ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 845

<ビジネス>セールスフォース、ツイッター買収を断念
< 経 済 >「1ドル=7元台」が視野に入った人民元安
<国際情勢>フィリピン大統領の「決別」発言、米が説明要求


概要:
*向研会 サンフランシスコ視察報告
*米ツイッター/「ディズニー」「MS」など一転慎重姿勢。「セールスフォース」も買収を断念
*シェールオイル/主要3鉱区の原油生産量が2年で2倍増。地質のビッグデータ解析で水圧など最適化し、生産性向上
*エタノール生成/米オークリッジ国立研究所がCO2をエタノールに変える方法を偶然発見
*有機EL/スマホ向け有機ELパネルの中国生産を検討。米「アップル」向け工場集積で利点、傘下の中国工場活用も
*AT&T/「タイムワーナー」を約8兆8200億円で買収へ。「 ワーナー・ブラザーズ」「CNN」を取り込み 巨大メディア企業へ転換
*ボンバルディア/従業員7500人削減へ。小型航空機「Cシリーズ」の開発負担で業績不振
*中国人民元/約6年1カ月ぶりの元安・ドル高水準 。対米ドル基準値が6.7379元
*ドイツ銀行/「ドイツ銀行」パニックのメカニズムと世界金融への影響。米当局間の制裁金獲得競争
*タイ情勢/新国王が月内にも即位見通し。ワチラロンコン皇太子が王位継承へ
*BRICS/新興国の国際組織として利益を代表する機能果たす共同宣言を採択し閉幕
*豪カジノ大手/「クラウンリゾート」の従業員18人が中国当局に拘束
*米フィリピン関係/フィリピン・ドゥテルテ大統領発言”軍事でも経済でも米国とは決別”に米カービー報道官が”真意の説明を”
*中国・フィリピン関係/首脳会談の共同声明発表。南シナ海問題は当事国同士による話し合いで解決。インフラ建設などで経済協力
*台湾情勢/台湾行政院が電気事業法改正案を閣議決定。2025年に原発ゼロへ
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「IHIの満岡次郎社長」だったら、官から民への事業転換が迫られる中、いかにして増収益に繋がる戦略を図るか?
*タカタ/出資の前提として法的整理を提案。自動車メーカー各社が”我々の株主にもきちんと説明できる再建策”を
*トクヤマ/2000億円投資の悲しい結末。2014年完成のマレーシア工場を韓国企業に約100億円で売却
*日立製作所/「日立工機」「日立国際電気」の一部事業を約1000億円超で売却。選択と集中で収益力の引き上げを加速
*アサヒグループHD/英「SABミラー」に5000億円超見通しの買収提案。「ABインベブ」が「SAB」を買収
*イオン/2016年3-8月期の最終赤字が53億円。同期の最終赤字は7年ぶり 大規模店舗改装で費用負担を吸収しきれず
*百貨店提携/「セブン&アイ」と「H2O」が資本業務提携を発表。そごう神戸店、西武高槻店、そごう西神店の関連事業を「H2O」が引き継ぎ
*日本郵船/2016年4-9月期に特別損失1950億円を計上 船舶の収益性低下で減損、2017年3月期の最終赤字も拡大見通し
*都道府県時価総額/山口と山梨が上位、鹿児島が最下位のワケ。山口、山梨は「ファーストリテイリング」と「ファナック」などが貢献
*コロワイド/「フレッシュネス」を買収へ。「ユニマット」から全株取得。「牛角」「かっぱ寿司」など積極買収からファストフードに参入
*ソフトバンクグループ/公共投資ファンド(PIF)と共同でファンド設立。今後5年間で約2兆6000億円出資
*DeNA/米子会社の解散を発表。「グリー」と「ミクシィ」も海外事業を仕切り直し
*ジャパンディスプレイ/スマホ向け液晶パネル生産の白山工場が完成 。「iPhone6s」が販売不振、「7」は大幅減産で工場稼働は未定
*プレイステーションVR/発売4日間の国内販売推定4万6492台に。4万4980円(税別)
*山形県米沢市/米沢をシリコンバレーに。地元民間有志のNPO 「ワイ・リサーチ・イノベーション」が米「SRIインターナショナル」と連携
*プレミアムフライデー/消費喚起運動を各業界へ呼びかけ。働き方改革との相乗効果めざし2017年2月から実施
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 大前ライブ#845
00: 02: 05 向研会海外視察訪問国
00: 02: 37 向研会2016年海外視察での視察先
00: 31: 23 米ツイッター
00: 32: 13 Twitterの株価
00: 33: 58 シェールオイル
00: 34: 58 米主要シェール鉱区1リグ当たりの原油生産量
00: 36: 02 エタノール生成
00: 39: 45 有機EL
00: 41: 40 AT&T
00: 44: 13 ボンバルディア
00: 46: 47 中国人民元
00: 47: 35 人民元の対ドル基準値
00: 49: 04 ドイツ銀行
00: 50: 55 タイ情勢
00: 55: 04 BRICS
00: 55: 37 BRICSのGDP成長率
00: 56: 24 豪カジノ大手
00: 59: 00 米フィリピン関係
01: 02: 41 ドゥテルテ大統領の主な発言
01: 03: 42 フィリピンの株価指標と通貨
01: 04: 35 中国・フィリピン関係
01: 08: 44 台湾情勢
01: 10: 43 RTOCS
01: 11: 02 IHI
01: 11: 25 会社概要
01: 12: 11 国内総合重機の売上高と特徴
01: 12: 41 世界の重電・重機大手の売上高
01: 13: 16 国内造船メーカーの再編
01: 13: 48 IHIの事業別売上高構成比
01: 14: 42 IHIの地域別売上高
01: 14: 50 国内重機大手三社の業績推移
01: 15: 10 IHIの事業セグメント別業績
01: 15: 30 航空宇宙産業の生産高
01: 15: 48 航空エンジンの国際共同開発動向
01: 16: 45 世界主要航空エンジン生産高シェア
01: 16: 59 世界の天然ガス貿易量の推移
01: 17: 16 LNGタンクの世界シェア
01: 17: 36 超々臨界圧石炭ボイラの国内シェア
01: 17: 58 火力発電用タービンの世界シェア
01: 18: 30 発電事業におけるIHIと東芝の関係
01: 18: 49 IHIセグメント別売上高と営業利益
01: 19: 05 自動車用過給機の世界シェア
01: 19: 30 各セグメントにおける個別事業の有望性
01: 20: 12 IHIの方向性(案)
01: 34: 57 タカタ
01: 40: 30 トクヤマ
01: 41: 55 日立製作所
01: 42: 22 日立製作所のセグメント別業績
01: 42: 53 アサヒグループHD
01: 43: 38 アサヒの主な海外での買収や出資
01: 44: 33 イオン
01: 44: 51 イオンのセグメント別業績
01: 45: 44 イオン大株主の持ち株比率
01: 47: 51 百貨店提携
01: 49: 22 日本郵船
01: 49: 43 バルチック海運指数*の推移
01: 50: 00 都道府県時価総額
01: 51: 14 コロワイド
01: 51: 29 コロワイドの事業領域
01: 52: 21 ソフトバンクグループ
01: 54: 32 DeNA
01: 54: 59 交流サイト運営大手の海外展開
01: 55: 56 ジャパンディスプレイ
01: 56: 47 プレイステーションVR
01: 58: 20 山形県米沢市
01: 58: 50 プレミアムフライデー
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)