ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】内田和成のビジネスマインド > 内田和成のビジネスマインド 53

業界を変えたリーダー達 ~ゲームチェンジャーの横顔(3)~
ゲスト:上坂優太氏(株式会社Viibar 代表取締役)


概要:
Viibarは、2013年4月に設立された、動画の企画制作から配信まで動画広告を総合的に支援する企業。3千人超の国内外プロ動画クリエーターが登録する動画制作クラウド「Viibar」を運営し、これまで不可能だったクオリティーの高い動画コンテンツを廉価で提供することに成功した。若者のテレビ離れなどによりマス広告の効果が疑問視される中、魅力ある動画をインターネットで配信する動画広告の重要性はますます高まっている。
本番組では、同社代表取締役の上坂氏をお招きし、会社設立に至った経緯、将来予測などを伺う。
上坂氏は、1984年静岡県に生まれる。映画監督を志し、学生時代は映画製作に没頭、卒業後は映像クリエーターとしてTV番組やCMなどの制作に携わる。その後、楽天株式会社に転職し、楽天市場、楽天グループ全体のマーケティングを担当する。動画クリエーティブ領域とインターネット領域、双方の経験を背景に2013年4月、株式会社Viibar(ビーバー)を創業し、クリエーターと発注者を仲介する動画制作クラウド「Viibar」を運営する。
近年、10代から20代の若年層の20%以上の人はテレビを見ておらず、これまでのマス広告の効果が薄れたため、企業は新たな媒体を模索し始めた。一方で、YouTubeなどの動画サイトで提供されるオンライン動画広告は、若者の3~4割程度が毎日視聴する。オンラインビデオ総研の調査によると、オンライン動画広告市場は2020年に2千億円を超える規模に拡大すると予想されている。これからの広告は、個人をターゲットにし、データに基づいた効果分析・フィードバックが可能なオンライン動画広告へと軸足が移動するだろう。
これまでの動画制作は、数千万円以上の費用で最高品質を追及する大手制作会社によるハイエンドのものと、安かろう悪かろうの小規模制作会社によるローエンドのものに2分されていた。Viibarは、今後発展するオンライン動画広告が求める、高品質でリーズナブルなミドルエンドの動画提供を行い、新たな市場を開拓、拡大を続けている。
動画制作クラウド「Viibar」は、審査をパスした優秀なクリエーターとクライアントのマッチングを行う。クリエーターは、適切な対価で仕事を請けることができ、クライアントは、高品質でリーズナブルなコンテンツが素早く入手可能になった。創業3年で累積取引社数は400社を超える。登録プロクリエーターの中には、Viibarだけで年間1千万円を超える仕事をこなす人も現れた。既に後発企業も出ているため競争優位性をいかに確保できるかが課題だが、オンライン動画広告は今後も発展を続ける市場であることは間違いない。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 業界を変えたリーダー達 ゲームチェンジャーの横顔(3)
00: 00: 53 業界を変えたリーダー達 ゲームチェンジャーの横顔(3)
00: 02: 18 ゲストプロフィール
00: 03: 15 会社概要
00: 05: 18 オンライン動画をめぐる環境
00: 05: 23 若年層のテレビ離れ
00: 06: 29 オンライン動画広告をめぐる環境
00: 08: 41 若年層から進行するオンライン動画視聴へのシフト
00: 10: 07 変化する動画広告市場のニーズ
00: 13: 12 動画制作会社の分類とその特徴
00: 17: 44 なぜ、やっているのか?
00: 17: 46 CLIENT
00: 19: 04 CREATOR
00: 21: 57 動画制作の構造的な課題
00: 27: 01 Viibarの仕組み
00: 32: 08 動画マーケティング
00: 41: 21 CLIENTS(1)
00: 41: 40 CLIENTS(2)
00: 42: 33 CASE 1
00: 43: 49 CASE 2
00: 44: 56 CASE 3
00: 46: 13 登録プロクリエイター3000人超
00: 47: 49 CREATOR1
00: 49: 38 CREATOR2
00: 53: 01 CREATOR3
00: 54: 02 Viibar「クリエイティビティの新しい市場をつくる」
00: 54: 49 ビジネスのルールを変える3つの条件
00: 57: 59 業界を変えたリーダー達 ゲームチェンジャーの横顔(3)まとめ
講師紹介: 内田 和成(うちだ かずなり)
早稲田大学ビジネススクール 教授
東京大学工学部卒。慶應義塾大学経営学修士(MBA)。日本航空株式会社を経て株式会社ボストン コンサルティング グループ シニア・ヴァイス・プレジデント、現在に至る。
ハイテク企業、情報通信サービス企業を中心に、マーケティング戦略、新規事業戦略、中長期戦略、グローバル戦略策定等のコンサルティングを数多く経験。

『内田 和成』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:坂本安代

Copyright(c)