ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
社会変革型リーダーの構想力 > 社会変革型リーダーの構想力 14

社会変革型リーダーの構想力 対談
ゲスト:上田 渉氏(株式会社オトバンク 代表取締役会長)


概要:
本は読むもの、読むことができる人だけのものという常識を破り、日本に「本を聴く文化」を定着させようと動く人がいる。視覚障害者や読字困難の方はもとより、大勢の人々が混んだ通勤電車の中やウオーキングなどの耳が空いている時間を利用して、スマートフォン等の身近なデバイスで話題の啓発書やベストセラー小説を手軽に楽しむことができれば、より世界が広がるだろう。
今回は株式会社オトバンク創業者の上田氏をゲストに迎え、事業設立に至った経緯や独自の構想力について伺っていく。
上田氏は、東京大学経済学部経営学科に入学も、7年在籍の後に中退。在学中から複数のNPOやIT企業の創立・運営を経て、2004年オトバンクを創業。出版各社協力の下「本を聴く文化」を浸透させるべく奔走している。著書に『脳が良くなる耳勉強法』等がある。
原点は緑内障で視力を失った本好きな祖父の寂しそうな姿。目の不自由な方に朗読を提供する活動を通して朗読普及率の低さを知り、晴眼者も、そうでない人も楽しめる聴く文化を広めようと考え至る。当初は死蔵音源を有効活用することで不良資産を優良化する音の銀行だったが、法律の壁が立ちはだかり断念。流通する書籍の音声化に活路を見いだした。
著作権者から許諾を得て制作されるオーディオブックには、ナレーターが読む『7つの習慣』などのビジネス書から、声優によってドラマ仕立てになった文芸書やアニメ、ゲーム等がある。ダウンロード購入先のオンライン書店FeBeは現在1万9千作品を配信。19万人の会員数はスマートフォンの普及に伴い右肩上がりとなっている。OTOCAカードやゲームグッズで若者へも訴求、実書籍とのセット販売など多層に展開している。
構想力を高めるには、我慢をしないこと。現状を見て自己規制をかけずに、ビジョンは制約を取り払って描き、固まった後で制限をどう突破するか考える。教育の現場改革を目指して頓挫したNPOや、活動資金づくりを手掛けて分裂したIT企業などの失敗から学んだのは「ロマン・ソロバンの原則」。社会問題を解決するモデルは、ロマン(夢)とソロバン(資金)がうまくバランスしないと継続できない。「本を聴く文化」を障害者向けのものとせず、読む文化と並列してビジネス展開することで普及を図っている。上田氏が尊敬する作家はミヒャエル・エンデ。児童書『モモ』に出てくる道路掃除夫のベッポじいさんは教える、遠大な目標でも一歩一歩着実に進めば達成できるんだと。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 社会変革型リーダーの構想力 対談
0.0: 1.0: 3 社会変革型リーダーとは?
0.0: 2.0: 51 上田渉 プロフィール
0.0: 19.0: 56 オトバンクの事業概要
0.0: 20.0: 26 オーディオブックとは?
0.0: 21.0: 10 オーディオブックの利用シーン
0.0: 24.0: 29 聞いてみて下さい!
0.0: 27.0: 46 オトバンクのオーディオブック事業に関して
0.0: 28.0: 21 日本最大のオーディオブックオンライン書店FeBe
0.0: 28.0: 48 FeBeサービスの会員者数
0.0: 29.0: 36 FeBeでは19,000作品を配信中
0.0: 33.0: 16 オーディオブックダウンロードカード OTOCA
0.0: 33.0: 30 OTOCA事例 『Wake Up,Girls!』
0.0: 33.0: 50 OTOCA事例②『グランブルファンタジー』
0.0: 34.0: 10 OTOCA事例③『完訳7つの習慣』
0.0: 58.0: 46 ズバリ、あなたにとっての構想力とは?
講師紹介: 朝比奈 一郎(あさひな いちろう)


『朝比奈 一郎』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:小川 りかこ

Copyright(c)