ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 847

<ビジネス>日本郵船・商船三井・川崎汽船、コンテナ船事業統合 シェア世界6位に
< 経 済 > 日本企業に投資呼びかけ 英でEU離脱巡り懇談会
<国際情勢>韓国検察、大統領友人を緊急逮捕 政権に打撃 国政介入疑惑で


概要:
*国内海運大手/「日本郵船」「商船三井」「川崎汽船」コンテナ船事業を統合。売上高は約2兆円、世界シェアで6位に
*武田薬品工業/カナダ「バリアント」と胃腸薬事業を約1兆400億円で買収交渉。4-9月期決算はエンティビオが好調で連結純利益が前年同期で約2.3倍
*富士フイルム/武田薬品傘下の試薬大手「和光純薬工業」を約2000円で買収へ。再生医療技術など取り込み
*国内飲料大手/「アサヒグループHD」が「カゴメ」との資本提携を解消。2007年に資本提携も業務での相乗効果限定的
*シャープ/「鴻海精密工業」が中国「海信集団」(ハイセンス)の米州シャープブランド使用権の買い戻しを提案。海信集団は拒否
*シャープ・戴正呉社長/実働1日17時間など突然の談話を発表。新スローガンはBe Original
*I H I/2016年度業績見通しを下方修正。満岡社長がモノづくり力再興へボイラ事業の体制整備へ
*三菱重工業/事業部門をパワー、インダストリー&環境・社会システム、航空・防衛・宇宙の3つに集約
*三菱重工グループ/能力不足とリスク管理不備で大型客船事業から事実上の撤退。MRJや原発事業なども不安視
*富士重工業/2016年4-9月期決算は連結売上高が前年同期比1.5%減少の1兆5776億円に。SUVが好調も円高で海外収益が目減り
*日産自動車/自動車部品子会社「カルソニックカンセイ」を米「KKR」に約4000億円で売却。センサー、画像認識、AI関連の技術開発に振り向け
*タカタ/米国子会社「TKホールディングス」を連邦破産法適用申請で調整。法的処理で再建策を立てやすく
*ルネサスエレクトロニクス/コスト構造の抜本見直しが完了。売上高も年率6~7%で拡大
*穐田誉輝氏/「クックパッド」の株式売却益で「オウチーノ」の株式を最大66%取得し大株主へ
*NTTドコモ/ドコモケータイ(iモード)の出荷を終了。1999年2月にサービス開始、半年で利用者が100万人超
*米クアルコム/「NXPセミコンダクターズ」を約4兆9000億円で買収。好感で株価が昨年来高値を更新
*米ゼネラル・エレクトリック/ポスト・イメルト有力候補のロレンツォ・シモネリ氏が主導し米「ベーカー・ヒューズ」を実質傘下に
*印タタ・グループ/サイラス・ミストリー会長を解任。「タタ製鉄」の英国事業を再編、「ドコモ」との提携解消などで手間取り
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「サムスン電子のクォン・オヒョン CEO」だったら、Galaxy Note7 のリコールと生産中止によるダメージをどう乗り越えるか?
*日ロ関係/12月のプーチン大統領訪日までに経済協力約30案件具体化で合意
*イギリス情勢/EU離脱めぐり懇談会。離脱後もEUと包括的な貿易関係築く。日本企業に投資継続呼びかけ
*英EU離脱問題/ロンドン高等法院がEU離脱通知には議会承認が必要との判断。英政府は最高裁に上訴
*日ミャンマー関係/安倍首相がスー・チー国家顧問と会談。5年間で官民合わせて8000億円規模の支援へ
*韓国・朴槿恵政権/韓国検察が国政介入容疑で崔順実氏を逮捕。内閣改造で新首相に金秉準・国民大教授を指名
*韓国情勢/世論の怒りに拍車で政権支持率が過去最低の5%に。崔順実容疑者の父親は新興宗教「セマウム奉仕団」主宰者
*米大統領選/FBIコミー長官が大統領選前にヒラリー・クリントン氏のメール問題再捜査を決断
*ドナルド・トランプ氏/米経済学者370人が有権者に誤った情報を与えているトランプ氏は危険で有害
*ベネズエラ情勢/国債、社債償還期限が来年にかけ相次ぎ到来。債務不履行の懸念
*イラク情勢/イラク軍がイスラム国最大拠点モスルに進撃。トルコ、クルド自治政府など奪還後見据えた勢力争い
*カトリック教会/ローマ法王フランシスコが女性聖職者禁じる方針、将来的に変更されないとの見解
*ローマ法王フランシスコ/愉快な破壊で官僚機構に対抗。自分の意思で課題設定、最側近置かず
*キリスト教/スウェーデン・ルンドでルター宗教改革500年で記念行事。ローマ法王が参加
*イタリア情勢/12月4日に憲法改正問う国民投票で否決ならレンツィ首相が辞任へ
*金融政策/日銀・黒田総裁が物価2%目標達成を2017年度中から18年度ごろに先送り
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 大前ライブ#847
00: 29: 55 国内海運大手
00: 30: 33 フルコンテナ船オペレーター別運航船腹量
00: 32: 37 主な海運会社の純損益の推移
00: 33: 19 バルチック海運指数*の推移
00: 34: 19 武田薬品工業
00: 35: 49 武田薬品工業の過去の主なM&A
00: 36: 57 武田薬品工業の純損益の推移
00: 37: 08 富士フイルム
00: 38: 00 富士フイルムのセグメント別業績
00: 38: 19 インフォメーション ソリューションの売上構成
00: 38: 52 国内飲料大手
00: 40: 08 シャープ
00: 42: 01 シャープ・戴正呉社長
00: 43: 55 IHI
00: 46: 01 三菱重工業
00: 47: 14 三菱重工業のセグメント別業績
00: 49: 44 三菱重工グループ
00: 52: 18 富士重工業
00: 52: 40 富士重工業の地域別自動車販売台数
00: 54: 21 日産自動車
00: 56: 18 カルソニックカンセイの主な株主
00: 56: 28 カルソニックカンセイ
00: 58: 34 タカタ
01: 00: 26 ルネサスエレクトロニクス
01: 01: 59 穐田誉輝氏
01: 02: 46 穐田誉輝(あきた よしてる)氏とクックパッド
01: 03: 36 オウチーノ概要
01: 05: 05 NTTドコモ
01: 08: 04 米クアルコム
01: 08: 38 半導体メーカーの売上高
01: 09: 33 クアルコムの株価推移
01: 09: 41 米ゼネラル・エレクトリック
01: 10: 24 GEの主な次期社長候補
01: 12: 21 印タタ・グループ
01: 13: 42 タタ・グループの構図と事業会社の売り上げ
01: 17: 32 RTOCS
01: 18: 08 韓国サムスン電子
01: 19: 02 会社概要
01: 19: 59 サムスンの主要製品の世界シェア
01: 20: 34 サムスンの主要製品の世界シェア
01: 21: 25 サムスン電子の連結業績
01: 22: 05 サムスン電子躍進の要因
01: 25: 19 伝統的日本の家電メーカーの買収
01: 29: 56 赤ワイン
01: 33: 08 日ロ関係
01: 37: 12 イギリス情勢
01: 38: 45 日本が行った国別の対外直接投資
01: 39: 26 英EU離脱問題
01: 40: 43 日ミャンマー関係
01: 41: 32 主要国の主な対ミャンマー支援
01: 42: 23 対ミャンマー直接投資の状況
01: 42: 59 主要ドナーの対ミャンマー経済協力実績
01: 44: 03 韓国・朴槿恵政権
01: 45: 02 韓国情勢
01: 46: 31 韓国歴代大統領の親族による主な不正
01: 48: 37 米大統領選
01: 49: 43 ドナルド・トランプ氏
01: 51: 30 ベネズエラ情勢
01: 52: 05 ベネズエラの物価上昇率と外貨準備高
01: 53: 09 イラク情勢
01: 53: 37 イラク・モスル周辺における主な勢力の関係
01: 54: 50 カトリック教会
01: 55: 26 ローマ法王フランシスコ
01: 56: 04 キリスト教
01: 57: 11 イタリア情勢
01: 58: 20 金融政策
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)