ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】アントレプレナーライブ > アントレプレナーライブ 180

個人のグローバリゼーションを支える金融
ゲスト:中島 努氏(ニッポン・ウェルス・リミテッド リストリクテッド・ライセンス・バンク 取締役兼CEO)


概要:
グローバリゼーションの今、世界へ出て行く日本企業は決して少なくない。資金面をサポートする企業向け機関も確立されているが、個人の場合、海外で活躍する人への金融基盤の支えは意外と見逃されてきた。その状況に一石を投じた起業家が、本講座のゲストであるニッポンウェルスリミテッド取締役兼CEOの中島努氏だ。預金以外に、証券や保険の商品を扱えるユニバーサルバンク制度を利用し、香港でオフィスを開いた。なぜ香港を選んだのだろうか。起業の思いや事業戦略、併せて、中島氏の金融哲学も聞く。
日本は世界で第2位の個人金融資産国だが、5億円超の保有者は5万4千人ほどで、一番多いのは3千万から5億円資産の約1千万人だ。だが、このボリュームゾーンは、現在、十分な運用サービスを受けられていない。特に豊富な商品がある海外においては、外資系金融の個人向けサービス撤退が続き、ほとんど手がない状態である。中島氏はボリュームゾーンにこそ、外で真の資産運用をという使命を感じ、アジアのほぼ中心にある香港に金融機関をつくることを決意した。資産運用センターの成長率や経済自由度が1位の香港は銀行免許取得の可能性も大きかった。必要な免許は銀行、証券、保険商品販売代理業の3種類であり、構想を練ってから3年後に免許を取得、2015年、ニッポンウェルスリミテッド(NWB)を開業した。NWBの特徴は、資格取得した三つを業務の柱とし、きめ細かな相対サービスをすること、多言語で対応が可能、最低預かり金が、欧米プライベートバンクの50分の1、1千万円であることだ。ただ、口座は現地で開くことになっている。顧客の反応では、日本国内で口座が開けないか、10万円でお試し投資ができないか、もっと面白い商品がほしいとの声があり、それだけNWBに期待するという表れだろう。顧客の思いを受け止め、今後は一つ一つサービスを充実させていくという。
もともとの事業発案者は、取締役COOの長谷川健一氏であり、さらに、取締役兼CMOの松島富美雄氏を含めた3人チームでのスタートだった。資金面は新生銀行が50%出資、その他、日本の金融機関と香港株主の組み合わせである。中島氏は幼少期に家業の浮き沈みを経験し、将来の仕事は金融と決意。紙と鉛筆と電卓で、人生を天にも地にもなし得るのが金融だとの考えを示した。座右の銘は「悲観主義は気分に属し、楽観主義は意思に属する」、アランの『幸福論』からだ。目標は、NWBをアジアと日本を結ぶ個人に特化した金融機関に育てること。講師は、ニーズは十分にあるので成長が期待できると結んだ。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 個人のグローバリゼーションを支える金融
0.0: 0.0: 53 個人のグローバリゼーションを支える金融
0.0: 1.0: 37 取締役兼CEO 中島努
0.0: 3.0: 18 会社概要
0.0: 6.0: 21 香港銀行プロジェクトの基本戦略
0.0: 8.0: 38 日本個人金融資産動向 2011-2013比較 (アベノミクス前後)
0.0: 9.0: 52 閉ざされる日本人の海外での資産運用の道
0.0: 10.0: 8 資料(1)
0.0: 11.0: 28 海外での資産運用の魅力とは何か?
0.0: 11.0: 43 資料(2)
0.0: 13.0: 23 「香港」を選んだ7つの理由
0.0: 13.0: 29 理由 その1.
0.0: 14.0: 46 理由 その2.
0.0: 15.0: 47 理由 その3.
0.0: 16.0: 8 理由 その4.
0.0: 16.0: 41 理由 その5.
0.0: 16.0: 50 理由 その6.
0.0: 17.0: 43 理由 その7.
0.0: 20.0: 17 香港で一体何をしたいのか?
0.0: 20.0: 26 PBとプレミア・ゴールドのサービスの違い
0.0: 23.0: 22 我々のミッション
0.0: 24.0: 41 香港でどうやって金融機関を設立したのか?
0.0: 25.0: 35 必要な免許は3種類
0.0: 29.0: 36 会社設立の歩み
0.0: 31.0: 12 免許取得
0.0: 31.0: 52 どんな金融機関ができたのか?
0.0: 31.0: 57 NWB=香港のローカル金融機関
0.0: 34.0: 4 香港での投資口座
0.0: 36.0: 0 次のステップは何を考えている?
0.0: 36.0: 6 お客様の声を実現するのが我らの使命
0.0: 37.0: 42 中島にとって「金融業」とは
0.0: 39.0: 13 ■起業の瞬間
0.0: 42.0: 5 人材
0.0: 44.0: 22 資金
0.0: 45.0: 11 株主構成
0.0: 47.0: 4 【再掲】資金
0.0: 47.0: 45 【再掲】株主構成
0.0: 53.0: 20 【再掲】取締役兼CEO 中島努
0.0: 57.0: 33 座右の銘
0.0: 58.0: 47 資料(3)
講師紹介: 米倉 誠一郎(よねくら せいいちろう)
法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科教授/一橋大学イノベーション研究センター特任教授
1953年、東京都生まれ。一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。1990年、ハーバード大学で歴史博士号を取得。早くからアメリカ・シリコンバレーのIT起業の状況などを見てきた。日米のベンチャー政策に詳しい。
『経営革命の構造』、『ネオIT革命』、『ジャパニーズ・ドリーマーズ』ほか、著書多数。

『米倉 誠一郎』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:名和田 知加

Copyright(c)