ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】内田和成のビジネスマインド > 内田和成のビジネスマインド 61

業界を変えたリーダー達 ~ゲームチェンジャーの横顔(6)~
ゲスト:松本恭攝氏(ラクスル株式会社 代表取締役)


概要:
印刷業を営む企業が保有する機械の稼働率は平均で4割ぐらいだという。この現状の仕組みを変え、圧倒的供給量に比して少ない需要量をネット技術によってマッチングさせるビジネスモデルを確立したラクスル株式会社代表取締役の松本恭攝氏を招く。氏は非効率な業界構造に風穴を開けると同時に小ロットでも発注可能にすることで新規需要も産み出した。何階層もの下請けが連なって高コスト体質になっている運送分野でも荷主と中小事業者を直接結びつけるネットワークづくりを推進、同社は産業の枠組みの革新に挑み続ける。
松本氏は1984年富山県生まれ。2008年に慶應義塾大学卒業後、外資系コンサルティング会社であるA.T.カーニーに入社。クライアント企業のコスト削減プロジェクトに携わる中、印刷費が最もコスト削減率が高いことを発見。市場規模約6兆円の印刷業界が非効率なままになっている仕組みを変えるべく2009年9月、25歳の若さでラクスル株式会社を設立。Forbes Japan Entrepreneur Awardで2016年に2位、2017年に3位に選出される。
松本氏には、大学時代に強烈な原体験があった。サークル活動として日本・中国・韓国3国による新発想のビジネスコンテストを開催しようと奔走した際、多くの権威ある指導者からは否定的コメントしか得られなかった。それでも氏は趣旨を丁寧な言葉で訴え続けた結果、多数の賛同者が参集したことから言語の持つ力を強く再認識、ラスクル設立時、まずは「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」というビジョンを掲げた。印刷業界の事業所数は約2万社を数え、受発注のネット化はほとんど進んでいない。同業界は細かなニーズに対応して多様化が進み、機械設備過多となって稼働率は半分以下に低迷。ラクスルは、大量発注で仕入れ値を下げた紙を中小事業者に供給、資本効率改善のアドバイスも行う一方で、ネットを通じて受注を整理して発注することで稼働率向上につなげた。小ロット発注が可能になったことで新規需要も発掘できていることは、同社の受注案件単価の約7割は1万円以下であることからも分かる。関連業務で始めたチラシ新聞折り込みやポスティングも地域密着の小店舗業者に好評だ。
同社は2015年、14兆円の市場規模で6万の事業者があるトラック運送業界においても新しい仕組みをネット上で構築する。大規模業者が下請けや孫請けなど何階層にもアナログ的に仕事が委託され、意外にも時間帯によって中小トラック業者に余裕が生じている点に注目した。今後も、需要と供給のミスマッチをIT技術を駆使して整理・集約し、余剰資源活用を追求し続ける同社の姿勢は不変だ。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 業界を変えたリーダー達 ゲームチェンジャーの横顔(6)
0.0: 0.0: 55 業界を変えたリーダー達 ゲームチェンジャーの横顔(6)
0.0: 1.0: 21 ゲストプロフィール
0.0: 2.0: 19 RakSuL
0.0: 2.0: 39 会社概要
0.0: 3.0: 34 ファブレス型印刷EC 「ラクスル」
0.0: 9.0: 39 資料(1)
0.0: 9.0: 59 資料(2)
0.0: 15.0: 34 供給サイド:ファブレスによる柔軟な供給と高い価格競争力
0.0: 20.0: 50 需要サイド:ファブレスの固定費削減で潜在ニーズを開拓
0.0: 24.0: 18 顧客は商圏の限られた中小・零細企業
0.0: 37.0: 47 “物流のUber”「ハコベル」
0.0: 38.0: 21 物流委託をEC化
0.0: 38.0: 56 ドライバーは仕事を自ら選び、空き時間で実施
0.0: 41.0: 53 多重下請け構造の解消を図る
0.0: 46.0: 59 印刷 / トラック運送の業界構造
0.0: 56.0: 17 ラクスルのビジネスモデル
0.0: 58.0: 5 業界を変えたリーダー達 ゲームチェンジャーの横顔(6)まとめ
講師紹介: 内田 和成(うちだ かずなり)
早稲田大学ビジネススクール 教授
東京大学工学部卒。慶應義塾大学経営学修士(MBA)。日本航空株式会社を経て株式会社ボストン コンサルティング グループ シニア・ヴァイス・プレジデント、現在に至る。
ハイテク企業、情報通信サービス企業を中心に、マーケティング戦略、新規事業戦略、中長期戦略、グローバル戦略策定等のコンサルティングを数多く経験。

『内田 和成』をamazon.co.jpで検索

Copyright(c)