ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
PDCAプロフェッショナル > PDCAプロフェッショナル 01

なぜ、企業や組織にはPDCAが必須なのか


概要:
企業は黎明期を乗り越え成長期を迎えた後に低迷期に突入してしまうのが一般的な流れだ。主な原因はPDCA(Plan・Do・Check・Action)というマネジメントサイクルの精度が甘くなり、やがて全く回らなくなってしまう点にある。事業拡大に伴って大きくなった組織において、創業当時は限られた人員で個々に回されていたPDCAを、いかに自分たちのものとして言語化していくかが企業発展を左右する。大組織にありがちな減点主義に陥らず、リスクを負って挑戦しながら絶え間なく戦略修正を繰り返す方法論について考察する。
講師の稲田将人氏は、早稲田大学大学院理工学研究科および米コロンビア大学大学院コンピューターサイエンス科を修了後、株式会社豊田自動織機に勤務。マッキンゼーアンドカンパニー、株式会社卑弥呼、株式会社アオキインターナショナル(現Aoki HD)、日本コカ・コーラ株式会社等の代表取締役、役員、事業責任者として売上回復・収益強化などの企業改革を担当。PDCAを回しながら企業が発展するための体制や企業内文化づくりを数多く担った後、株式会社RE-Engineering Partnersを設立、代表取締役に就任して現在に至る。著書は『PDCAプロフェッショナル』『戦略参謀』『経営参謀』など多数。
PDCAの歴史を振り返ると、米ベル研究所のシューハート博士が製造業の品質管理と工程改善として打ち立てた理論を、デミング博士が日本の産業界に応用・展開したことが知られている。従来のPDS(Plan・Do・See)にA(工程改善)を加えた管理手法はデミングサイクルと呼ばれ、1970年代から80年代にかけての日本の製造業大躍進に寄与した。
稲田氏は、戦略を実践に導く力としてPDCAは全ての企業に欠かせない基盤であると説く。一般的に企業は、設立直後の黎明期は数少ない人員と資金をフル活用して高速にPDCAを回す。やがて成長路線に入り、経験則から打つ手が次々と成功して業績が拡大するうちに、市場変化への検証がおろそかになり、慢心が巣くい始めてくる。PDCAが現状と乖離すれば既存の顧客離反を招いて業容は延びず組織は停滞、減点主義がはびこる。業績向上に必要な経費も削ってしまったり、思い付きのように「新戦略」を打ち出したりしても改善せず長期低迷へと向かう。重要なのは、会社発展に伴い、PDCAを個人のものから組織のものへ昇華させることであり、感覚的なものを言語化して血肉化できるかにかかっている。過信は禁物だ。企業戦略は初期仮説にすぎず、市場分析から修正を加え続けることが欠かせない。PDCAを回し挑戦を重ねて初めて企業は継続的に成長できる。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 なぜ、企業や組織にはPDCAが必須なのか
0.0: 0.0: 41 講師プロフィール
0.0: 1.0: 34 著書
0.0: 1.0: 52 PDCAプロフェッショナル
0.0: 3.0: 30 PDCAサイクル
0.0: 15.0: 40 プラン・ドゥ・シー(PDS、「仮説と検証」)と、
0.0: 17.0: 30 1.PDCAの成り立ち…79-80年代の日本企業の大躍進を実現したPDCA
0.0: 17.0: 57 PDCAの歴史
0.0: 31.0: 34 企業経営の2大要素:戦略+実践力
0.0: 32.0: 52 2.なぜ、企業運営においてPDCAが重要なのか
0.0: 33.0: 11 企業盛衰の典型的なかたち
0.0: 33.0: 20 企業成長のS字カーブ
0.0: 33.0: 53 企業成長のS字カーブ:黎明期
0.0: 35.0: 2 企業成長のS字カーブ:成長期(前期)
0.0: 36.0: 14 企業成長のS字カーブ:成長期(後期)
0.0: 39.0: 59 企業成長のS字カーブ:「成長の踊場」を迎える
0.0: 42.0: 52 資料(1)
0.0: 48.0: 42 企業成長のS字カーブ…長期化する低迷期では
0.0: 50.0: 11 企業成長のS字カーブ
0.0: 50.0: 44 硬く表現すると…
0.0: 51.0: 16 個人のPDCAから、組織のPDCAへの進化を行えなかった
0.0: 51.0: 49 「PDCAを廻す」=
0.0: 52.0: 18 つまり…
0.0: 52.0: 39 資料(2)
0.0: 53.0: 47 一般的に、本業において、戦略が求められるタイミング
0.0: 55.0: 21 企業成長を押し上げる力
0.0: 55.0: 37 【再掲】企業経営の2大要素:戦略+実践力
0.0: 55.0: 57 まとめ
0.0: 58.0: 0 第2回に向けた課題
講師紹介: 稲田 将人(いなだ まさと)


『稲田 将人』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:西野 七海

Copyright(c)