ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
企業の未来とジェンダーダイバーシティ > 企業の未来とジェンダーダイバーシティ 04

ダイバーシティと多様性
ゲスト:島田由香氏(ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役 人事総務本部長)


概要:
「Diversity & Inclusion(多様性の受容)」と呼ばれる、多様なバックグラウンドを持つ人材を受け入れて生かすマネジメントが世界では主流となりつつあるが、生真面目さや前例踏襲主義から抜けられない多くの日本企業は遅れを取っている。企業がどのように女性の活躍を実現し長期成長戦略の基盤とできるのかのヒントを提供する当シリーズ、第4回目はゲストにユニリーバの島田由香氏を迎え、混同されがちなダイバーシティと多様性の意味の違いにフォーカスし、グローバル企業での「D&I」実践例を紹介していただく。
1884年に固形せっけんの販売からスタートしたユニリーバは、「せっけんのような小さなものにも、暮らしや未来を変える大きな力がある」を原点に、現在190カ国で400以上のブランドを展開する世界最大級の消費財メーカーに成長している。
技術力だけでは勝てない業界にあって、各国・地域の優れた多様な人材の育成は必須課題だ。同社は、全体売り上げの57%を新興市場が占め、全社経営トップ500人の国籍は45カ国、2014年現在で女性管理職割合は全体で43%に達する。ライフスタイルや価値観を発信するのがブランドだとするなら、人種や考え方の異なる地域でビジネスを展開するには、ブランドを発信する側が多様でないと実現が難しい。女性のヘアケア製品一つ取っても、かぶり物をするイスラム圏と、その他の国では広告訴求も変わってくるだろう。世界中で進展を続けるユニリーバにとって、ダイバーシティはビジネスを回す原動力となっている。
そもそもダイバーシティとは何か。田島氏は、いろいろな違いがあって変化に富んでいる様子を表す言葉が多様性で、差違や相違など違うということに焦点を当てているのがダイバーシティだと考える。私とあなたの違いなど、ユニリーバはこの違いをとても大事にしている。習慣の違いや時間感覚のずれなどは時に負担に感じるが、どちらかが無理に合わせるのではなく、双方の違いを認め、理解して受け入れ合うことで、これまで以上に働き方の幅や質を上げていくことができる。
ダイバーシティは何も特別なことではない。人間はもともと他人に強い関心があって、高い適応力を備えている。一人一人がリーダーシップを発揮し、持ち寄ったそれぞれの強みや特徴を生かして事に取り組んでいけば、意欲的で働きやすい職場環境が生まれ、企業のビジョンを実現する人材と組織が構築可能となる。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 ダイバーシティと多様性
0.0: 1.0: 32 ダイバーシティと多様性
0.0: 1.0: 59 ダイバーシティに関する3つの信念
0.0: 2.0: 43 ユニリーバ
0.0: 3.0: 32 ユニリーバの原点
0.0: 4.0: 22 ユニリーバにおけるリーダー
0.0: 5.0: 7 ユニリーバにおけるダイバーシティ
0.0: 5.0: 49 資料(1)
0.0: 6.0: 1 ユニリーバのコーポレートロゴ
0.0: 7.0: 9 資料(2)
0.0: 7.0: 39 世界が直面する課題(1)
0.0: 7.0: 43 世界が直面する課題(2)
0.0: 8.0: 13 ユニリーバのビジョン
0.0: 8.0: 55 ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン
0.0: 9.0: 28 ローカルルーツ・グローバルスケール(1)
0.0: 10.0: 39 ローカルルーツ・グローバルスケール(2)
0.0: 11.0: 21 ローカルルーツ・グローバルスケール(3)
0.0: 14.0: 41 技術力だけでは勝てない業界 多様な国・地域の消費者・市場の理解が必須
0.0: 16.0: 1 プロセスとともにマインドセットを重視
0.0: 17.0: 50 多様性に富んだトレーニング
0.0: 19.0: 57 3つの大切な問い(1)
0.0: 20.0: 30 ダイバーシティの意味 多様性の意味
0.0: 21.0: 52 『経営は何をすべきか』 ゲイリー・ハメル
0.0: 26.0: 49 3つの大切な問い(2)
0.0: 27.0: 37 どんな体験がありますか?
0.0: 29.0: 52 ダイバーシティにまつわる行動と感情
0.0: 46.0: 27 3つの大切な問い(3)
0.0: 47.0: 48 実は人間は・・・
0.0: 52.0: 34 ダイバーシティに関する3つの信念
講師紹介: 唐木 明子()
strategy& ディレクター
東京大学法学部、Columbia Law School 卒業。 ニューヨーク州弁護士。2008年ブーズ・&カンパニー入社。 jpモルガン(VP&AGC、東京、ニューヨーク)、マッキンゼー・アンド・カンパニー(アソシエイト)、日本郵政株式会社(民営化準備企画会社、担当部長)を経て現職。

『唐木 明子』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:田中 有明

Copyright(c)