ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
企業の未来とジェンダーダイバーシティ > 企業の未来とジェンダーダイバーシティ 01

ジェンダーダイバーシティと重要性


概要:
近年よく耳にするようになったジェンダーダイバーシティは、単に女性を昇進させるだけでなく、女性が活躍できるような職場環境をつくることが大切であり、日本企業の成長や国際展開のために避けては通れない経営課題だと捉えるべきである。この講義では全5回にわたって、ジェンダーダイバーシティの重要性、現状と課題などを把握しながら、企業を成長させるために、われわれは何をすべきかを考える。
第1回は女性の活躍が重要である理由を挙げ、ジェンダーダイバーシティとは何かを解説する。
企業におけるダイバーシティは、世界では「diversity & inclusion(多様性の受容)」と呼ばれることが多く、性別、年齢、出身地、学歴、文化、人種、宗教、健康状態、家庭環境などの違いを生かすマネジメントである。日本では最も身近な多様性として女性の活躍が注目され、近年、ジェンダーダイバーシティ(性別多様性)として新聞などに取り上げられる回数も急速に増えたが、その対応は世界に比べるとかなり遅れている。 日本企業にとってのダイバーシティは、オジサン世代と同調しなくては生きていけないという「オジサン・モノカルチャー」から脱却することが必須であり、女性が働きやすい環境を整え、仕事をきちんと評価して育成することが何より大切だといえよう。改善すべきは制度やインフラではなく、仕組み・意識・行動である。
女性を登用することは社会貢献の一貫だと考える企業もあるが、社会のためではなく、ビジネスにおける企業の基礎体力を高め、成長するための要件として捉えるべきだろう。女性の活躍が企業にとって重要である理由は、主に四つ挙げられる。
第1に「人類の頭脳の半分は女性にある」。人口の約半数を占める女性の能力を使わない手はないだろう。
第2に「女性も働くことができる環境は、企業が勝ち抜くために必須」。女性が活躍できる環境は、性別以外にも年齢や国籍など、さまざまな属性の人材にとっても働きやすい場となるため、多様性を生かせる職場になる。
第3に「女性のニーズは女性の方が理解しやすい」。シニア以外の市場が縮小する現代、家庭における財布のひもを握るのは女性であることが多く、女性マーケットの開拓が重要となる。
第4に「今後は女性も働かざるを得ない」。少子高齢化で人口構成が変わる中、新たな労働力を確保することが成長への近道になるだろう。女性に限らず、若者、シニア、外国人、中途採用者など、あらゆる能力を活用することが、これからの日本企業にとって不可欠である。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 ジェンダーダイバーシティと重要性
00: 00: 43 講師 プロフィール
00: 02: 03 講義の流れ
00: 03: 34 第1回の内容(ジェンダーダイバーシティとは?なぜ重要か?)
00: 04: 21 ダイバーシティの言葉自体、2011年以降急速に使用頻度が高まっている
00: 04: 50 ジェンダーダイバーシティ = Gender Diversity とは
00: 06: 00 特に、「女性活躍」の観点からジェンダーダイバーシティへの関心は近年急速に高まっている
00: 06: 56 ダイバーシティという言葉は、外資系、管理職でより認知、理解されている
00: 09: 19 日本の企業にとってのジェンダーダイバーシティとは...
00: 11: 56 女性の活躍が重要な4つの理由
00: 15: 00 女性の活躍を促進するべき理由1
00: 17: 39 女性の活躍を促進するべき理由2
00: 18: 23 女性が選ぶ企業は、女性への取り組みに定評がある企業
00: 18: 49 女性の活躍を促進するべき理由2
00: 24: 38 パフォーマンスの向上のために重要なのは、女性の登用ではなく、「オジサン・モノカルチャー」からの・・・
00: 27: 12 職場におけるダイバーシティとは… 幅広い能力、経験を有する戦力人材に、働きやすい場を提供すること
00: 31: 19 女性の活躍を促進するべき理由3
00: 32: 22 女性は家計の「財布のヒモ」を握る
00: 35: 27 世帯構成で言うと、単身の女性の増減率は大きい
00: 37: 25 若年層の可処分所得は女性の方が高い
00: 39: 18 乗用車も、今や女性顧客が重要セグメントになっている
00: 43: 29 銀行の女性ニーズへの対応も進む
00: 46: 00 女性の活躍を促進するべき理由4
00: 47: 00 高齢者のシェアは早いスピードで拡大し、将来的には「日本人・生産年齢・男性」以外の・・・
00: 49: 32 女性の労働参加率が高い国は、そうでない国と比べて諸々の優れた点が認められると報告されている
00: 55: 57 ここまでのまとめ
00: 58: 49 講義の流れ
講師紹介: 唐木 明子()
strategy& ディレクター
東京大学法学部、Columbia Law School 卒業。 ニューヨーク州弁護士。2008年ブーズ・&カンパニー入社。 jpモルガン(VP&AGC、東京、ニューヨーク)、マッキンゼー・アンド・カンパニー(アソシエイト)、日本郵政株式会社(民営化準備企画会社、担当部長)を経て現職。

『唐木 明子』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:田中 有明

Copyright(c)