ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一アワー > 大前研一アワー 382

【向研会】21世紀の人材戦略


概要:
現在の日本では、国内市場の縮小、破壊的イノベーションの登場、欧米や新興国企業との競争激化など、企業を取り巻く環境が大きく変化している。企業の経営課題は「人」に集約され、「個人の力」を最大限活用できなければ国も企業も生き残れない時代が到来。将来を見据えたビジョン構築と、「21世紀の人材戦略」が不可欠となる。本番組では、「21世紀の人材戦略」のあるべき姿を検証し、日本企業が世界の潮流に取り残されないために取り組まなくてはならない論点を整理する。
21世紀に入りボーダーレス経済が拡大し、企業はグローバルに成長する道を進み、世界市場での競争が激化した。日本企業が富を創出して生き残っていくためには、世界最適化が求められる。日本の経営者も、最大の経営課題は人材の確保・育成だと捉えているが、日本の雇用慣行は、昭和30年代の集団就職の時代からあまり変わっておらず、欧米グローバル企業の人材戦略から大きく後れを取っている。21世紀に求められる人材は、PayPalの創業に関わりテスラモーターズ、スペースXを創業した起業家イーロン・マスク、廉価クレジットカード決済システムのSquareを立ち上げたジャック・ドーシー、Amazon創業者のジェフ・ベゾスなど、イノベーションを起こすリーダーである。企業は社内外から、どの業務に、どの人材を活用するかを明確にし、人材ポートフォリオを構成する必要がある。

日本企業が21世紀の人材戦略を進めるためには多くの課題があるが、世界の潮流に取り残されないためには、新卒採用か中途採用か? 採用する年齢を下げてはどうか? 正規社員か契約か? ダイバーシティにどう取り組むか? などの論点から取り組んでいくしかない。
例えば、国籍に関係なく優秀な人材を採用するために、いつでも採用できる中途採用を中心に実施する。正規社員をとことん絞ってクラウドソーシングを活用する。国の政策に関わりなく世界中から適材を採用するイミノミクスを積極的に行う。ロート製薬、サイボウズなどのように副業を容認し、個人の能力を引き伸ばし本業に活用するなど、自社の人材戦略を徹底的に洗い直してみる必要がある。
日本企業は、人材不足会議を設置し、10年後の自社に必要な人材スキルマップを描き、そのギャップを埋めるための採用計画を立てるなどが有効だろう。21世紀は「個人の力」がなければ国も企業も生き残れない時代だ。日本の事業家は、将来を見据えたビジョン構築と、「21世紀の人材戦略」を知り、実践していくことで企業の成長を目指していただきたい。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 21世紀の人材戦略
00: 07: 10 1.日本の採用制度の問題(1)
00: 09: 36 1.日本の採用制度の問題(2)
00: 10: 48 1.日本の採用制度の問題(3)
00: 16: 33 2. ボーダレス経済における世界最適化
00: 17: 48 3. 21世紀の企業の人材戦略
00: 19: 54 4. 21世紀に求められる人材とは?
00: 21: 18 5. グローバル人材をいかに採用・育成するか?(1)
00: 22: 38 5. グローバル人材をいかに採用・育成するか?(2)
00: 24: 30 5. グローバル人材をいかに採用・育成するか?(3)
00: 25: 27 5. グローバル人材をいかに採用・育成するか?(4)
00: 27: 14 6. イノベーターをいかに採用・育成するか?(1)
00: 29: 26 6. イノベーターをいかに採用・育成するか?(2)
00: 31: 04 6. イノベーターをいかに採用・育成するか?(3)
00: 32: 38 6. イノベーターをいかに採用・育成するか?(4)
00: 34: 06 7. 経営者人材をいかに採用するか?
00: 37: 37 8. 日本企業の人材戦略・雇用制度の何が問題なのか?
00: 38: 25 9. 日本企業の人材戦略・雇用制度「10の論点」
00: 40: 02 9. 日本企業の人材戦略・雇用制度の論点(1)
00: 43: 17 9. 日本企業の人材戦略・雇用制度の論点(2)
00: 44: 36 9. 日本企業の人材戦略・雇用制度の論点(3)
00: 45: 27 9. 日本企業の人材戦略・雇用制度の論点(4)
00: 46: 22 9. 日本企業の人材戦略・雇用制度の論点(5)
00: 48: 03 9. 日本企業の人材戦略・雇用制度の論点(6)
00: 48: 36 9. 日本企業の人材戦略・雇用制度の論点(7)
00: 49: 05 9. 日本企業の人材戦略・雇用制度の論点(8)
00: 51: 09 9. 日本企業の人材戦略・雇用制度の論点(9)
00: 52: 36 9. 日本企業の人材戦略・雇用制度の論点(10)
00: 54: 04 9. 日本企業の人材戦略・雇用制度の論点(11)
00: 55: 49 10. 日本企業はどうすればよいのか?(どう採用するか?いかに育成/活用するか?)(1)
00: 57: 48 10. 日本企業はどうすればよいのか?(どう採用するか?いかに育成/活用するか?)(2)
00: 58: 11 まとめ(21世紀の人材戦略とは?)
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索

Copyright(c)