ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一アワー > 大前研一アワー 374

【Fuji Xerox Solutions & Services Fair 講演】生き残るのは、変化できる者


概要:
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 生き残るのは、変化できる者
00: 00: 55 攻撃にさらされ、保護され、ますます衰退した、、、
00: 03: 22 日本の農家は、兼業コメ農家が中心で、野菜・畜産など、付加価値の高い農作物を・・・
00: 04: 57 主要国の平均経営農地面積の比較
00: 06: 22 年齢別農業就業人口の推移
00: 07: 13 攻撃にさらされ,変化して,良くなった例
00: 11: 19 スイスは日本の水晶時計とディジタル時計で壊滅的な打撃を被った
00: 11: 31 スウォッチは、ファッションブランド、高級ブランドとして時計を位置づけ、・・・
00: 11: 52 スイスの時計産業は400年前の技術に戻ることによってブランドを再確立した・・・
00: 12: 09 “価値”で勝負し世界一を奪い返したスイスの時計産業
00: 12: 48 イタリアは、政府債務残高の対GDP比が先進国では日本に次いで高く、・・・
00: 13: 19 ヴェネツィア・ボローニャ・フィレンツェなど、イタリア北東部から中部にかけての都市は・・・
00: 13: 57 政府は問題を抱えている一方、イタリアは都市の大半が自前の産業を持って世界化し・・・
00: 15: 32 イタリアは、世界でトップクラスの超高級車を製造している・・・
00: 16: 08 ベッルーノ(ヴェネト州)の眼鏡産地は、世界ブランドとの契約、・・・
00: 16: 36 オランダは九州ほどの国土小国ながら、世界第二位の農業輸出国である
00: 17: 41 オランダは、原材料をEU域外、完成品をEU内から輸入し、主にEU向けに輸出している
00: 18: 28 21世紀には新しい秩序を書く者が勝つ⇒尖った人材(1)
00: 18: 34 21世紀には新しい秩序を書く者が勝つ⇒尖った人材(2)
00: 21: 10 ヒト・モノ・カネを自前で囲い込まず、「3つのクラウド」を戦略的に活用できるかどうかが・・・
00: 21: 54 テクノロジーによって、産業の垣根が無くなり、全ての産業、全ての企業が・・・
00: 23: 12 21世紀に求められる尖った人材とは?(1)
00: 23: 25 21世紀に求められる尖った人材とは?(2)
00: 24: 03 スマホと連携させた、周辺領域の機器・デバイス開発が進み、・・・
00: 26: 07 21世紀には新しい秩序を書くものが勝つ
00: 26: 20 既成をぶち壊し、世の中を変えていく異才たち
00: 26: 57 米スクエア社の決済サービスを導入する企業が増えており、・・・
00: 28: 08 テスラモーターズは、自動車をソフト商品として把え、販売後にバージョンアップや・・・
00: 29: 04 ITと自動車が融合した「コネクテッド・カー」が本格化しており、・・・
00: 29: 10 自動車で使われるエレクトロニクス・ソフトウェアの割合は増加しており、・・・
00: 29: 56 資料
00: 30: 36 アマゾンの物流ロボットKivaは、従業員の指示で棚や荷物を 従業員の所に運ぶなど、・・・
00: 31: 39 売上は順調に伸びているが、実際は社運を賭けたリスクを取っている。
00: 32: 47 日本は大きな問題を抱えており国としての展望は暗い。。。しかし、・・・
00: 36: 19 クラウドを駆使して頭の中で有機的に結合することで、中小企業や個人でも・・・
00: 36: 47 米プラクティス・フュージョン社は、ウェブベースの電子カルテシステムを無料で提供し、・・・
00: 38: 07 クラウドにドキュメントや画像、動画、音声などのファイルを置くことによって、・・・
00: 38: 50 自国市場が小さい ⇒世界市場とすれば大いなる成長性
00: 39: 42 伸びる市場に出て行くことで、その市場とともに事業を伸ばすことができる
00: 39: 47 企業は、これから人口ボーナスを迎える国に行き、・・・
00: 41: 25 スイスは国土が狭く、人口が少ないため世界に積極的に進出することで成長の活路を拓いている
00: 43: 13 スウェーデン発の世界的な企業も多い
00: 43: 26 イケアやH&Mは、本国でデザイン・設計し、業務システムを標準化した上で、・・・
00: 43: 46 自ら変化できない企業はM&Aを企業変革のテコに使い常に自らを変化しつづける
00: 44: 16 日本の得意技だったハードのイノベーションがいまや部品を通じて・・・
00: 44: 53 ネスレやユニリーバは、事業の価値を見極めたうえで、同じ事業カテゴリーでも・・・
00: 45: 48 GEは新たな構造改革をすすめており、金融から引き上げ産業分野に再分配、・・・
00: 46: 03 M&Aを得意とする企業は、社内にそのノウハウ・スキルを蓄積する仕掛けとして、・・・
00: 46: 41 ボーダレス化がすすむなかで、国内での過当競争を改善しグローバルで競争するためにも、・・・
00: 47: 03 日本のビール会社(キリン、アサヒ、サッポロ、サントリー)は世界シェアでみると・・・
00: 47: 41 タイ、シンガポール、マレーシアをはじめとするASEAN企業は、・・・
00: 47: 53 JTはたばこ業界の急激な構造変化に対応するため、「世界で戦うための時間を買う」という・・・
00: 48: 37 ブジヂストンは、1988年に米ファイアストンを買収、大規模リコール問題を経て・・・
00: 49: 20 富士フイルムはM&Aで事業ポートフォリオを大幅に変更、近年は医薬品・再生医療を・・・
00: 50: 07 日本電産は1984年以降で46社のM&Aを実施、コア事業の精密小型モーターに加え、・・・
00: 50: 34 調味料大手ミツカンは、人口減少で縮小が避けられない国内市場から軸足移し、・・・
00: 51: 20 カルビーは創業者の死去を機に、外部から社長を招き同族経営を廃止、・・・
00: 51: 42 マーケティング調査のマクロミル社は、投資ファンドの傘下に入り非上場化したのち、・・・
00: 52: 36 人材は世界的に集めてくる
00: 54: 00 <事例> インドの輸出産業=最大のものは人材(1)
00: 54: 07 <事例> インドの輸出産業=最大のものは人材(2)
00: 54: 27 インド人は、大手ITグローバル企業のCEOもしくは、CEO候補として活躍している
00: 54: 49 Q:変化か変異か
00: 55: 40 11月1日号21世紀の変異した企業の特集
00: 55: 50 UBER
00: 55: 55 UBER:生まれて5年で全世界へ展開
00: 56: 24 Uber CEOMr. Travis Kalanick
00: 56: 30 会社のシステムが“無国籍”で、サイバーシステム上で構築
00: 57: 30 「100億ドル超え」の米国の未上場ベンチャー企業“ユニコーン”
00: 58: 13 生き残るのは…
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索

Copyright(c)