ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
IoTによる価値創造 > IoTによる価値創造 05

IoTへの取り組み(4)
ゲスト:島田太郎氏(シーメンス株式会社 専務執行役員 デジタル事業本部 プロセス&ドライブ事業本部 事業本部長)


概要:
IoT(Internet of Things:モノのインターネット)とは、産業機械から消費財まで我々の日常を構成しているモノが相互接続するネットワークである。IoTの進化をどのように捉え、価値創造していくのか。今回は、ドイツにおいてIndustrie4.0を推進する代表企業シーメンス株式会社のデジタル事業本部長・専務執行役員の島田太郎氏をゲストに招き、アメリカや日本とは違うIoTの取り組みについて聞く。
シーメンス株式会社は、ドイツに本社を置き、世界で10兆円以上の売り上げ規模を誇る企業である。 同社は、デジタル化への移行が長期における世界的なトレンドであると判断し、未来の製造業を体現するため、2007年頃から50億ユーロ以上の投資をしてきた。買収により、PLMソフトウェア、製造実行システム(MES)などを取得し、自動化技術の総合的なポートフォリオを体系化してきた。
シーメンスが考えるIndustrie4.0とは、グローバルにカバーでき、PLMとMOMと工場自動化が一体で活用できるオープンかつ統合された共有環境を先進のIT技術を活用して高いセキュリティのもとに提供することである。そうすることで、市場へより早く、顧客の好みに合わせた製品をコストミニマムで提供することができるのである。 シーメンスは、IoTの特徴を、汎用技術が専用技術をカバーしていくことであり、様々な業界を超えるものであり、webシステムによる分散かつ共有が実現するものであると考える。 シーメンスが提供するデジタルエンタープライズプラットフォームにより様々なIoT事例が出現しつつある。 例えば、シーメンスの実験工場では、設計から製造までの一貫した連携により99.9988%の良品率を達成した。
ロールスロイス社では、PLMとMESのインテグレーションで市場投入までの時間を30%削減した。 スペインの鉄道会社Renfeでは、列車のダウンタイムを削減し、定時運行率99.9%を達成した。 フォルクスワーゲンでは、プレスラインにおける電力の平準化とシミュレーションにより最大40%のエネルギー節約を果たした。
シーメンスにとって今後のチャレンジは、他社との広い連携体制を作ること、および汎用品を受け入れる文化と教育とガバナンスを顧客に啓蒙していくことである。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 シーメンスが進めるデジタルエンタープライズ
0.0: 0.0: 55 IoTによる価値創造
0.0: 2.0: 54 プロフィール
0.0: 3.0: 43 2015年度の概況
0.0: 5.0: 9 シーメンスが考える未来
0.0: 9.0: 14 シーメンスの事業ポートフォリオの入れ替え
0.0: 10.0: 21 シーメンスの戦略:未来の製造業を体現 買収による体系的なポートフォリオ拡大の歴史
0.0: 12.0: 16 シーメンスの工場自動化コンセプト
0.0: 14.0: 9 日本の課題とは何か?(1)
0.0: 15.0: 40 日本の課題とは何か?(2)
0.0: 19.0: 5 Industrie 4.0が必要な理由
0.0: 21.0: 12 シーメンスの戦略 デジタルエンタープライズの提供(1)
0.0: 21.0: 30 シーメンスの戦略 デジタルエンタープライズの提供(2)
0.0: 21.0: 51 シーメンスの戦略 デジタルエンタープライズの提供(3)
0.0: 22.0: 38 デジタルエンタープライズプラットフォーム PLM、MOMと統合自動化
0.0: 23.0: 44 デジタルエンタープライズ シーメンスが考える “Industrie 4.0” の姿
0.0: 26.0: 9 IoTとは何か? どうあるべきか?
0.0: 29.0: 52 Today 18 product variations
0.0: 30.0: 25 In the future 56,000 product variations
0.0: 30.0: 50 資料(1)
0.0: 31.0: 13 資料(2)
0.0: 31.0: 57 Automation Designer メカ、電気、ソフトウェア開発の統合環境
0.0: 32.0: 27 Siemens: デジタルエンタープライズの実験場 アンバーグ
0.0: 34.0: 36 バーチャルとリアルの世界の融合: ロールス・ロイス PLMとMESのインテグレーション
0.0: 38.0: 20 プロセス参考例
0.0: 38.0: 52 Siemens Amberg 工場 設計から製造までの一貫した連携
0.0: 39.0: 13 お客様にリアルで定量的なインパクトをもたらす「Synalitics(シナリティクス)」外部の専門家からも評価
0.0: 40.0: 54 シーメンスはSAP HANAの技術に基づいて、産業界の顧客のためのオープンな…
0.0: 44.0: 4 業界標準を活用した、簡便かつ高セキュリティのデータ収集を可能にする MindSphere Nano
0.0: 44.0: 26 Plant Data Cockpit
0.0: 45.0: 20 診断解析手法 アンバランス
0.0: 48.0: 55 VW: 既存設備の生産性の向上 シミュレーションの活用と最新オートメーションの導入
0.0: 51.0: 17 デジタルファクトリーのための通信・データ転送 “TCP/IP, PROFINET, OPC UAを1つのケーブルで”
0.0: 51.0: 59 PROFINET ドイツの自動車工業会にて採用
0.0: 53.0: 57 シーメンスの戦略 デジタルエンタープライズの提供
0.0: 56.0: 12 本日のまとめ
講師紹介: 井上 潤吾(いのうえ じゅんご)


『井上 潤吾』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:小川 りかこ

Copyright(c)