ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】マーケティングライブ > マーケティングライブ 234

オムニメディアへの挑戦  ゲスト:鈴木睦夫氏(日本郵便株式会社 郵便・物流営業部 担当部長)


概要:
現代は、買い物もホテルの予約もウェブ上でできてしまう便利な世の中であるが、必ずしもすべての消費者がウェブに頼っているわけではない。実際にはデジタルとアナログは、TPOや重要度に応じて使い分けているはずである。だから企業側も、デジタルかアナログかに偏るのではなく、消費者とのコミュニケーションの方法を使い分ける必要がある。日本郵便株式会社でDM市場の活性化を担う鈴木睦夫部長にオムニメディアについて聞く
現代はまさにデジタルの時代である。クラウドシステムの発展とスマートフォンの普及もあり、マーケティングはデータドリブンになっている。しかし、生活者はデジタルもアナログも縦横無尽に行き来しており、どちらかに偏っているわけではない。企業側もデジタルに偏重した施策設計になるのではなく、「デジタルとアナログの組み合わせ」について注目し始めている。

実際に、デジタルかアナログかどちらか一方の施策を推進した時に比べて、両方を組み合わせた施策を推進した方が、デジタル施策、アナログ施策ともに効果が上がることが証明されている。

例えば、富士フィルムで実証実験を行った時、メールだけの施策ではサイトアクセス数が10%、注文率が3%しかなかったが、紙のDMを組み合わせてみた場合、アクセス数で2倍以上、注文率で4倍以上の効果があった。特に、紙のDMを送付した後に、eメールを送付した時に注文率は4.7倍になった。

企業からのeメールの開封率は通常6%程度しかないと言われているが、紙のDMの開封率は81%である。特に20歳代の男女ともに開封率が高いことが知られている。実際、グーグルやトレンドマイクロ、ソフトバンクなどのIT企業はデジタルとアナログを組み合わせて効果を出している。

DMとeメールの組み合わせだけではない。リテンションメディア、アクイジションメディアともに、アナログもデジタルも双方が必要である。小売の世界ではオムニチャネルという概念が提唱されているが、コミュニケーションの分野ではオムニメディアが重要になるのではないか。アナログやデジタルどちらを否定することもなくうまく融合することがこれからのマーケティングに求められることである。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 オムニメディアへの挑戦
00: 02: 18 自己紹介
00: 03: 45 日本郵政グループについて
00: 04: 01 日本郵便株式会社
00: 04: 16 株式会社ゆうちょ銀行
00: 04: 21 株式会社かんぽ生命保険
00: 05: 45 今は正にデジタルの時代 マーケティングもデータドリブン
00: 08: 10 生活者は、デジタルもアナログも縦横無尽に行き来している
00: 09: 35 デジタル中心な施策設計に邁進・・・ マーケターは悩み始めている?
00: 14: 09 課題解決策として昨年来、「デジタルとアナログの組み合わせ」の有用性が注目されてきた。
00: 14: 34 事実。
00: 17: 03 実証実験 富士フイルムの取り組み
00: 17: 09 富士フイルム公式ネットショップ。 総会員数は約200万人
00: 18: 04 会員の8%!としかコミュニケーションできていない・・・
00: 20: 11 課題解決に、DM施策を選択
00: 20: 16 実際に送付したDM
00: 21: 06 DM送付結果
00: 23: 15 効果は確認できた。さらに、第2弾を実施
00: 24: 29 DMとeメールの組合わせ&送付順で・・・
00: 24: 53 第2弾 実施結果
00: 25: 56 DMは持続性がある メールは瞬発力があるも、長く続かない
00: 27: 41 MAを活用して見込み顧客を絞り込み、XEROXシステムでOne to OneのDMアプローチ
00: 29: 12 2017年4月~ 産学協働の枠組みで推進
00: 29: 35 デジタルアナログの組み合わせの学術的考察
00: 29: 42 富士フィルムDM実証実験 アンケート調査
00: 30: 09 アンケート結果(抜粋)
00: 32: 29 DMという媒体の持つパワーとは?
00: 32: 33 私も転職してはじめて知った驚異的な4つの数字(1)
00: 32: 41 私も転職してはじめて知った驚異的な4つの数字(2)
00: 35: 21 ある世代が突出していますさて、どの世代でしょう?(1)
00: 36: 00 ある世代が突出していますさて、どの世代でしょう?(2)
00: 38: 43 現代マーケティングの最重要課題は、【ターゲティングとエンゲージメント】
00: 39: 39 資料
00: 40: 43 コミュニケーションの4大要素(1)
00: 40: 51 コミュニケーションの4大要素(2)
00: 41: 07 コミュニケーションの4大要素(3)
00: 42: 12 アナログDMの弱点
00: 42: 45 アナログDMの弱点の解消
00: 45: 23 key wordは【オムニメディアの実現!?】
00: 45: 48 デジタル否定ではなく、うまく融合したい
00: 47: 35 「DM x eメール」は始まりに過ぎない。(1)
00: 47: 44 「DM x eメール」は始まりに過ぎない。(2)
00: 48: 06 チャネルもメディアもオムニ化が重要なのでは。
00: 48: 37 オムニメディア?
講師紹介: 本間 充(ホンマ ミツル)
アビームコンサルティング株式会社 ディレクター

『本間 充』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:田中 美穂

Copyright(c)