ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
PDCAプロフェッショナル > PDCAプロフェッショナル 04

あなたの会社のPDCAは、なぜ、機能しないのか


概要:
多くの経営論で共通して説かれ、事業推進にはPDCAが重要であると企業に認識されているにもかかわらず、往々にして機能していない原因はどこにあるのか。講師の稲田氏は、推進役のドライバーたるマネジメントやマネジャーが主体的にPDCAを回していくことが最重要という本質的理解が欠けている点に原因があると強調する。現状分析を伴った初期仮説すらない経営がいかに多いかを物語っているといえる。部下に「やっておけ」と丸投げし、マネジャーがなすべきことを放棄してしまってはPDCAが回るはずがない。
稲田氏は、回らないPDCAを「どんぶり」「丸投げ」「なんちゃって」と分かりやすい表現で類型化する。「どんぶり」は、例えば、売上高を伸ばすために思い付きで海外進出を果たすも失敗、戦略自体がないために反省も分析もできず、「海外進出はわが社に合わない」などと飛躍した結論に至ってしまうようなことをいう。「丸投げ」は言葉どおり、部下に指示だけして結果を報告させるもので、業績数字のみを追った結果、子会社に在庫が積み上がっただけという事態も起こり得る。「なんちゃって」は、表面上はPDCAが回っているかのように装っていても、中身はマネジャーやマネジメントの思惑や保身が絡まり合い、その企業にとって最も重要なビジネス目標が失われているような状態である。

真言宗の開祖空海は、妻帯も認めない禁欲的な仏教の教えに、誰もが持つ欲望を受け入れることを説く一方、阿弥陀如来の化身として全てを優しく包み込む観音菩薩に加え、煩悩の暴走を鬼の形相で厳しく断つ不動明王を仏像化、節度ある行動を求めた。経営も同様に、部下を信頼して任せる部分と、経営管理層が意志を持ってプロセス管理する部分のバランスが大切である。セブン&アイ・ホールディングス元会長鈴木敏文氏は、イトーヨーカ堂の業務改革を進める任を担う経営政策室の室長をずっと兼任した。 「業革会議」で毎週発表される改革戦略に経営目線を入れることに注力したからだ。

PDCAは経営層自らが取り組む姿勢を示さないと機能しない。C(評価)段階でよく参考にされるのはKPI(重要業績評価指標)であるが、その際はPDCAサイクルを回すための管理ポイントを明確にしておきたい。マネジャーの個人評価と一致せず、全社最適という見地から外れる事態になる可能性もあるからで、KPIは運用面において注意を要する。何を達成するためのPDCAなのかを経営トップ層やマネジャーがしっかりとイメージした上で業務定義を行い、初期仮説を基に戦略を構築することで初めてPDCAが回り始めると認識しておきたい。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 あなたの会社のPDCAは、なぜ、機能しないのか
0.0: 1.0: 8 第4回 なぜ、PDCAが廻らないのか
0.0: 1.0: 25 PDCAプロフェッショナル
0.0: 1.0: 29 今、日本企業によくあるPDCAの実態…
0.0: 2.0: 1 「どんぶりPDCA」
0.0: 4.0: 20 組織で廻すPDCAにおけるPの作法(1)
0.0: 4.0: 41 組織で廻すPDCAにおけるPの作法(2)
0.0: 8.0: 29 「丸投げPDCA」
0.0: 14.0: 24 「なーんちゃってPDCA」
0.0: 16.0: 58 これらが起きる原因
0.0: 17.0: 52 人間に対する考え方
0.0: 27.0: 31 資料
0.0: 30.0: 38 空海と仏像
0.0: 33.0: 31 Cから次のPを確認する場である報告会
0.0: 35.0: 1 組織で廻すPDCAにおけるPの作法
0.0: 37.0: 11 PDCAは上位者(ドライバー)の意志を反映して、回されるもの
0.0: 41.0: 8 ドライバーたる上長とPDCAを廻す担当者
0.0: 47.0: 42 MDの事例
0.0: 51.0: 51 前回の課題
0.0: 54.0: 37 まとめ
0.0: 56.0: 13 次回までの課題
講師紹介: 稲田 将人(いなだ まさと)


『稲田 将人』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:西野 七海

Copyright(c)