ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】ITライブ > ITライブ 244

IoTによるものづくり、しくみづくり
ゲスト:西岡靖之氏(インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ 理事長/法政大学 教授)


概要:
IoT(Internet of Things)の発展が社会を変えていこうとしているが、その普及を阻害する要因も存在する。ドイツで始まったインダストリー4.0の概念も日本では正確に理解されているとは言い難い面があるし、ビジネスとしてのシステムやお金の流れもこれから作らなければならない課題である。日本が世界で生き残るためにはどのようにIoTと取り組んでいくべきかをインダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ理事長の西岡靖之氏に聞く。
インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)とは、デジタル化社会に対応した次世代のつながる工場を、企業や業界の枠を超えて実現するための組織である。
今日、第4次産業革命が起きているといわれるが、工場の生産装置をデジタル化することでマスカスタマイゼーションに対応しようというのがドイツである。またビッグデータや人工知能を駆使してものづくりのサービス化を目指すのがアメリカである。それに対して、ものづくりの現場に強い日本企業は、現場を起点としたボトムアップ型のデジタル化を目指すべきである。
IoT製品は、ネットワークにつながることでソフトウェアやデータを外部から取り込んで機能するものである。このシステムを使うと、消費行動にダイレクトに課金されるようになるので、ビジネスの在り方が大きく変わってくるだろう。
ドイツが主導するインダストリー4.0は、消費行動の多様化に対応するために、複数の工場や流通業者などがネットワークによってつながるマスカスタマイゼーションを目指している。これに対して、日本企業は販売した後でも様々なコトに対応して製品の機能が付加されるようなオープンカスタマイゼーションを目指す。そうすることで、製造の現場や設計の現場、販売・サービスの現場など、様々な現場に強い日本企業の特長を生かすことができるようになる。 そのためには協調と競業のバランスがとれた仕組みを作る必要がある。ゆるやかな標準化ルールでつながり、製造現場とコンポーネント企業、プラットフォーマーがウィンウィンの関係になるプラットフォームのエコシステムを作りたい。そこにはセキュリティの仕組みだけではなく、トレーサビリティやライアビリティも担保される必要があるだろう。 これまでは大企業が中心にビジネスのシステムは作られてきた。しかしこれからは、多様で小さなニーズに対応する中小企業がビジネスの主役になり、大企業はそれを基盤で支えるシステムになっていくのかも知れない。 これは製造業だけではなくあらゆる業界で起きることだと考えられる。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 IoTによるものづくり、しくみづくり
00: 04: 09 西岡靖之プロフィール
00: 06: 12 IVIとは?
00: 07: 10 インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ
00: 11: 05 第4次産業革命と日本の立ち位置
00: 14: 47 30年後の家電製品
00: 18: 26 IoT製品の基本構成
00: 20: 43 IoTによるビジネス変革
00: 23: 37 超スマート社会(Society5.0)の構造
00: 26: 49 産業革命「インダストリー4.0」
00: 29: 27 現場は競争力の源泉
00: 32: 28 IoTとAIは、現場カイゼンから
00: 35: 07 ビックデータ&ディープデータ
00: 39: 15 個別化、多様化への対応
00: 46: 22 IoT時代はいつ来るのか?
00: 48: 03 ものづくりのためのプラットフォーム
00: 49: 24 プラットフォームカテゴリ
00: 50: 16 ゆるやかな標準ですり合わせ!
00: 51: 59 プラットフォームのエコシステム
00: 54: 04 IoTのメガトレンド2045
00: 55: 54 自律的企業の連携の時代へ!
講師紹介: 江崎 浩(えさき ひろし)


『江崎 浩』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:中山 裕子

Copyright(c)