ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 826

< 政 治 > 財政健全化目標を維持 消費増税先送りでも 公明「子育て・介護優先を」
< 経 済 >「隠れた税優遇」普及へ機運 確定拠出年金、主婦らも対象に 法改正、金融機関も動く
<国際情勢>フィリピン国会、ドゥテルテ大統領を正式宣言


概要:
*消費増税/政府・与党が消費増税先送り、財政健全化目標は維持。基礎的財政収支を2020年度に黒字化へ
*アメリカ経済/4月から5月中旬は緩やかに景気が拡大。自動車や不動産など個人消費が全般に拡大
*診療報酬/厚生労働省が診療報酬改定を見送る方針。社会保障費の伸びを年5000億円に抑える目標は困難に
*伊勢志摩サミット/G7で伊勢神宮参拝。海外メディアが安倍首相自身の信仰から伊勢志摩を選んだとの見方
*株主還元/2015年度配当総額は上場約3600社集計で10兆9000億円に
*REIT/2015年度下期の上場銘柄合計は前年比2倍の約1兆4800億円。都心のオフィス需要、ホテル稼働増で含み益が過去最高に
*個人型確定拠出年金/加入者は26万人で対象の0.6%どまり。改正法成立ですべての現役世代が加入可能に
*世界貿易/FTA拡大も2015年以降は横ばい。消費地での生産拡大や新興国の技術力向上などが要因
*世界海運大手/「APモーラー・マースク」が欧州航路の日本寄港を中止。華東、華南、海峡地ー南アフリカ航路船で日本をカバーへ
*国際会議/日本開催の国際会議は2015年に355回。過去最高で4年連続アジア首位
*インバウンドビジネス/スマホで訪日客を分析。「タメコ」が高精度位置情報でリアルタイムにクーポンを発行。「ナビタイム」は移動情報を国籍別に解析
*都心再開発/東京駅周辺の再開発が常盤橋エリアへ拡大。オフィス床が5割増で街が一つ増えるほどの大量供給
*旅行積み立て/「JTB」積み立て商品の4月申込件数が前年比8割増加。満期プランで年利換算1.75%上乗せ
*アゼルバイジャン情勢/ハサノフ国防相がトルコ、ジョージアと合同軍事演習で合意
*フィリピン大統領選/ドゥテルテ氏の勝利を正式宣言。6月30日に大統領就任
*米中関係/米中戦略対話の焦点が人民元から過剰設備に。オバマ政権最後の米中戦略、経済対話へ
*中朝関係/習近平国家主席が李・朝鮮労働党副委員長と会談。朝鮮半島非核化へ自制と対話求める
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「健康コーポレーションの瀬戸健社長」だったら、ライザップの成功を軸にどのような次の一手をうつか?
*原油価格/OPEC総会で増産凍結を見送り。相場堅調で無理な合意が不要、短期的には再下落圧力
*中国不良債権問題/米投資ファンドが中国の不良債権処理に参入。「KKR」が中国資産管理会社と提携
*米国再開発/NY「ハドソン・ヤーズ」が一部開業。高級マンション、商業施設、ホテル、学校など16棟の複合開発
*十勝ワイン/池田町ブドウ・ブドウ酒研究所が故池田町長・丸谷金保氏の命日に新商品を発売。568本限定生産で6000円
*ソフトバンク/中国「アリババ」の一部保有株を約9700億円で売却へ。「ガンホー」株9割を約730億円で売却へ
*新生銀行/AIで融資可能額を算出。消費者向けローンの与信審査にビッグデータを活用
*LINE/7月に東証一部上場へ。時価総額は6000億円規模で今年最大級のIPOに
*韓国造船大手/「現代重工」「サムスン重工」が3年で計約4600億円の合理化策。「大宇造船海洋」は 3期連続の赤字
*マカオカジノ/5月の賭博業収入は前年同月比9.6%減の約2500億円。24カ月連続減もマイナス幅は縮小
*世界航空業界/2016年の最終利益が前年比12%増の約4兆3000億円見通しで過去最高
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#826
0.0: 14.0: 12 消費増税
0.0: 17.0: 46 アメリカ経済
0.0: 19.0: 4 債務残高の国際比較
0.0: 19.0: 21 財政収支の国際比較
0.0: 22.0: 47 地区連銀経済報告の景気判断
0.0: 27.0: 3 診療報酬
0.0: 27.0: 32 国民医療費の推移と内訳
0.0: 27.0: 46 一般会計歳出の主要経費の推移
0.0: 29.0: 10 伊勢志摩サミット
0.0: 32.0: 21 株主還元
0.0: 34.0: 36 REIT
0.0: 36.0: 28 個人型確定拠出年金
0.0: 37.0: 19 先進諸国の年金給付水準(所得代替率)の比較
0.0: 41.0: 43 世界貿易
0.0: 43.0: 30 参考:日本の経常収支の内訳推移
0.0: 44.0: 23 世界海運大手
0.0: 45.0: 36 世界の港湾取扱貨物量ランキング
0.0: 46.0: 31 国際会議
0.0: 48.0: 35 国別の国際会議開催件数
0.0: 48.0: 45 国内都市別の国際会議開催件数
0.0: 49.0: 40 インバウンドビジネス
0.0: 52.0: 12 都心再開発
0.0: 56.0: 55 旅行積み立て
0.0: 57.0: 44 主な旅行積み立て
1.0: 1.0: 36 アゼルバイジャン情勢
1.0: 1.0: 55 中央アジア・コーカサスの国々
1.0: 3.0: 19 中央アジア・コーカサスの国々の概要
1.0: 6.0: 5 フィリピン大統領選
1.0: 11.0: 5 米中関係
1.0: 13.0: 19 中朝関係
1.0: 15.0: 21 RTOCS
1.0: 15.0: 54 会社概要
1.0: 16.0: 22 健康コーポレーションの売上高構成
1.0: 16.0: 44 健康コーポレーションの事業別売上高
1.0: 17.0: 39 健康コーポレーションの主な買収および新規事業
1.0: 18.0: 27 健康コーポレーションの営業利益、純利益
1.0: 18.0: 42 セグメント別営業利益
1.0: 19.0: 8 フィットネスクラブ売上高ランキング
1.0: 19.0: 21 国内フィットネスクラブの市場規模と業界略史
1.0: 19.0: 38 国内フィットネスクラブの新規出店数
1.0: 19.0: 53 「RIZAP」の特徴
1.0: 20.0: 58 RIZAPと統合型クラブの収益構造イメージ
1.0: 21.0: 35 セグメント別営業利益
1.0: 22.0: 10 RIZAPモデルの課題
1.0: 22.0: 44 国内健康食品市場規模
1.0: 22.0: 54 化粧品・健康食品の無店舗販売企業ランキング
1.0: 23.0: 14 健康コーポレーションの現状と課題
1.0: 24.0: 26 健康コーポレーションの方向性(案)
1.0: 26.0: 33 RIZAPと既存スポーツクラブの協業イメージ
1.0: 46.0: 3 原油価格
1.0: 46.0: 21 OPEC加盟国の原油生産量の推移
1.0: 46.0: 30 原油価格・WTI先物の推移
1.0: 47.0: 0 中国不良債権問題
1.0: 48.0: 31 米再開発
1.0: 49.0: 11 ハドソン・ヤーズ外観
1.0: 49.0: 44 十勝ワイン
1.0: 52.0: 26 ソフトバンク
1.0: 54.0: 38 新生銀行
1.0: 56.0: 35 LINE
1.0: 57.0: 29 韓国造船大手
1.0: 58.0: 19 マカオカジノ
1.0: 58.0: 31 マカオのカジノ収入に占めるVIPバカラの割合
1.0: 59.0: 5 世界航空業界
1.0: 59.0: 12 世界の航空業界の経営実績
1.0: 59.0: 19 地域別航空業界の最終損益
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)