ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 859

<国際情勢>トランプ氏側近・バノン氏に発言力 政策を左右、省庁も無視
< 経 済 > 中国企業、外国土地を次々「借り上げ」 治外法権要請も
<ビジネス>まさに「神管理」…島根・足立美術館14年連続1位に 米国の日本庭園専門誌


概要:
*米国入国制限/15州とワシントンの司法長官が大統領令非難の共同声明。ワシントン州連邦地裁が入国制限措置の一時差し止め命令
*米国移民政策/サンフランシスコ市がサンクチュアリ・シティーへ連邦交付金削減で提訴
*米豪関係/トランプ大統領が豪ターンブル首相との電話会談で爆弾犯を米国に輸出しようとしていると暴言
*米トランプ政権/スティーブ・バノン氏を国家安全保障会議の常任メンバーに。米上院委がセッションズ司法長官を承認
*米国小売業界/小売業の雇用をリスクにさらし、消費者に20%も高く払わせると国境税反対の声明を発表
*米国金融政策/トランプ大統領が金融規制抜本見直しの大統領令に署名。安定重視から経済活動支援へ転換
*為替政策/トランプ大統領が日本の為替政策を批判。日本や中国が通貨安誘導と批判
*TPP/米国通商代表部が離脱を参加国に正式伝達 。ピーター・ナバロ氏が日本や豪州などと2国間貿易交渉へ
*米国自動車市場/消費者に最も長く保有される車ランキングで日本車がトップ10を独占。1位は「トヨタ」ハイランダー・ハイブリッド
*日米関係/日米首脳会談で包括的政策パッケージの提示を検討。安倍首相がエアフォースワンに同乗しフロリダ州パームビーチに移動で調整
*米英関係/EU加盟と米国との特別な関係が過去40年間の英外交の柱。ブレグジットにとって大惨事
*米イラン関係/弾道ミサイル発射実験でトランプ政権がイランへの追加制裁を発表
*トランプ節/比喩や独特表現が多く翻訳は至難の業でそのまま訳すと意味通じず
*イタリア情勢/国債売りが再燃。選挙制度改正や総選挙意識で国債利回りが高水準に
*<Realtime On-line Case Study>「横須賀市の吉田雄人市長」だったら、転出超過自治体ワーストワンを受けて立ち上げたヨコスカバレー構想をどのように成長させるか?
*中国情勢/中国港湾がスリランカ周辺の主要港と土地を99年間借り上げ
*韓国・潘基文氏/韓国大統領選への出馬を断念。裏金疑惑などの報道を批判
*ミャンマー情勢/NLDコー・ニー法律顧問がヤンゴンの空港で射殺。北部で軍と武装勢力が衝突、数千人が避難
*ロヒンギャ問題/バングラ政府当局者がロヒンギャ難民数千人を無人島へ移送計画
*PKO/安倍首相が南スーダンで自衛隊員死傷なら辞任を覚悟。駆け付け警護など新たな任務を付与
*東電HD/政府が特別事業計画の変更を認定。賠償額見通しは8兆3664億円で7078億円を積み増し
*福島第一原発/2号機圧力容器の下に高放射線量の場所。毎時530シーベルトで人が1分で死亡の線量
*柏崎刈羽原発/新潟県、柏崎市、刈羽村で異なる主張の候補が当選。柏崎刈羽の電力は首都圏向けで県民に不安と不満
*高齢者運転事故/2020年までに自動運転車を普及させ世界へアピールしたいとの政府の目論見
*三菱航空機/森本浩通社長が退任へ。後任は「三菱重工」の水谷和久・常務執行役員で防衛・宇宙事業のトップ
ブレグジットにとって大惨事 大統領令に署名
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#859
0.0: 31.0: 20 米入国制限
0.0: 34.0: 19 米国の労働者数の推移
0.0: 36.0: 8 米移民政策
0.0: 37.0: 45 米豪関係
0.0: 49.0: 39 米トランプ政権
0.0: 49.0: 58 スティーブ・バノン氏
0.0: 52.0: 21 ジェフ・セッションズ氏
0.0: 55.0: 2 米小売業界
0.0: 55.0: 54 米金融政策
0.0: 56.0: 44 ダウ平均の推移
0.0: 57.0: 50 為替政策
1.0: 2.0: 41 TPP
1.0: 5.0: 48 米自動車市場
1.0: 6.0: 30 米国での長期保有割合が高い自動車10モデル
1.0: 7.0: 54 日米関係
1.0: 8.0: 37 日米安保
1.0: 15.0: 23 米英関係
1.0: 16.0: 8 英国の輸出相手国
1.0: 16.0: 50 米イラン関係
1.0: 19.0: 44 トランプ節
1.0: 21.0: 54 イタリア情勢
1.0: 23.0: 56 イタリア10年債の利回り推移
1.0: 24.0: 1 欧州主要国の不良債権比率
1.0: 24.0: 28 RTOCS
1.0: 25.0: 21 神奈川県横須賀市の概要
1.0: 25.0: 50 横須賀市の位置
1.0: 26.0: 9 横須賀市へのアクセス
1.0: 27.0: 10 神奈川県市郡の人口増減率
1.0: 27.0: 32 横須賀市の人口推移
1.0: 27.0: 39 横須賀市の人口増減数
1.0: 28.0: 3 京浜急行沿線自治体の将来人口増減率
1.0: 28.0: 25 神奈川県内の転入超過地域
1.0: 29.0: 1 横須賀市と藤沢市の人口増減要因の比較
1.0: 29.0: 35 ヨコスカバレー構想
1.0: 30.0: 58 横須賀市の課題と方向性(案)
1.0: 36.0: 28 日本庭園
1.0: 36.0: 47 足立美術館の日本庭園
1.0: 37.0: 4 紅い蓮が湖一面に咲き誇る「タレーブアデーン」
1.0: 38.0: 10 ノルウェー情勢
1.0: 41.0: 57 中国情勢
1.0: 42.0: 42 スリランカ概況
1.0: 43.0: 1 近年の中国企業による海外港湾への進出例
1.0: 44.0: 35 韓国・潘基文氏
1.0: 46.0: 15 ミャンマー情勢
1.0: 47.0: 51 ロヒンギャ問題
1.0: 49.0: 29 フィリピン情勢
1.0: 51.0: 6 PKO
1.0: 52.0: 25 東電HD
1.0: 54.0: 47 福島第一原発
1.0: 57.0: 5 柏崎刈羽原発
1.0: 57.0: 37 高齢者運転事故
1.0: 58.0: 4 運転者の年齢層別の死亡事故件数の推移
1.0: 58.0: 32 三菱航空機
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)