ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
競争力カンファレンス ポーター賞 > 競争力カンファレンス 2015

競争力カンファレンス 2015
ポーター賞授賞式(ICS)


概要:
革新的で独自性のある戦略によって優れた収益を上げている企業にスポットを当てようと、2001年に創設されたポーター賞は、今回で15回目を数える。売上高等の結果に対する表彰ではなく、素晴らしい結果をもたらした理由、他との差別化を賞賛している点が特徴的だ。主催者の一橋大学は、受賞4社の表彰やインタビューのほか、競争力についての議論を深める機会としてカンファレンスを設けている。ユニクロ柳井社長の対談や、ハーバード大学院教授マイケル・ポーター氏のビデオメッセージなど、盛りだくさんの内容だ。

*マイケル・ポーター教授によるビデオレクチャー
*特別対談:柳井正氏(株式会社ファーストリテイリング会長兼社長)・竹内弘高教授
*ポーター賞2015受賞企業トップインタビュー:楠木建教授
 ・株式会社IBJ、株式会社カネカ カネカロン事業部、新生プリンシパルインベストメンツ株式会社、株式会社中川政七商店

受賞の株式会社IBJは、創業15年の婚活サービス会社。会費会員獲得に注力し出会いの場の提供にとどまる競合が多い中、異業種と組んだ合コン、仲人カウンセラーの養成、組織化した相談所など、出会い、交際、結婚までを一貫したインフラサポート業務で、成婚に結び付ける。ステージごとのニーズを組み合わせたことが価値を生み出したポイントだ。
アクリル樹脂と塩化ビニールの合成繊維「カネカロ」を開発した株式会社カネカは、30年以上もアフリカで頭髪装飾(つけ毛やウィッグ)ビジネスを展開。縮れて髪が伸びない黒人女性は、つけ毛などを普段から化粧感覚で楽しむ。現地の加工パートナーと組んで事業拡大、人毛に近い「カネカロ」はつけ毛の代名詞として定着している。内向きなものづくりが多い日本の製造業で、長期利益を生むビジネス全体の組み立てはお手本となろう。
新生プリンシパルインベストメンツ株式会社は、新生銀行が母体の投資銀行だ。店舗は東京大手町に1拠点のみ、職位が三つだけのフラット組織、従業員150人体制で、目の届く都内の中小企業に顧客を絞り込んでいる。企業の節目、節目の需要に力となれるよう、必要とされないときも交流を惜しまず、待ちのサービスに軸足を置くことで信頼を集める。とりわけ目先の利にさとい投資銀行業界にあって、日本発の農耕型投資銀行と言える。
奈良で13代続く株式会社中川政七商店は、工芸ベースの生活道具販売が生業。お土産品など小規模手工業で量産が利かない中、市場の落ち込みを立て直そうとコンサル事業に乗り出した。地元工房にデザインを持ち込んでつくってもらい、中川が買い上げて特定の店に限定品で卸す。太宰府天満宮では売り上げ6倍の反響があった。店は差別化で収益を上げ、製造は受注が安定する小さなサイクルが出来上がる。中川は循環を提供価値にして、デジタル時代のいわば日陰に日を当てた。インバウンドの波を受け、今後がさらに期待できる。

Copyright(c)