ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 807

< 経  済 >昨年の1人あたりGDP 日本転落、OECD20位 70年以来最低、円安響く
<ビジネス>革新機構、東芝再建を支援 シャープと家電統合検討
<国際情勢>中国政府の批判本影響? 香港で失踪相次ぐ 書店関係者ら5人


概要:
*国内GDP/2014年の1人当たりGDPは前年比6.0%減少の3万6230ドル。OECD34カ国中、日本は20位
*GDP算出法/企業の研究開発費など2016年7-9月期から新たに算入。名目GDPが3%以上、約15兆円増加見通し
*国債発行/2015年度当初計画比で16兆円増、4年連続の引き上げで過去最高。前倒し債の上限額を48兆円に
*国内財政/”日本の借金1000兆円はやっぱりウソでした”と現代ビジネスが記事掲載。経済学者・高橋洋一氏が150~200兆円、GDP比30~40%程度と指摘
*地方創生/20県が本社移転で税制優遇。長野県、富山県、石川県が法人税を3年間90%以上の減額
*農協改革/23道県が農協の再編を計画。山梨、福井、岡山、広島など12県が県内1農協体制に
*首都高速道路/日本橋の首都高高架を特区で地下化へ。国交省と東京都が3月にも都市計画決定手続き
*再開発規制/政府が大型マンション、団地の建て替え規制を緩和。必要な所有者合意で現在の8割以上を3分の2へ
*東芝/経済産業省と産業革新機構が支援へ具体的協議入り。白物家電を「シャープ」と統合、新会社に革新機構が出資など
*北朝鮮情勢/朝鮮中央テレビが”初の水爆実験に成功”と報道。米国政府は水爆に対して否定的な見方
*従軍慰安婦問題/日韓外相が従軍慰安婦問題決着で合意。安倍首相が心からのおわびと反省
*日韓関係/安倍首相と朴大統領が電話協議で日韓合意を改めて歓迎
*対キューバ債務/日本政府が遅延損害金約1200億円を免除。元本と金利の約600億円は返済期限を延長
*地方分権/民主党・地域主権調査会が道州制導入など柱に独自案まとめ。夏の参院選で争点に据える
*おおさか維新の会/独自の憲法改正草案つくる方針。戦略本部会議設け、橋下・前大阪市長や憲法学者ら参加
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「自分株式会社の社長」だったら、2015年の手帳を見てどのくらい時間が無駄になったかを分析し、2016年に時間配分を何の目的のためにどのように変えていくか?
*中国株価対策/個人投資家のパニック売り誘発で1月7日に中国証券監督当局がサーキットブレーカーを停止に
*香港情勢/中国共産党に批判的な書籍を扱う香港の書店関係者らが行方不明で香港警察が捜査
*中国反テロ法/反テロ法が可決、成立。データ解析に必要な暗号化キーの公安提供を事実上義務付け
*オーストラリア情勢/北部こそ宝の山が隠れる心臓部。中国「嵐橋集団」にダーウィン港経営権を移譲
*オバマ大統領/カリフォルニア州サニーランドにASEAN10カ国首脳を招き会議
*アジアインフラ投資銀行/フィリピンが締め切り間際にAIIB加盟を発表。南シナ海問題で可否を慎重検討
*中国インフラ事業/インドネシア高速鉄道の着工遅れ。タイ、ベトナム、フィリピンでも問題に
*マレーシア情勢/発電、不動産の1MDBの資産を中国国有企業に相次ぎ売却。中国企業がマレーシアとクアラルンプールの再開発計画に出資
*シリア情勢/イスラム軍指導者・アッルーシュ氏など反体制派拠点の空爆で指導者ら幹部が死亡
*中東情勢/サウジアラビアがイランとの外交を断絶。シリア内戦解決へのマイナス影響を懸念
*ブリヂストン/米「ペップボーイズ」買収を断念。カール・アイカーン氏と買収契約
*アサヒグループHD/米飲料大手「トーキングレイン」を500億円規模で買収へ
*楽天/「ヤフー」の猛攻によるトップ陥落。停滞鮮明で成長シナリオに必死
*ANA HD/エアバスA380を国内勢で初の導入へ。3機で約1500億円、ハワイ路線など2018年度に投入
*ノルウェー政府系ファンド/ノルウェー財務省が株式保有比率を見直しへ委員会を設置。資産約96兆円の約6割を株式運用
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#807
0.0: 13.0: 11 国内GDP
0.0: 13.0: 49 主要国の一人あたり名目GDP
0.0: 14.0: 24 日本の一人あたり名目GDPの推移
0.0: 14.0: 57 GDP算出法
0.0: 17.0: 17 国債発行
0.0: 18.0: 15 国内財政
0.0: 22.0: 50 安倍首相
0.0: 28.0: 27 国内株式市場
0.0: 30.0: 7 日経平均の推移
0.0: 31.0: 28 地方創生
0.0: 33.0: 32 農協改革
0.0: 34.0: 11 農協数の推移
0.0: 37.0: 1 首都高速道路
0.0: 40.0: 21 再開発規制
0.0: 40.0: 56 老朽マンションとマンション建て替え件数の推移
0.0: 42.0: 53 東芝
0.0: 48.0: 50 北朝鮮情勢
0.0: 58.0: 2 従軍慰安婦問題
1.0: 4.0: 28 日韓関係
1.0: 8.0: 55 対キューバ債務
1.0: 10.0: 47 地方分権
1.0: 11.0: 44 おおさか維新の会
1.0: 17.0: 11 RTOCS
1.0: 18.0: 21 大前流「自分を変革する3つの方法」
1.0: 18.0: 35 一般的ビジネスパーソンの平日の時間配分
1.0: 19.0: 52 2016年「自分株式会社」の成長戦略
1.0: 21.0: 1 2016年「自分株式会社」の成長戦略
1.0: 22.0: 6 2016年「自分株式会社」の成長戦略
1.0: 23.0: 0 2016年「自分株式会社」の成長戦略
1.0: 23.0: 31 2016年「自分株式会社」の成長戦略
1.0: 24.0: 20 2016年「自分株式会社」の成長戦略
1.0: 29.0: 12 飲み残りワイン
1.0: 31.0: 32 中国株価対策
1.0: 33.0: 7 上海総合指数の推移
1.0: 33.0: 28 対米ドルでの人民元相場の推移
1.0: 34.0: 55 香港情勢
1.0: 35.0: 49 中国と英国が締結した香港についての共同声明
1.0: 38.0: 10 中国反テロ法
1.0: 39.0: 21 オーストラリア情勢
1.0: 39.0: 56 豪州北部準州ダーウィン
1.0: 41.0: 48 米オバマ大統領
1.0: 43.0: 4 アジアインフラ投資銀行
1.0: 43.0: 48 中国インフラ事業
1.0: 44.0: 22 問題が指摘される中国企業が受注した主なインフラ案件
1.0: 45.0: 46 マレーシア情勢
1.0: 47.0: 8 シリア情勢
1.0: 48.0: 35 中東情勢
1.0: 50.0: 29 サウジアラビアとイラン
1.0: 51.0: 9 原油生産量・埋蔵量の国別ランキング
1.0: 51.0: 55 サウジ国営石油会社
1.0: 52.0: 57 ブリヂストン
1.0: 54.0: 28 アサヒグループHD
1.0: 55.0: 34 アサヒグループHDのセグメント業績
1.0: 56.0: 10 楽天
1.0: 56.0: 52 EC市場における楽天とヤフーの比較
1.0: 57.0: 9 楽天の国内EC流通総額の推移
1.0: 57.0: 32 楽天のセグメント別業績
1.0: 58.0: 7 ANA HD
1.0: 58.0: 45 全日空が保有する機材
1.0: 59.0: 14 ノルウェー政府系ファンド
1.0: 59.0: 32 ノルウェー政府年金基金の運用利回りの推移
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)