ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一アワー > 大前研一アワー 398

【向研会】社内起業家を生み出す経営
~いま一番必要なイントラプレナーを生み出す仕組みとは~


概要:
社内起業家(イントラプレナー)は、企業内において新規ビジネスを立ち上げる責務を負うことができる起業家精神を持った人材であり、大企業が社内の革新力を高めるために注目する。彼らが生まれないのは、①リスクを避ける傾向の人材を採用し(学歴偏重主義の弊害)、②いままで新しい事業を生み出すための仕掛けづくりに本格的に取り組んでこなかったところに原因がある。本番組では、社内起業家を育てている企業の先例を多数検証し、いま一番必要なイントラプレナーを生み出す仕組みを提示する。
現代はデジタルディスラプションの時代、これまでの「成功の方程式」がまったく通用しなくなり、大企業といえども新しい事業を産み出さないと淘汰される危険が付きまとう。企業は、全社員が危機感を持って変化の兆しを捉え、新規事業を創造する「イントラプレナー」へと生まれ変わることが求められている。
かつての日本企業には、自由闊達にして愉快なる理想工場のソニー、ワイガヤ文化のホンダ、やってみなはれで背中を押ししたサントリーなど、新規事業ができる企業カルチャーと、とがった人材が揃っていた。イントラプレナーを育てるためには、経営者のコミットメント、新規事業を加速する制度整備、社員へのイントラプレナー教育が必要だ。
38歳定年制を採るリクルートホールディングスは、「社員皆経営者主義」の社風のもと、常に新規事業を提示しながら成長しており、紙媒体の時代を経て、現在はネットとエンジニアの会社へと急激に変化している。創業66年で倉庫業界中堅の寺田倉庫は、自社のリソースを棚卸しすることで新規事業につながる「宝」を見つけ出し、次々と世間を驚かせるサービスを提供している。ひと箱毎月250円で倉庫に預けた荷物をクラウド管理できる「minikura(ミニクラ)」や、ワインをクラウド管理する「CLOUD WINE CELLAR」などの事業がその一例だ。新規事業の立ち上げを経験することでイントラプレナーが育ち、次の事業を産み出す環境サイクルができつつある。
企業には、まずイントラプレナーの成功事例をつくり、社内での取り組みに「初速」をつけ、動き始めてから仕組みの整備に取り掛かるスピード感が必要だ。成功事例により、組織には「こういうものか」という共通認識、社員には「ここまでやらせてくれるのか」という期待、経営陣には「こうやればいいのか」という自信が生まれる。日本企業は、成功事例を足掛かりに、イントラプレナー産出経営で飛躍していただきたい。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 社内起業家を生み出す経営 ~いま一番必要なイントラプレナーを生み出す仕組みとは~
00: 02: 42 1.なぜいまイントラプレナー(社内起業家)が必要なのか?(1)
00: 05: 24 1.なぜいまイントラプレナー(社内起業家)が必要なのか?(2)
00: 07: 44 2.新規事業を生み出せない日本企業の課題(1)
00: 09: 48 2.新規事業を生み出せない日本企業の課題(2)
00: 11: 33 2.新規事業を生み出せない日本企業の課題(3)
00: 12: 51 2.新規事業を生み出せない日本企業の課題(4)
00: 20: 21 2.新規事業を生み出せない日本企業の課題(5)
00: 23: 52 2.新規事業を生み出せない日本企業の課題(6)
00: 24: 41 3.イントラプレナー輩出企業の事例(リクルートホールディングス)(1)
00: 25: 11 3.イントラプレナー輩出企業の事例(リクルートホールディングス)(2)
00: 25: 58 3.イントラプレナー輩出企業の事例(リクルートホールディングス)(3)
00: 27: 12 3.イントラプレナー輩出企業の事例(サイバーエージェント)(1)
00: 28: 19 3.イントラプレナー輩出企業の事例(サイバーエージェント)(2)
00: 31: 06 3.イントラプレナー輩出企業の事例(サイバーエージェント)(3)
00: 32: 20 3.イントラプレナー輩出企業の事例(寺田倉庫)
00: 35: 30 3.イントラプレナー輩出企業の事例(ソニー)
00: 36: 19 3.イントラプレナー輩出企業の事例(ソフトバンク)
00: 37: 18 3.イントラプレナー輩出企業の事例(日本交通)
00: 39: 27 3.イントラプレナー輩出企業の事例(シスコシステムズ)
00: 40: 59 3.イントラプレナー輩出企業の事例(Adobe)
00: 43: 27 3.イントラプレナー輩出企業の事例(GE)
00: 46: 55 3.イントラプレナー輩出企業の事例(シンガポール)
00: 47: 30 4.企業の中で新規事業を創出する方法とは?(1)
00: 48: 16 4.企業の中で新規事業を創出する方法とは?(2)
00: 49: 14 5.イントラプレナーを生み出す経営とは?(1)
00: 49: 55 5.イントラプレナーを生み出す経営とは?(2)
00: 53: 11 5.イントラプレナーを生み出す経営とは?(3)
00: 53: 50 5.イントラプレナーを生み出す経営とは?(4)
00: 54: 50 6.企業はどうすればよいのか?
00: 58: 07 <演習課題>
00: 58: 13 成功事例を作り、社内での取り組みに「初速」をつけることが重要
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索

Copyright(c)