ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 836

< 政 治 > 生前退位、論点多く 政治利用禁止や前天皇の身分
<国際情勢>豪、電力公社の外資売却阻止 「国益に反する」
<ビジネス>上場企業の6割が減益 消費停滞響く 4~6月経常益18%減


概要:
*天皇陛下/宮内庁がお気持ち表明のビデオメッセージを公表。生前退位のご意向を強く示唆
*民進党/蓮舫代表代行が立候補を表明。9月2日告示、15日投開票。野党共闘は岡田氏路線引き継ぎ
*原発再稼働問題/「四国電力」伊方原発3号機が再稼働。避難計画や実効性に疑問、半島5000人が孤立の恐れ
*国内企業/2016年4-6月期決算で上場企業の67%が経常減益。円高、訪日客消費がピーク、新興国の景気、低価格志向など要因
*シャープ/「鴻海精密工業」から3888億円の出資が完了。国内電機大手初の外資傘下入り。戴正呉副総裁が社長就任
*ドラッグストア業界/「マツモトキヨシ」「ツルハ」「サンドラッグ」の首位争いに「ウエルシア」が急浮上調剤、カウンセリング営業、PBで競争が激化

*ベネッセHD/2016年4-6月期決算は会員数減に歯止めかからず7億1800万円の営業赤字が。「ベルリッツ」も苦戦で米国事業も営業赤字
*カタログ通販/2016年12月期に連結赤字が105億円見通し。ECが急成長で「千趣会」などライバルも苦戦
*U-19ヒットランキング/総合1位は韓国発のスマホ自撮りアプリ「SNOW」。メーク部門1位は韓国の口紅「ティント」
*英グラクソ・スミスクライン/米「アルファベット」の子会社「ベリリー」と合弁会社設立へ。バイオエレクトロニクス(生体電子工学)に7年で約730億円投資
*テスラ・モーターズ/太陽光パネル設置「ソーラーシティ」を約2630億円で買収。生産効率向上でコスト節減
*中国配車サービス/「滴滴出行」が米「ウーバー」の中国事業を買収。中国市場1位と2位の統合で市場支配力高める
*日本通運/中国「アリババ集団」と日本商品の販売で提携。越境通販のインフラが整い、国際郵便より3割安で中国まで輸送
*韓国ロッテグループ/ソウル中央地検が背任・横領容疑で重光武雄氏の長女・辛英子氏を逮捕。創業者の重光武雄氏に545億円の脱税疑惑
*ナイキ/ゴルフ用具事業から撤退へ。ゴルフクラブ、ボールなど生産停止、シューズ、ウエアは継続
*中国企業/2016年1-6月の中国企業による海外M&Aは総額が約12兆4000億円に
*豪電力公社/政府が「オースグリッド」の外資売却を阻止。中国「国家電網」と香港「長江基建集団」が競り合い
*中国人留学生/米国の大学で中国人留学生の不正が蔓延。学業支援や留学代行企業の不正など背景
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「相模原市の加山俊夫市長」だったら、 米軍施設の一部返還、リニア新駅設置などを機にどのような街づくりを描くか?
*米民主党/クリントン氏が再びトランプ氏から支持逆転。バフェット氏がトランプ候補に納税申告書の公表求める
*米共和党/武器保有の権利を保障する憲法修正をクリントン氏が廃止想定でトランプ氏が銃支持者にはできることがある
*TPP/米下院・ライアン議長がオバマ大統領任期中の採決に議会の支持なく否定的
*サウジアラビア情勢/ムハンマド・ビン・サルマン副皇太子の存在感が急増。王室にないフランクさ、突破力に期待
*タイ新憲法/国民投票で新憲法案が賛成61%、反対39%で承認へ。軍が政治に強い影響力、非民主的制度の固定化も懸念
*タイ情勢/フアヒン、プーケットなど観光地で連続爆発テロ。2人死亡が20人以上負傷
*フィリピン情勢/ドゥテルテ大統領就任から40日。フィリピン国家警察が麻薬犯罪容疑者、計513人を取り締まり
*ロシア・トルコ関係/ロシアとトルコがサンクトペテルブルクで首脳会談。ロシア空軍の機撃墜以降初で関係正常化で一致
*2020年東京オリンピック/屋根が木造の新国立競技場では花火が使えない可能性。リオレベルの開会式は不可能
*国内株式市場/日銀のETF買いが支える日経平均の危うさ。人為的操作の市場を警戒、投資家が日本株買いに迷い
*マイナス金利政策/住宅関連ローン、投資が活性化した一方で金融機関の収益圧迫懸念が浮上
*バーゼル規制/マイナス金利、バーゼル規制強化で金利変動リスクへの警戒が強まる
*日本国債/米経済学者の大著「国家は破綻する」で終戦直後の日本が事実上の国内債務デフォルトとの記述
*広義の失業率/やむなく非正規を含めた失業率は1-3月平均で8.4%。賃金上昇圧力が高まりにくいため
*ラオックス/爆買いに急ブレーキ、2016年12月期決算で連結業績見通しを下方修正
*国内ゼネコン大手/「鹿島建設」がアルジェリアの高速道路工事で包括和解。日本の建設業界に重い課題
*米国住宅市場/2016年4-6月期の主要178都市の住宅価格は前年同期比4.9%増の約2440万円。サンノゼでは初めて約1億円を突破
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#836
0.0: 20.0: 41 天皇陛下
0.0: 27.0: 8 民進党
0.0: 30.0: 23 原発再稼働問題
0.0: 32.0: 39 原発の新規制基準適合性審査の状況
0.0: 33.0: 59 国内企業
0.0: 36.0: 46 シャープ
0.0: 38.0: 13 ドラッグストア業界
0.0: 38.0: 49 主なドラッグストアの売上高
0.0: 39.0: 50 ドラッグストアの売上高と店舗数の推移
0.0: 41.0: 20 ベネッセHD
0.0: 41.0: 50 ベネッセホールディングスの業績推移
0.0: 47.0: 13 カタログ通販
0.0: 50.0: 31 U-19ヒットランキング
0.0: 52.0: 19 英グラクソ・スミスクライン
0.0: 53.0: 54 米テスラ・モーターズ
0.0: 56.0: 3 中国配車サービス
0.0: 58.0: 45 日本通運
0.0: 59.0: 49 各国別BtoCの電子商取引市場規模
1.0: 0.0: 51 日米中の越境ECの市場規模
1.0: 1.0: 22 韓国ロッテグループ
1.0: 3.0: 34 米ナイキ
1.0: 5.0: 46 ナイキのセグメント別売上高
1.0: 5.0: 57 中国企業
1.0: 8.0: 32 今年に入っての中国企業による大型M&A案件
1.0: 9.0: 9 豪電力公社
1.0: 10.0: 38 中国人留学生
1.0: 11.0: 18 出身国別の米国への留学生数
1.0: 12.0: 10 米国に留学する中国人の推移
1.0: 14.0: 26 RTOCS
1.0: 15.0: 4 神奈川県相模原市の概要
1.0: 15.0: 55 相模原市の位置
1.0: 16.0: 16 相模原市の合併の経緯
1.0: 16.0: 39 相模原市の人口分布
1.0: 17.0: 12 相模原市へのアクセス
1.0: 18.0: 19 相模原市の米軍基地
1.0: 18.0: 44 相模総合補給廠(しょう)の返還区域
1.0: 19.0: 12 相模原市へのアクセス
1.0: 19.0: 41 リニア新幹線計画
1.0: 20.0: 5 相模原市活性化案(仮説)
1.0: 20.0: 44 リニア新幹線計画
1.0: 21.0: 6 相模原駅北口再開発案
1.0: 21.0: 42 緑区観光開発(案)
1.0: 22.0: 4 相模湖駅の快速発着化の効果
1.0: 31.0: 10 米民主党
1.0: 32.0: 5 米大統領選候補者の支持率推移
1.0: 32.0: 50 米共和党
1.0: 34.0: 21 TPP
1.0: 38.0: 3 サウジアラビア情勢
1.0: 38.0: 30 ムハンマド・ビン・サルマン副皇太子
1.0: 39.0: 17 タイ新憲法
1.0: 42.0: 31 タイ情勢
1.0: 44.0: 18 フィリピン情勢
1.0: 45.0: 11 ロシア・トルコ関係
1.0: 46.0: 29 2020年東京オリンピック
1.0: 47.0: 16 国内株式市場
1.0: 48.0: 13 マイナス金利政策
1.0: 48.0: 51 実質消費支出と全国消費者物価指数の推移
1.0: 49.0: 25 バーゼル規制
1.0: 50.0: 9 主要機関の国債保有状況
1.0: 50.0: 34 主要金融グループの純利益
1.0: 51.0: 2 日本国債
1.0: 51.0: 55 債務残高の国際比較
1.0: 52.0: 25 財政収支の国際比較
1.0: 52.0: 34 広義の失業率
1.0: 55.0: 29 ラオックス
1.0: 56.0: 43 国別の訪日外国人数と旅行支出の状況
1.0: 57.0: 16 国内ゼネコン大手
1.0: 57.0: 59 鹿島建設の国内外の売上高の推移
1.0: 58.0: 28 米住宅市場
1.0: 58.0: 49 米国主要都市圏の住宅価格の中央値
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)