ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 799

<政 治> 米中、東南ア取り込み過熱 南シナ海問題 ASEAN拡大国防相会議 共同宣言を断念
<国際情勢>トルコ総選挙、与党圧勝 過半数回復、空白解消へ
<ビジネス>ポルシェでも排ガス不正か=米当局指摘、VWは否定


概要:
*中台関係/習近平国家主席と馬英九総統が1949年の中台分断後に初の首脳会談。一つの中国を確認
*南シナ海情勢/領海や経済的排他水域の領有権で米中が異なる見解。今後、米中海軍が衝突の可能性も
*欧州・中国関係/中仏首脳会談は経済協力の拡大で合意。仏「アレバ」に「中国核工業集団」が出資へ
*トルコ総選挙/与党・公正発展党が圧勝。317議席で過半数を大幅上回り、エルドアン大統領の影響力増に
*原油価格/中東産油国の金融資産は原油安が今後5年続けば枯渇するとの報道
*ロシア・プーチン大統領/シリア情勢で米国などに問題解決の手立てがないと見抜き、米国の弱点を突いたロシア
*ロシア機墜落事故/エジプト・シナイ半島でロシア民間航空機が墜落。米国情報機関はイスラム国が関与の見方
*イラク戦争/英ブレア元首相がイラクが大量破壊兵器を開発との証拠に対し、情報が間違っていたという事実を謝罪
*米国大統領選/共和党の指名争いが混沌。ベン・カーソン氏が25.3%、ドナルド・トランプ氏は24.3%
*ミャンマー総選挙/民政移管後初の総選挙を実施。NLDスー・チー党首は100%の議席獲得めざす
*モルディブ情勢/ヤミーン大統領がナシード元大統領やアディーブ副大統領など政敵を粛清
*被ばく線量調査/国際チームが100ミリシーベルト以下でもがんによる死亡リスクが増えた発表
*発がん性物質/国際がん研究機関がハムやソーセージなど加工肉を発がん性がある食品に指定
*米国ベンチャー企業/7-9月期の調達額が前年同期比68%増の約2兆3000億円に
*アップル/2015年7-9月期の売上高が前年同期比22%増の約6兆2000億円に
*ハイアット・ホテルズ/「スターウッド・ホテルズ」を約1兆4000億円規模で買収へ
*ファイザー/時価総額約13兆5600億円の「アラガン」と経営統合へ交渉
*英ディアジオ/ワインの子会社を豪企業に約662億円で売却。ウイスキーやウォッカなどに集中
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「エスビー食品の山崎雅也社長」だったら、ハウス食品が外食産業へ進出していく中、どのような独自性で成長戦略を描くか?
*韓国LG化学/米「テスラ」にリチウムイオン電池を供給へ。「パナソニック」製に猛追
*韓国サムスングループ/「サムスンBP化学」を「ロッテグループ」に約3000億円で売却。電機や金融などの主力部門に集中
*中国アリババ集団/2015年7-9月期の営業利益が前年同期比47%増の約1200億円に
*中国ネット旅行大手/最大手の「シートリップ」が「百度」が保有するのチューナー株と新株を交換
*マカオカジノ/「メルコ・クラウン」がスタジオ・シティを開業。家族向けの娯楽施設で高級官僚への依存からの脱却図る
*フォルクスワーゲン/「中国工商銀行」が世界中でVWに営業運転資金を供給。ポルシェ含む7車種で 新たに不正が発覚
*ドイツ銀行/高リスクの投資銀行部門を縮小。グループの約3割、社員約2万9000人を削減
*米国金利/FRB利上げ観測で投資マネーがドルに集まり、1ドル=125円、日経平均が2万円との見方
*日中韓関係/ソウルで約3年半ぶりの3カ国首脳会談。FTA交渉の加速で一致
*参議院選挙/共産党が民主党に選挙協力を呼びかけ。自民党・谷垣幹事長が野党共闘に批判
*もんじゅ/原子力規制委員会が馳浩・文部科学相に運営体制の見直し勧告
*東芝/西田元社長、佐々木元社長、田中前社長の歴代3社長ら5人を提訴
*ルノー・日産/ルノー臨時取締役会で仏政府が要請した経営統合を拒否
*タカタ/「富士重工業」が新型車にタカタ製部品を不採用。「マツダ」、「日産」、「ホンダ」も不採用
*自動運転車/自動車、IT各社が技術開発に注力。AI運転で警察庁が交通違反の罰金激減見通し
*マンション傾斜問題/「旭化成建材」が杭打ち工事300件でデータ改ざん。関与担当者が10人以上
*電子カルテ/日本医師会が地域経済活性化支援機構と共同出資会社新設など基盤整備
*アベノミクス/安倍首相が賃上げの継続、設備投資増加を産業界に協力要請
*日銀/追加緩和見送りで外国勢が日本市場などへの悪影響を懸念
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#799
0.0: 22.0: 6 中台関係
0.0: 29.0: 30 南シナ海情勢
0.0: 33.0: 7 欧州・中国関係
0.0: 34.0: 55 中国経済政策
0.0: 35.0: 42 中国の性別・年齢別の人口構成
0.0: 37.0: 21 トルコ総選挙
0.0: 37.0: 53 トルコ総選挙の結果
0.0: 40.0: 25 原油価格
0.0: 40.0: 48 原油価格の推定採算ライン
0.0: 42.0: 27 ロシア・プーチン大統領
0.0: 44.0: 30 ロシア機墜落事故
0.0: 46.0: 58 エジプトのシャルム・エル・シェイク周辺図
0.0: 50.0: 42 イラク戦争
0.0: 54.0: 2 米大統領選
0.0: 54.0: 37 米大統領選共和党候補者の支持率の推移
0.0: 56.0: 15 ミャンマー総選挙
0.0: 58.0: 45 モルディブ情勢
0.0: 59.0: 16 モルディブ概要
1.0: 1.0: 2 被ばく線量調査
1.0: 2.0: 58 発がん性物質
1.0: 5.0: 19 米ベンチャー企業
1.0: 6.0: 1 「100億ドル超え」の米国の未上場ベンチャー企業
1.0: 10.0: 40 米アップル
1.0: 11.0: 14 米アップルの業績推移
1.0: 12.0: 6 米ハイアット・ホテルズ
1.0: 12.0: 22 世界のホテルグループの売上高
1.0: 13.0: 10 米ファイザー
1.0: 14.0: 22 英ディアジオ
1.0: 14.0: 52 世界の主な蒸留酒を扱うメーカー業績
1.0: 16.0: 20 RTOCS
1.0: 17.0: 13 ヱスビー食品の売上構成
1.0: 17.0: 48 調味料・レトルト食品の商品別市場規模概観
1.0: 18.0: 11 国内スパイス類のメーカーシェア
1.0: 18.0: 33 国内即席カレー及びレトルトカレーのシェア
1.0: 18.0: 53 中華系調味料のメーカー別シェア
1.0: 19.0: 17 S&Bがシェアを持つその他の製品
1.0: 19.0: 30 ヱスビー食品の業績推移
1.0: 19.0: 56 ヱスビー食品の製品率売上高
1.0: 20.0: 9 S&Bが取り扱う商品の市場規模推移
1.0: 20.0: 26 ハウス食品の海外戦略の狙い
1.0: 20.0: 45 国内調味料メーカーの海外売上比率
1.0: 21.0: 43 日米スパイスメーカーの売上高推移
1.0: 23.0: 1 米マコーミックの世界展開の事例
1.0: 23.0: 30 国内主要調味料メーカーの収益性比較
1.0: 24.0: 3 国内主要調味料メーカーの時価総額
1.0: 24.0: 24 ヱスビー食品の現状と課題
1.0: 25.0: 21 ヱスビー食品の戦略(案)
1.0: 31.0: 49 米セラノス
1.0: 37.0: 8 韓国LG化学
1.0: 37.0: 55 韓国サムスングループ
1.0: 38.0: 16 サムスングループの主要企業の売上高
1.0: 38.0: 32 ロッテのセグメント別売上高
1.0: 38.0: 51 中国アリババ集団
1.0: 39.0: 11 各国別BtoCの電子商取引市場規模
1.0: 39.0: 45 中国ネット旅行大手
1.0: 40.0: 51 マカオカジノ
1.0: 41.0: 26 スタジオ・シティ概要
1.0: 42.0: 33 独フォルクスワーゲン
1.0: 43.0: 46 ドイツ銀行
1.0: 43.0: 56 ドイツ銀行の純利益の推移
1.0: 44.0: 19 ドイツ銀行の主なセグメント別の税引き前利益
1.0: 45.0: 35 米金利
1.0: 46.0: 22 日中韓関係
1.0: 48.0: 32 参議院選挙
1.0: 49.0: 36 もんじゅ
1.0: 51.0: 27 東芝
1.0: 52.0: 3 ルノー・日産
1.0: 52.0: 56 【参考】特殊会社による統合スキーム①
1.0: 53.0: 20 【参考】特殊会社による統合スキーム②
1.0: 53.0: 23 【参考】特殊会社による統合スキーム③
1.0: 53.0: 25 【参考】株式交換比率の考え方
1.0: 54.0: 38 タカタ
1.0: 55.0: 2 タカタの製品別売上高の推移
1.0: 55.0: 29 自動運転車
1.0: 56.0: 11 マンション傾斜問題
1.0: 56.0: 30 電子カルテ
1.0: 57.0: 23 電子カルテ導入率の推移
1.0: 57.0: 36 アベノミクス
1.0: 58.0: 36 日銀
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)