ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
ビジネスリーダーに求められる21世紀版“教養” > ビジネスリーダーに求められる21世紀版“教養” 02

ビジネスリーダーに求められる21世紀版“教養” (2)
企業のセキュリティー・リスクは、IT課題から経営課題の時代へ
ゲスト:志済聡子氏(日本アイ・ビー・エム株式会社 執行役員 CISO)


概要:
「人を自由にする学問」の原義を持つ教養(Liberal Arts)は、中世ヨーロッパにおいて天文学や算術、論理学、音楽などの7科目を学ぶことで身に付くとされた。変化の激しい現代、ビジネスリーダーに求められる教養は、自分を取り巻く世界を認識、本質を理解し、自らの考えをまとめて伝えることで人や組織を動かす、説得の技術にほかならない。
シリーズ2回目は、IoT(Internet of Things)の発達で重要性を増す情報セキュリティー分野に焦点を当て、経営者の押さえるべきポイントを考察していく。
SkyPerfecTV 757Ch 放送日

終了 2018年09月11日 (Tue) 04:00
終了 2018年09月08日 (Sat) 14:00
終了 2018年09月07日 (Fri) 05:00
終了 2018年09月05日 (Wed) 17:00
終了 2018年09月03日 (Mon) 10:00
終了 2018年04月13日 (Fri) 05:00
終了 2018年04月11日 (Wed) 17:00
終了 2018年04月09日 (Mon) 10:00
終了 2017年12月08日 (Fri) 05:00
終了 2017年12月06日 (Wed) 17:00
終了 2017年12月04日 (Mon) 10:00
終了 2017年01月18日 (Wed) 02:00
終了 2016年10月12日 (Wed) 01:00
終了 2016年09月15日 (Thu) 02:00
終了 2016年08月04日 (Thu) 12:00
終了 2016年08月02日 (Tue) 23:00
終了 2016年07月29日 (Fri) 21:00
終了 2016年06月22日 (Wed) 12:00
終了 2016年06月20日 (Mon) 23:00
終了 2016年06月16日 (Thu) 21:00
終了 2016年06月02日 (Thu) 12:00
終了 2016年05月31日 (Tue) 23:00
終了 2016年05月27日 (Fri) 21:00
初回 2016年05月27日 (Fri) 21:00

講義資料 (3246Kbyte) (要パスワード)



志済氏は、1986年に北海道大学を卒業後、日本アイ・ビー・エムに入社。北日本営業本部を皮切りにさまざまな部署を経験し、2007年からは理事、執行役員を歴任。2016年よりセキュリティー本部長兼CISO(最高情報セキュリティー責任者)として、顧客に情報セキュリティーサービスを提供するだけでなく、自社の情報管理も統括している。
デジタル化が加速するなか、セキュリティーリスクはIT対策により企業経営が左右される時代に突入している。ベネッセの顧客情報流出事件は、委託先である内部者が名簿業者へ、子どもに関わる情報を売ったことで、類似漏洩ケースに増して社会的批判を浴びた。事後対策費260億円が特別損失として計上され、株価への影響等、企業ダメージは計り知れない。身近にある汎用デバイスで情報の不正取得が容易になった現在、防御一辺倒では事足りず、自然災害における減災と同じく、起こった後被害の極小化が課題となっている。
情報は盗まれるだけではない。米ハリウッドにある病院は、ハッカーによるウイルス感染で患者データにアクセスできない状況に追い込まれ、彼らに大金を支払って電子カルテシステムを復旧させている。まさにデータを人質に取った身代金要求だ。さらにはサイバー空間上での攻撃合戦も起きている。原子力発電所等のインフラシステムに侵入して某国を機能停止に陥れようとする動きに対し、狙われた側はすぐに解析して報復を仕掛ける。情報攻撃は核に代わる兵器となる可能性を持つだけに、国防レベルで対策に迫られている。
蒸気機関の発明がエネルギーと移動に結び付いて産業革命が起こったように、デジタルが人を超えて物とつながることで世の中が一変する時代が近づいている。技術者任せではなく、技術を超えた全体システムとして被害をどう防ぎ、いかに減らしていくかの認識に切り替えることこそ、21世紀のビジネスリーダーが身に付けるべき教養の第一歩となる。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 ビジネスリーダーに求められる21世紀版 “教養”(2)
00: 00: 58 21世紀版 "教養" 科目
00: 01: 20 資料(1)
00: 01: 54 自らの考えをまとめ、伝えることで人と組織を動かすための "教養科目"
00: 03: 42 自らを取り巻く世界を認識し、その本質を理解するための "教養科目"
00: 06: 54 略歴
00: 09: 18 「企業のセキュリティー・リスクは、IT課題から経営課題の時代へ」
00: 09: 29 今そこにある脅威:ケース1
00: 09: 32 日本年金機構の標的型攻撃による被害
00: 09: 56 経緯
00: 11: 50 巧妙化する標的型攻撃
00: 13: 36 ケース1のまとめ
00: 14: 10 覚えておきたいキーワード
00: 15: 02 今そこにある脅威:ケース2
00: 15: 06 教育サービス企業における個人情報流出事故
00: 16: 31 経緯
00: 17: 47 内部犯行をきっかけとした情報漏えい
00: 20: 07 ケース2のまとめ
00: 21: 12 覚えておきたいキーワード
00: 22: 05 今そこにある脅威:ケース3
00: 22: 13 ネットバンキング不正送金
00: 23: 22 不正送金の実態
00: 23: 58 Webページを見ただけで金融マルウェアに感染
00: 25: 43 ケース3のまとめ
00: 26: 43 覚えておきたいキーワード
00: 27: 39 DDoS攻撃
00: 28: 24 ランサムウェア
00: 29: 18 ダークウェブ(Dark Web)
00: 30: 59 典型的な3ケースから導き出せるもの
00: 36: 21 『2015 Securing the C-Suite』とは
00: 36: 39 46%のCxOが、定期的な経営会議でサイバー・セキュリティーの脅威対策に関して・・・
00: 43: 02 2015 Securing the C-Suite レポートからのまとめと提言
00: 44: 29 企業を取り巻くセキュリティーの課題
00: 45: 28 IBM セキュリティー・ポートフォリオ
00: 46: 49 「セキュリティ事故は起こる」を前提に、事前事後双方への対策が必要
00: 47: 44 コグニティブ技術がついにセキュリティーのエリアに
00: 47: 51 自ら学習し、理解するセキュリティー
00: 48: 42 20年の実績とグローバルレベルの支援体制
00: 54: 15 IBM 発行セキュリティー・レポート
講師紹介: 御立 尚資(みたち たかし)
ボストンコンサルティンググループ 日本代表
京都大学文学部卒。ハーバード大学経営学修士(MBA with High Distinction)。日本航空株式会社を経て、現在に至る。消費財・流通、及び金融・情報通信・ホテル等サービス業界を中心に、事業戦略、ブランド戦略、バリューマネジメント等のプロジェクトを数多く手掛けている。
BCG Worldwide Consumer、Financial Services Practice Group(コンシューマービジネス、及び、金融分野に関するエキスパートグループ)のコアメンバー。

>>参考書籍
・『戦略「脳」を鍛える

『御立 尚資』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:渡名喜 織恵

Copyright(c)