ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一アワー > 大前研一アワー 383

【HUE Innovation Tour in OSAKA講演】日本から世界的イノベーションを生むには


概要:
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 日本から世界的イノベーションを生むには
00: 00: 51 日本は教育を変えないと世界で通用するプロフェッショナルは生まれない
00: 05: 07 21世紀に求められる尖った人材とは?(1)
00: 05: 10 21世紀に求められる尖った人材とは?(2)
00: 06: 48 資料(1)
00: 07: 50 既成をぶち壊し、世の中を変えていく異才たち
00: 09: 55 テクノロジーによって、産業の垣根が無くなり、全ての産業、全ての企業が「テクノロジー企業」となる
00: 13: 51 プロフェッショナルの定義が変ってきた
00: 14: 04 「答えを見つける能力」をどう育むか?
00: 15: 22 答えが見つかってからの能力
00: 16: 29 起業に強いBBT
00: 19: 22 日本発のGLOBAL商品・システム・事業
00: 22: 49 日本の得意技だったハードのイノベーションがいまや部品を通じてスマホのアイコン一つになってしまった…
00: 24: 24 ABSにおけるビジネスアイデア創出方法:パターン(1)
00: 26: 05 ABSにおけるビジネスアイデア創出方法:パターン(2)
00: 26: 12 ABSにおけるビジネスアイデア創出方法:パターン(3)
00: 26: 59 ABSにおけるビジネスアイデア創出方法:パターン(4)
00: 27: 56 ABSにおけるビジネスアイデア創出方法:パターン(5)
00: 29: 08 シェアの概念が変わりつつあり、自らはリソースを持たないで空きリソース(IDLE)をマッチング・・・
00: 32: 52 空きリソースを活用した新しいシェアリングサービスが登場している
00: 33: 49 「akippa」は全国の空いている月極や個人の駐車場を一時利用できるサービス
00: 34: 25 “iPad魚屋”は、魚を仕入れる必要がなく、店舗も持たない。新鮮な魚介類をiPadに映し出し・・・
00: 35: 38 ラクスルはチラシなどの小口印刷をインターネットで受注し、全国の中小印刷会社の・・・
00: 36: 56 これらのアイドルエコノミーの主要プレイヤーは、限界突破の発想法を駆使している
00: 40: 55 LINEはECに取り組むよりも、「動員」や「誘発」といった要素を進化させることで・・・
00: 41: 58 ABSにおけるビジネスアイデア創出方法:パターン(6)
00: 42: 05 位置情報の取得方法には、GPS、屋内の近距離無線測位など様々な方法があるが・・・
00: 42: 23 位置情報サービスの利用分野は、産業、個人・家庭、公共部門など広がりを見せている
00: 43: 26 国内の位置情報関連産業の市場規模は、2012年の時点で約20兆円であったが・・・
00: 43: 37 コマツは、位置情報を活用した建機の車両管理サービス「KOMTRAX」だけでなく・・・
00: 44: 15 ヤンマーは、トラクターやコンバインにGPSやセンサーを装着し、農機の位置や・・・
00: 44: 27 ゴルフ場用芝刈り機を、GPSとジャイロセンサーを用いて自動化させることによって・・・
00: 45: 11 ドコモインサイトマーケティングは、訪日外国人200万人の位置データ分析し・・・
00: 46: 03 safieは、PC・スマホでいつでも見れる、屋外にも設置可能なセキュリティカメラ・・・
00: 47: 14 「アイドルエコノミー」に「位置情報」を組み合わせれば、まさに“商い無限”
00: 47: 34 日本発グローバルビジネス:世界化の為のコツ(1)
00: 47: 41 日本発グローバルビジネス:世界化の為のコツ(2)
00: 47: 47 ヒト・モノ・カネを自前で囲い込まず、「3つのクラウド」を戦略的に活用できるかどうかが・・・
00: 48: 04 ITと自動車が融合した「コネクテッド・カー」が本格化しており、クルマの新たな使い道を・・・
00: 48: 12 自動車で使われるエレクトロニクス・ソフトウェアの割合は増加しており・・・
00: 48: 18 スマホと連携させた、周辺領域の機器・デバイス開発が進み、スマホ中心の・・・
00: 49: 04 Q:変化か変異か
00: 50: 49 21世紀の新しい“染色体”特集
00: 50: 54 資料(2)
00: 51: 14 資料(3)
00: 51: 29 Uber:会社のシステムが“無国籍”で、サイバーシステム上で構築
00: 53: 45 日本発グローバルビジネス:世界化の為のコツ(3)
00: 53: 59 人材の供給源
00: 54: 30 <事例> インドの輸出産業=最大のものは人材(1)
00: 54: 39 <事例> インドの輸出産業=最大のものは人材(2)
00: 54: 56 インド人は、大手ITグローバル企業のCEOもしくは、CEO候補として活躍している
00: 55: 42 ドイツのデュアルシステム
00: 55: 55 台湾はアメリカでのIPOでインド、イスラエルと並んでトップ3となっている・・・
00: 56: 14 主な台湾企業がフォーカスしている機能・事業
00: 56: 19 資料(4)
00: 56: 34 日本発グローバルビジネス:世界化の為のコツ(4)
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索

Copyright(c)