ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
経営とデザイン > 経営とデザイン 06

ゲスト:伊藤嘉明氏(ハイアールアジア株式会社代表取締役社長 兼 CEO)


概要:
冷蔵庫・洗濯機など白物家電分野で6年連続世界トップを誇るハイアールグループ(本拠:中国)において、日本やASEAN諸国での研究・開発、製造・販売などを統括しているのがハイアールアジア株式会社である。同社は、2012年に三洋電機の白物家電事業をパナソニックから譲渡を受けて設立された。
本番組では、同社代表取締役社長兼CEOである伊藤嘉明氏を招き、家電文脈だけでは語れない、ユニークな商品を提供している同社のブランディングやデザインについて話を伺う。
伊藤氏は、1969年にタイで生まれ育ち、米国コンコーディア大学卒業後、米国サンダーバード国際経営大学院ビジネススクールにてMBAを取得。1993年にオートテクニックタイランドに入社後、日本コカ・コーラ、デル、レノボ、アディダスジャパン、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント等にて要職を歴任。2014年、ハイアールアジアに代表取締役社長兼CEOとして就任した。異業種を渡り歩いた新参者として、目新しい視点で業界の常識を打ち破り、革命を起こすことを狙っている。家電を利用した新しいビジネスモデルの構築、既存分野でのイノベーション、家電の嗜好品化という三本柱で事業展開。手のひらサイズの洗濯機「コトン」は、落としにくいシミや汚れをその場でたたき洗いするもの。冷蔵機能付きディスプレー「DIGI」は、リビングでインターネットにつなぎ、アクアリウムで熱帯魚を飼ったり、テレビ電話として利用したり、1日1回は開けることで離れて暮らす家族の見守りサービスを行ったり、幅広く活用することが可能となる。
「Colo-mo(コローモ)」は、スマートフォンカバーのようにディズニーやスターウォーズなどの絵柄で冷蔵庫の扉も替えられる。もはや機能だけを求めていく時代ではない。人間の情緒に訴えるデザインが一番であり、ニッチを拡大してマスをつくることが重要だ。ニーズだけでなく、欲しいと思わせる要素をいかに織り込むかが鍵となる。販売網も、家電量販店だけでなく、カフェや家具店、郵便局など、あらゆる場所に広げることも考えている。ものづくり業界では、エンジニアの下にデザイナーがいるのが一般的だが、同社では、その逆でアプローチしている。今後は空間や事業までデザインすることが求められる。自分たちが声を上げることにより何かが変われば、失敗してもいいから先導役を買って出たいという。価値や可能性を伝える家電(価電・可電)メーカーとして、日本を元気にさせる起爆剤となる商品やサービスを提供し、日本の再生を目指す同社の動向は目が離せなくなりそうだ。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 経営とデザイン06
00: 01: 17 略歴
00: 04: 08 会社概要(1)
00: 06: 14 会社概要(2)
00: 07: 10 新参者
00: 08: 02 業界に革命を起こす
00: 09: 04 資料(1)
00: 09: 39 資料(2)
00: 13: 40 革命を起こす
00: 13: 42 AQUA
00: 13: 45 AQUA 家電
00: 13: 49 資料(3)
00: 13: 58 資料(4)
00: 14: 11 家電を利用した新しいビジネスモデルの構築
00: 14: 25 資料(5)
00: 14: 28 資料(6)
00: 14: 31 資料(7)
00: 17: 09 【再掲】資料(6)
00: 17: 59 【再掲】資料(5)
00: 21: 05 既存分野でのイノベーション
00: 21: 15 既存分野でのイノベーション CAL
00: 21: 32 【再掲】既存分野でのイノベーション
00: 23: 17 【再掲】既存分野でのイノベーション CAL
00: 28: 21 家電の嗜好品化
00: 35: 56 家電の嗜好品化 Tower
講師紹介: 坂井 直樹(さかいなおき)


『坂井 直樹』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:江口 桃子

Copyright(c)