ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】アントレプレナーライブ > アントレプレナーライブ 185

日本のポテンシャルに火をつけろ(女性編)
ゲスト:堤 香苗氏(株式会社キャリア・マム 代表取締役)


概要:
少子高齢化の日本は、労働人口が不足の一途をたどると言われているが、女性、高齢者、地方等、実は高いポテンシャルを持ち合わせた多くの人材資源が眠っている。本講義では、特に女性活用を支援し、自分らしく生きる楽しさを労働として提供する株式会社キャリア・マムを紹介する。ゲストの堤香苗氏は、自身の出産・育児のときに感じた不満をきっかけにサークル活動を開始し、2000年に同社を立ち上げた。会員数は約10万人、在宅ワークを中心に、個々のキャリアと社会を全国ネットで結ぶ活動の詳細を語っていただく。
キャリア・マムはITを使ったチーム型のアウトソーシング事業を行っており、特徴は、全てが在宅で構成されるマネジャー、リーダー、ワーカーでグループワークを遂行していることだ。チーム作業では、メンバー間の情報のやり取りと役割分担によって大量案件や短納期が可能となり、ワーカーもフルパワーではなく、できる範囲で活動ができる。基本的に会社が品質納期を管理するので、発注側、ワーカー側双方はトラブルの心配がない。同社は女性活用の一環としてキャリア支援事業も展開している。再就職のためのeラーニングプログラムや模擬ワーク訓練等を行い、地方自治体のアドバイザー的な役割も担っている。2014年には、本社がある多摩センター駅の商業ビルに、電気とWi-Fiが無料で使える「おしごとカフェ&ホール」をオープン、ここから新規事業も見えてきた。現在はセミナー、仕事、ランチ等、自由に利用できるスペースだが、今後は託児所や介護施設、障害者施設付きの要望にも応えるワーキングスペース「CoCoプレイス」を考えている。シャッター通りや空きビルからの誘致もあり、地方活性化としても期待されている。

堤氏は育児休業中にママ友3人で活動を開始、グループから有限会社となり、規模が拡大して株式会社となった。会員は口コミで1万人集まり、ネット環境が整ってからは全国に広がった。当時を知る現取締役の井筒祥子氏は、人間関係のトラブルや相手先の倒産等、大変な時期もあり、社長は耐えていることが多いと明かす。幸運だったのは、拠点の多摩地区にシンクタンクが多くあったことで、環境的にPCを使った在宅ワークが実現できたことだ。経営理念は「女性のキャリアと社会をつなぐ」、会社のリソースは会員であり、人々が思いやる社会をビジネス的に支えたいという。2016年に「女性活躍パワーアップ大賞」奨励賞を受賞、他、多くの賞に輝いている。講師は、女性を生かす仕組みづくりを多方面からサポートしており「CoCoプレイス」も期待が大きいと感想を述べた。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 日本のポテンシャルに火をつけろ(女性編)
0.0: 0.0: 56 日本のポテンシャルに火をつけろシリーズ:女性編
0.0: 1.0: 51 株式会社キャリア・マム 代表取締役 堤 香苗
0.0: 2.0: 57 株式会社キャリア・マム 会社概要
0.0: 4.0: 18 企業理念
0.0: 9.0: 28 事業概要
0.0: 10.0: 37 アウトソーシング事業(1)
0.0: 13.0: 34 アウトソーシング事業(2)
0.0: 14.0: 23 キャリア支援事業
0.0: 17.0: 45 在宅就労支援に関する官公庁案件の実績
0.0: 19.0: 17 母と子が集う、カフェ&ホールの創設と運営
0.0: 20.0: 46 育児サークルから法人化、現在に至るまで
0.0: 23.0: 28 おしごとカフェを運営して見えてきたこと。
0.0: 24.0: 31 新規事業のご紹介
0.0: 26.0: 4 Concept
0.0: 28.0: 30 イメージ図
0.0: 34.0: 6 成長の鍵
0.0: 43.0: 10 前身、育児サークル PAO の成り立ち(1995年)
0.0: 44.0: 6 育児サークルPAO主催イベント:子どもと一緒に楽しむ
0.0: 46.0: 2 起業の瞬間
0.0: 52.0: 50 頑張る女性を応援
0.0: 57.0: 5 座右の銘
0.0: 57.0: 53 キャリア・マムの経営理念「女性のキャリアと社会をつなぐ」
講師紹介: 米倉 誠一郎(よねくら せいいちろう)
法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科教授/一橋大学イノベーション研究センター特任教授
1953年、東京都生まれ。一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。1990年、ハーバード大学で歴史博士号を取得。早くからアメリカ・シリコンバレーのIT起業の状況などを見てきた。日米のベンチャー政策に詳しい。
『経営革命の構造』、『ネオIT革命』、『ジャパニーズ・ドリーマーズ』ほか、著書多数。

『米倉 誠一郎』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:名和田 知加

Copyright(c)