、同大学同学部およびイノベーション研究センター助教授(1996)を経て、2000年から現職。
主な著書に『Managing Industrial Knowledge』(共著・Sage 2001)、『ビジネス・アーキテクチャ』(共著・有斐閣 2001)、『知識とイノベーション』(共著・東洋経済新報社 2001)など。論文多数。

『楠木 建』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:小川 りかこ

Copyright(c)