ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】組織人事ライブ > 組織人事ライブ 614

ゼミナール 組織人事の世界観(5)~経営観、人生観~
ゲスト:豊田 建氏(富士通株式会社 インテグレーションサービス人事部長)
    豊田義博氏(リクルートワークス研究所 主幹研究員)


概要:
近現代における社会科学や自然科学の名著から、その理解を共通のベースとして組織人事に関係する世界観を考えるシリーズの最終回。本番組では、富士通株式会社インテグレーションサービス人事部長の豊田建氏と、リクルートワークス研究所主幹研究員の豊田義博氏を招き、経営観として『経営は何をすべきか』(ゲイリー・ハメル著)、人生観として『50歳までに生き生きとした老いを準備する』(ジョージ・E・ヴァイラント著)を読み解きながら、ビジネスや人生にどのように反映させていくかを考察する。
『経営は何をすべきか』において著者は、現代における経営に求められる役割は、理念・イノベーション・適応力・情熱・イデオロギーにあるとして、さまざまな企業事例を紹介しながら解説する。理念に正解はない。時流に合わせ、人の心を動かす理念をボトムアップで幅広く議論しながら創造する過程こそが大切だ。イノベーションを起こすには痛みを伴うこともあり、軸がぶれない組織やリーダーになることが必要である。適応力とは思考行動特性が変容することだ。思い込みを捨て、環境が変わったときには客観的に自己分析して行動を起こす習慣を、個人も組織も身に付けなければならない。情熱が失せた段階で世代交代を考えるのが経営者の責務だ。働きたいと感じる魅力をイデオロギーに反映させた組織には必要な人材が集まってくる。
『50歳までに生き生きとした老いを準備する』の原題は、『Aging Well』(よく年を取る)だ。60年にわたり数百人規模の3集団を継続的に面接調査した結果を医師が分析している。幸福な老いをもたらす要因は、非喫煙、健康的体重を維持、適度な運動の継続、高学歴、アルコール依存症がないこと、安定した結婚生活、成熟した防衛機制(困難なことに遭遇した場合にポジティブに適応できること)だという。
人生には、自分でコントロールできることと、できないことがある。チャレンジすればできることを、能力がないと決めつけて投げ出さず、どうにもならないことは前向きに受容する。40代までに得た知恵をベースに、年を取ってからは習慣的に行動できるか、時間や気力は、思考ではなく行動に、計画ではなく実行に移すことが重要だ。健康もキャリアも意図的に習慣化することで、生き生きとした老いへと導かれる確率は上がる。ささいなことを大げさに騒ぎ立てず、逆境をうまく利用する能力をいかに高めるか。日本が抱えている問題の本質を理解しながら、私たちには変わることができる部分がまだ多くある。外部にアンテナを高く張り、本をしっかり読み、学びを深めていただきたい。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 ゼミナール 組織人事の世界観(5)~経営観、人生観~
00: 00: 49 ゼミナール 組織人事の世界観(5)~経営観、人生観~
00: 01: 03 ゼミナールの目的
00: 01: 42 テーマと課題図書
00: 03: 21 「経営は何をすべきか」のキーメッセージ(1)
00: 03: 24 「経営は何をすべきか」のキーメッセージ(2)
00: 05: 22 経営観「経営は何をすべきか」 豊田建氏(1)
00: 05: 24 経営観「経営は何をすべきか」 豊田建氏(2)
00: 06: 39 経営観「経営は何をすべきか」 豊田建氏(3)
00: 06: 40 経営観「経営は何をすべきか」 豊田建氏(4)
00: 07: 31 経営観「経営は何をすべきか」 豊田建氏(5)
00: 07: 32 経営観「経営は何をすべきか」 豊田建氏(6)
00: 08: 53 経営観「経営は何をすべきか」 豊田義博氏(1)
00: 08: 55 経営観「経営は何をすべきか」 豊田義博氏(2)
00: 09: 20 経営観「経営は何をすべきか」 豊田義博氏(3)
00: 09: 22 経営観「経営は何をすべきか」 豊田義博氏(4)
00: 09: 55 経営観「経営は何をすべきか」 豊田義博氏(5)
00: 09: 56 経営観「経営は何をすべきか」 豊田義博氏(6)
00: 13: 20 経営観「経営は何をすべきか」 豊田義博氏(7)
00: 13: 21 経営観「経営は何をすべきか」 豊田義博氏(8)
00: 14: 59 経営観「経営は何をすべきか」 豊田義博氏(9)
00: 15: 00 経営観「経営は何をすべきか」 豊田義博氏(10)
00: 18: 40 1.どうすれば人々の心を打ち、動かす理念が生まれるのか(1)
00: 18: 45 1.どうすれば人々の心を打ち、動かす理念が生まれるのか(2)
00: 21: 36 2.どうすればイノベーションを起こす人になれるのだろうか(1)
00: 21: 43 2.どうすればイノベーションを起こす人になれるのだろうか(2)
00: 24: 32 3.適応力に富む個人、組織になるのはどうすればよいのか(1)
00: 24: 37 3.適応力に富む個人、組織になるのはどうすればよいのか(2)
00: 27: 48 4.情熱はどのように生まれ、継続するのか(1)
00: 27: 51 4.情熱はどのように生まれ、継続するのか(2)
00: 28: 56 5.イデオロギーはどのように発想し、確信するのだろうか(1)
00: 29: 00 5.イデオロギーはどのように発想し、確信するのだろうか(2)
00: 32: 17 「50歳までに~」のキーメッセージ 幸福な老いの7つのライフスタイル(1)
00: 32: 42 「50歳までに~」のキーメッセージ 幸福な老いの7つのライフスタイル(2)
00: 39: 12 人生観「50歳までに生き生きとした~」 豊田建氏(1)
00: 39: 13 人生観「50歳までに生き生きとした~」 豊田建氏(2)
00: 40: 32 人生観「50歳までに生き生きとした~」 豊田建氏(3)
00: 40: 33 人生観「50歳までに生き生きとした~」 豊田建氏(4)
00: 40: 53 人生観「50歳までに生き生きとした~」 豊田建氏(5)
00: 42: 04 人生観「50歳までに生き生きとした~」 豊田義博氏(1)
00: 42: 05 人生観「50歳までに生き生きとした~」 豊田義博氏(2)
00: 43: 12 人生観「50歳までに生き生きとした~」 豊田義博氏(3)
00: 43: 14 人生観「50歳までに生き生きとした~」 豊田義博氏(4)
00: 45: 07 人生観「50歳までに生き生きとした~」 豊田義博氏(5)
00: 45: 08 人生観「50歳までに生き生きとした~」 豊田義博氏(6)
00: 45: 22 人生観「50歳までに生き生きとした~」 豊田義博氏(7)
00: 45: 23 人生観「50歳までに生き生きとした~」 豊田義博氏(8)
00: 48: 45 脱工業化社会の人生観(1)
00: 48: 49 脱工業化社会の人生観(2)
00: 57: 38 テーマと課題図書
講師紹介: 高橋 俊介(たかはし しゅんすけ)
慶應義塾大学SFC研究所上席所員
組織・人事に関する日本の権威の一人。プリンストン大学大学院工学部修士課程修了。マッキンゼー・アンド・カンパニー、ザ・ワイアット・カンパニーに勤務後、独立。
人事を軸としたマネジメント改革の専門家として幅広い分野で活躍中。
主な著書に『自由と自己責任のマネジメント』、『自立・変革・創造のマネジメント』、『キャリアショック』、『組織改革』、『人材マネジメント論』など。

『高橋 俊介』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:岩崎 里衣

Copyright(c)