ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】マーケティングライブ > マーケティングライブ 220

進化するANAのコーポレートコミュニケーション
ゲスト:高柳直明氏(ANAホールディングス株式会社 コーポレートコミュニケーション室 広報部副部長)


概要:
2015年、第3回Webグランプリにおいて、BtoCサイト賞優秀賞を受賞したのが、ANAのコーポレートコミュニケーションサイト“WHAT‘S UP ANA”である。従来、コーポレートニュースは、メディアに対してテキスト情報中心のプレスリリースとして発信されることが多いが、同サイトでは一般のステークホルダー向けに動画や画像などでわかりやすく掲載されている。同社のコーポレートコミュニケーションのあり方をコーポレートコミュニケーション室 広報部副部長 高柳直明氏に聞く。
ANAのwebサイトとしては、国内のチケット販売を行う“ANA Sky Web”、海外のチケット販売を行う“World Wide Site”、モバイルアプリ、iPadアプリなどがある。
また2011年よりフェイスブック、ユーチューブ、ライン、ツイッターなどのSNSの活用も行っている。 ただし、これらのサイトは、プロモーション中心の情報発信となっており、コーポレート情報を発信することができていないという課題があった。
従来の広報発信は、メディアに向けて、紙のプレスリリースを提供することが普通であった。しかし、現在は、スマートフォンやSNS、動画などによるコミュニケーションが中心になっており、時代にあっているとは言えなかった。
そこで時代にあった新しい方向性を打ち出し、組織を変革し、コーポレート情報を発信していくことにした。 目指す姿は、コーポレート情報をステークホルダーごとにバラバラに発信するのではなく、大きな方針や戦略に則した情報を情報のハブであるコーポレートサイトを中心にそれぞれのステークホルダーに伝えていくことである。 そのため、よりわかりやすく、より多くのステークホルダーに届き、共感していただけるように、ニュース配信内容や方法を改善している。
その結果、多くのステークホルダーにとって価値の高い情報を、動画や画像などをまじえてわかりやすく配信していけるように考えている。
ANAのこのような取り組みは、旧態依然とした企業広報の中でも、進化した形であると評価できる。
今後は、社内に向けた発信、英語によるい発信、またコーポレートサイトのリニューアルに取り組んでいきたいと高柳氏はいう。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 進化するANAのコーポレートコミュニケーション
0.0: 3.0: 48 高柳直明 略歴
0.0: 5.0: 14 ANA Sky Web
0.0: 8.0: 19 ANA モバイルアプリ
0.0: 11.0: 6 Apple Watchへの対応
0.0: 12.0: 2 iPadアプリ
0.0: 13.0: 21 SNS活用の変遷
0.0: 16.0: 2 課題1:コーポレートとしての取り組みを発信できていない。
0.0: 17.0: 18 ANA Sky Web
0.0: 18.0: 3 Facebook エンゲージメント数 企業ランキング2014
0.0: 19.0: 16 8/10(月) 今週の笑顔
0.0: 20.0: 2 8/10(月) 今日は何の日?
0.0: 21.0: 24 8/10(月) ギャラクシーフライト
0.0: 22.0: 22 8/11(火) The Departure
0.0: 23.0: 40 課題2:従来型の広報発信
0.0: 25.0: 6 プレスリリース
0.0: 27.0: 4 課題3:時代にあったコミュニケーションができていない
0.0: 28.0: 3 対応
0.0: 28.0: 22 コーポレートコミュニケーション ~目指す姿~
0.0: 30.0: 30 コーポレートコミュニケーション ~2015年度取り組みの柱~
0.0: 33.0: 3 コーポレートニュースの配信
0.0: 38.0: 3 どう変わったか?
0.0: 53.0: 45 今後の展開
講師紹介: 本間 充(ホンマ ミツル)
アビームコンサルティング株式会社 ディレクター

『本間 充』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:植村 智子

Copyright(c)