ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】組織人事ライブ > 組織人事ライブ 612

オリックス・ビジネスセンター沖縄 BPOの「働き方改革」
ゲスト:井戸洋行氏(オリックス・ビジネスセンター沖縄株式会社 執行役員)
    平良一恵氏(オリックス・ビジネスセンター沖縄株式会社 企画開発部部長)


概要:
オリックス・ビジネスセンター沖縄株式会社では、基本的にはオリックスグループ各社に分散していた業務を集約して行っている。沖縄にある3カ所の事業所で約800名の従業員のうち女性が9割を占め、子育て中の女性が多いというのが特徴だ。同社でも働き方改革と生産性は非常に密接な関係を持っている。本番組では、同社執行役員である井戸洋行氏と企画開発部部長である平良一恵氏を招き、ITが果たす役割を中心に、同社における生産性を高めるための取り組みを伺う。
オリックス・ビジネスセンター沖縄では、経理・人事・総務といった間接業務ではなく、リースや与信の申し込み受け付け、レンタカーの予約関連業務、生命保険や銀行などの顧客対応や事務処理等、営業に直接関わる業務を幅広く行っている。生産性を向上させるため、「ECOまるマネジメント」プロジェクトを2009年に開始。業務を漏れなく書きだし、業務にかかった時間を分野別に計測・分析、時期や時間による業務の繁閑差やスキルのミスマッチを明確にした。
社内でハローワークDBを設け、繁忙時には求人を、人員に余剰が出そうな場合は求職を、リーダーがすることでチームを越えて助け合う簡易業務応援システムを確立。あらかじめ業務繁閑が相反することが分かっているチーム同士は、事前にマルチスキルを習得して協業体制を取り、繁閑差を解消。作業が遅い人、早くても正確性に欠ける人は作業動画で比較分析、無駄な工程を省き、個人差を縮小して全体的な生産性の底上げを図った。

2014年、業務計測ツール「ECOまるアーツ」を新たに導入。リーダーは作業実績やメンバーの進捗状況をリアルタイムで確認でき、スタッフは作業が移るたびにマウスをクリックするだけで作業ごとにかかった時間が自動計算されるなど、業務可視化が容易になった。当初はスタッフから不信感を抱かれていたが、忙しい人や困っている人がすぐ分かると能動的に手伝いやすくなり、成果が出たことで業務理解も進んだという。他チームを応援することで新たなコミュニケーションも生まれ、改善や工夫する意識改革も進んだ。

女性が多い職場でもあり、働き方の多様化にも対応するべく、システムを活用して在宅勤務制度も導入。業務を細かく切り分けて、障害者やクラウドワーカーまで雇用を広げることも模索している。事務部門は非コアで地味な職場であるが、BPO(自社業務の一部を外部専門企業に委託すること)となり、受注元の生産性や質を向上させれば誇りを持てるコア業務となる。根底には助け合う精神がベースにあることが重要だろう。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 オリックス・ビジネスセンター沖縄 BPOの「働き方改革」
00: 01: 25 井戸洋行氏 プロファイル
00: 02: 04 平良一恵氏 プロファイル
00: 03: 33 組織人事Live #612 オリックス・ビジネスセンター 沖縄BPOの「働き方改革」
00: 03: 40 今日の流れ
00: 04: 11 1 オリックス・ビジネスセンター沖縄の概要
00: 04: 18 会社概要
00: 04: 57 オリックスグループのシェアードサービスセンター
00: 06: 01 オリックス・ビジネスセンター沖縄の受託業務
00: 09: 31 2 生産性管理(ECOまるマネジメント)
00: 09: 56 生産性管理(ECOまるマネジメント)のプロセス(1)
00: 09: 57 生産性管理(ECOまるマネジメント)のプロセス(2)
00: 11: 23 生産性管理(ECOまるマネジメント)のプロセス(3)
00: 12: 19 生産性管理(ECOまるマネジメント)のプロセス(4)
00: 13: 08 生産性管理(ECOまるマネジメント)のプロセス(5)
00: 13: 15 生産性管理(ECOまるマネジメント)のプロセス(6)
00: 13: 39 可視化をすると見えてくること
00: 16: 08 業務量に応じたスタッフィング
00: 19: 58 動線分析によるムダの排除(1)
00: 20: 14 動線分析によるムダの排除(2)
00: 25: 57 3 計測ツール(ECOまるアーツの特徴)
00: 26: 08 可視化を支える業務計測ツール | ECOまるアーツ(1)
00: 30: 59 可視化を支える業務計測ツール | ECOまるアーツ(2)
00: 36: 59 可視化を支える業務計測ツール | ECOまるアーツ(3)
00: 43: 12 4 生産性管理のまとめと今後の展開
00: 43: 19 生産性管理の軌跡
00: 45: 34 プロジェクト開始時と現在の比較(1)
00: 45: 36 プロジェクト開始時と現在の比較(2)
00: 46: 08 プロジェクト開始時と現在の比較(3)
00: 46: 20 プロジェクト開始時と現在の比較(4)
00: 46: 35 プロジェクト開始時と現在の比較(5)
00: 46: 52 プロジェクト開始時と現在の比較(6)
00: 47: 14 プロジェクト開始時と現在の比較(7)
00: 47: 34 プロジェクト開始時と現在の比較(8)
00: 47: 43 プロジェクト開始時と現在の比較(9)
00: 48: 31 「働き方の多様化」への展開(1)
00: 48: 44 「働き方の多様化」への展開(2)
00: 48: 47 「働き方の多様化」への展開(3)
00: 48: 50 「働き方の多様化」への展開(4)
00: 49: 42 「働き方の多様化」への展開(5)
00: 49: 43 「働き方の多様化」への展開(6)
00: 50: 19 マイクロタスク化への展開
00: 53: 49 プライベートワークグループ組成へ(1)
00: 53: 52 プライベートワークグループ組成へ(2)
00: 58: 08 今日のまとめ
講師紹介: 高橋 俊介(たかはし しゅんすけ)
慶應義塾大学SFC研究所上席所員
組織・人事に関する日本の権威の一人。プリンストン大学大学院工学部修士課程修了。マッキンゼー・アンド・カンパニー、ザ・ワイアット・カンパニーに勤務後、独立。
人事を軸としたマネジメント改革の専門家として幅広い分野で活躍中。
主な著書に『自由と自己責任のマネジメント』、『自立・変革・創造のマネジメント』、『キャリアショック』、『組織改革』、『人材マネジメント論』など。

『高橋 俊介』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:岩崎 里衣

Copyright(c)